125)身近な話題から塩分摂取の指導へつなぐ【高血圧患者指導画集】

公開日:2016/05/06

古来、塩は貨幣の役割をはたしていたそうですが、摂りすぎは問題です。こうした身近な話題から患者さんの食事指導にいかにつなげるか、興味をもたせるかを患者指導のエキスパート、坂根 直樹氏(京都医療センター)が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。