腸内細菌が認知症と関連か、日本人高齢者を分析

提供元:
HealthDay News

腸内細菌が認知症と関連か、日本人高齢者を分析のイメージ

 日本人の高齢者では、腸内細菌の組成は認知症と関連している可能性があることが、国立長寿医療研究センター(愛知県)もの忘れセンターの副センター長を務める佐治直樹氏らの研究で明らかになった。認知症患者と認知症のない高齢者では、腸内細菌の組成に大きな違いがみられたという。研究結果は、国際脳卒中学会(ISC 2019、2月6~8日、米ホノルル)で発表され、論文は「Scientific Reports」1月30日オンライン版に掲載された。

 この研究では、同センターの高齢の患者128人から採取した便検体を分析した。その結果、認知症患者は、認知症のない高齢者に比べてアンモニアやインドール、フェノールなどの特定の物質の濃度が高かった。また、認知症患者では、「バクテロイデス」と呼ばれる細菌が少なく、種類が分からないその他の細菌が多いことも分かった。バクテロイデスとは、感染症の原因菌を排除する働きを持ち、腸内で有益な細胞群の一つと考えられている。

 腸内に生息する何兆もの細菌や微生物が構成する「腸内細菌叢」は、最近の研究で消化を助ける以外にも、免疫の防御機構やビタミン、抗炎症性物質の生成、さらには脳神経細胞間の信号を伝達する化学物質の産生まで、幅広い身体機能に影響を与えることが明らかになっている。また、腸内細菌の組成は肥満や喘息、1型糖尿病といったさまざまな疾患リスクと関連することが明らかになっている。

 しかし、専門家らによれば、これまでの研究は腸内細菌とこれらの疾患が直接関連することを証明するものではなく、今回の研究も例外ではないと強調する。その一人で米マウントサイナイ・アルツハイマー病研究センターのMary Sano氏は「腸内細菌叢の変化は認知症の原因ではなく、その結果である可能性も十分にある」と指摘している。同氏によれば、腸内細菌の組成には食事が大きく影響するが、認知症の人は食欲が減退して栄養不良になることもしばしばみられるという。

 また、米アルツハイマー病協会のKeith Fargo氏も、腸内細菌叢と疾患との関係は最近注目を集めている研究分野であるが、腸内細菌が認知症リスクに直接影響するかどうかは不明だとしている。同氏は「現時点では、認知症と腸内細菌叢の変化のどちらが先に起こっているのかは分かっていない」と話している。

 最近では、慢性的な感染症と認知症との関連を調べたところ、アルツハイマー病患者の脳内に歯周病の原因菌が発見されたことが報告されている。マウスを用いた実験で、細菌が口腔内から脳内に移動し、神経細胞を攻撃している可能性が示唆されたという。また別の研究では、アルツハイマー病患者の脳内に、特定のヘルペスウイルス株が高濃度に存在することも発見されている。

 いずれの研究も、外来生物が認知症の発症に何らかの役割を担っている可能性を示しているが、Fargo氏は「実際のメカニズムは明らかになっていない」と述べている。Sano氏もこの意見に同意し、「歯周病菌やヘルペスウイルスはありふれたもので、保有していること自体が重要な因子とはならない」と述べ、その代わり、「組織や器官の損傷や外傷に対する身体の一般的な反応の一部が関与している可能性がある」と推測している。

[2019年1月31日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ