お知らせがあります。

  • 2022/08/188月25日(木)午前1時30分~午前4時、アマゾン社のシステムメンテナンスのため、ポイント交換の受け付けおよび発行済み各種ギフト券の確認を停止させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
  • 2022/08/198月24日(水)14~16時、システムメンテナンスのため、論文検索サービスPubMed CLOUDはご利用いただくことができません。
Close

心臓のための食事ガイダンス2021―AHAニュース

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/12/06

 

 米国心臓協会(AHA)は「Circulation」に11月2日、「心血管の健康増進のための食事ガイダンス2021」を発表した。そのキーワードは「バランス」だ。著者陣を統括した、米タフツ大学のAlice H. Lichtenstein氏は、「このガイダンスでは、特定の食品や栄養素ではなく、食事のパターンに重点が置かれている。人々が何を食べるべきでないという視点のみではなく、個人的な好みやライフスタイルに合わせて摂取すべき食品をカスタマイズすることを重視している」と述べている。

 同ガイダンスの前回の改訂は2006年。今回の改訂では、米国政府が示している食事ガイドラインとの整合性が取られたほか、心疾患のリスク抑制に関する最新のエビデンスが盛り込まれた。

 Lichtenstein氏はこのガイダンスで、心臓の健康には何か一つの野菜またはビタミンを加えることにあるという考え方の払拭を意図した。その代わりに人々が1日、もしくは1週間単位で口にする食品の「パッケージ全体」の重要性を強調した。「食事で何か一つの食品や栄養素の摂取量を増やすと、別の食品や栄養素の摂取量を減らす傾向があり、その双方が健康に影響を及ぼす可能性がある。真に大切なことは、心血管の健康に影響を与える要素のバランスを取ることだ」と同氏は解説する。

 ガイダンスに掲げられている要点は以下の10項目。

・健康的な体重を達成し維持するために、エネルギーの出納バランスを整える。
・さまざまな果物や野菜を食べる。
・精製穀物ではなく、全粒穀物の食品・製品を選択する。
・健康的なタンパク源を選択する(主として植物性食品のタンパク質や魚介類、低脂肪または無脂肪の乳製品。肉類を摂取する場合は未加工肉の赤身部分のみとする)。
・調理油には常温で液体の植物性のものを使用し、熱帯油(ココナッツ油、パーム油など)、動物性脂肪(ラードやバターなど)、および部分水素添加油脂(トランス脂肪酸の多い油)を避ける。
・超加工食品ではなく、なるべく食材を生かした食品を選択する。
・加糖飲料や加糖食品の摂取をできるだけ控える。
・塩分の少ない食品を選択する。
・飲酒量を減らす。現在、飲酒をしていないのなら今後も飲まない。
・食品がどこで調理されているか、どこで食べるかにかかわらず、これらを順守する。

 Lichtenstein氏は、最適な食事とは人それぞれで異なるとし、「例えば成人のエネルギー需要は加齢に伴い減少する。一方、身体活動量が多い人の場合は、食べるものに関してやや柔軟性をもたすことができるだろう」と語っている。

 ガイダンスの共著者である米ロードアイランド大学のMaya Vadiveloo氏は、米国人の食生活が変化しつつあることを指摘している。「数十年前であれば自分たちで料理しない食事は“御馳走”を食べるときであって、まれなことだった。しかし現代人にとって外食や食事のデリバリーは通常の食生活の一部であって、常に何を食べるかを考える必要がある」と同氏は語る。

 一方、新ガイダンスは成人の心臓の健康についてのみでなく、幼い頃からの栄養教育の重要性も指摘している。さらに、食糧不安、格差、食品企業のマーケティング戦略、誤った健康情報の拡散など、食事と栄養にかかわる広範な問題も取り上げ、これらの障壁を取り除く政策に取り組むことを「公衆衛生上の義務」と位置付けている。

 「何を食べるかという視点は、心臓の健康にとってほんの一部でしかない。食事のバランス、さらにはライフスタイルのバランスが重要であることを、心にとめておいてほしい」とLichtenstein氏は総括している。

[2021年11月2日/American Heart Association] Copyright is owned or held by the American Heart Association, Inc., and all rights are reserved. If you have questions or comments about this story, please email editor@heart.org.
利用規定はこちら

[ あわせて読みたい ]