大気汚染で加齢黄斑変性リスク上昇か

提供元:
HealthDay News

 自動車の排出ガスを原因とした大気汚染が加齢に伴う眼疾患のリスクを高めている可能性が、中国医薬大学(台湾)のSuh-Hang Hank Juo氏らが実施した研究により示された。二酸化窒素と一酸化炭素への曝露量が多いと、高齢者の失明の主な原因となっている加齢黄斑変性(AMD)を発症するリスクが約2倍になったという。研究の詳細は「Journal of Investigative Medicine」8月20日オンライン版に発表された。
 AMDは、加齢により網…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2019年8月21日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ