2型糖尿病患者で一部のがん罹患や死亡リスク増

提供元:
HealthDay News

2型糖尿病患者で一部のがん罹患や死亡リスク増のイメージ

 2型糖尿病患者は一部のがんになりやすく、がんによる死亡リスクが高い可能性があることが、スウェーデンにおける約250万人を対象とした大規模観察試験から示唆された。詳細は、スウェーデン全国糖尿病レジストリ(Swedish National Diabetes Register)のHulda Hrund Bjornsdottir氏らが、欧州糖尿病学会(EASD 2018、10月1~5日、ドイツ・ベルリン)で発表した。

 Bjornsdottir氏らの研究グループは、1998~2014年にかけてスウェーデンの2型糖尿病患者45万人以上と2型糖尿病のない患者200万人以上を対象に平均7年間追跡。12種のがんの発症率や死亡率について比較検討した。

 その結果、2型糖尿病患者群では糖尿病のない患者群に比べて、肝臓がんリスクが231%、膵臓がんリスクが119%、子宮がんリスクが78%高いことが分かった。その他のがんについても、2型糖尿病患者群では陰茎がん(56%)、腎臓がん(45%)、胆嚢・胆管がん(32%)、胃がん(21%)、大腸がん(20%)、膀胱がん(20%)、乳がん(5%)のリスクが上昇することも明らかになった。

 また、10年間に新たにがんと診断された人(がん罹患率)は、2型糖尿病患者群では糖尿病のない患者群に比べて、膵臓がんでは38%、肺がんでは30%増加していた。さらに死亡率についても、2型糖尿病患者群では糖尿病のない患者群に比べて、前立腺がんでは29%、乳がんでは25%、大腸がんでは9%高かった。

 これらの結果を受け、Bjornsdottir氏は「糖尿病患者におけるがん罹患の絶対リスクの増加はわずかであり、これらの知見は、必ずしも糖尿病ががんを引き起こすことを意味するわけではない」と強調している。また、今回の研究は因果関係を示すものではないが、同氏は「糖尿病とがんには肥満や喫煙、食生活など共通したリスク因子があり、これらの因子が糖尿病とがんの関係に関与している可能性がある」と推察している。

 研究グループによると、糖尿病有病者は全世界で4億1500万人を超える。これは成人の約11人に1人に相当し、患者数は2040年までに6億4200万人に上ると予測されている。Bjornsdottir氏は「この30年間で2型糖尿病の患者数は倍増している。この結果は、糖尿病ケアを向上させていくことの重要性を改めて示すものであり、健康的な生活習慣を送ることが大切であることは、かつてないほど明らかだ」と指摘している。

 なお、学会で発表された研究結果は、査読を受けた専門誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

[2018年10月2日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ