糖尿病とアルツハイマー病の関連のメカニズム解明へ一歩前進

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/11/24

 糖尿病はアルツハイマー病のリスク因子の一つとして位置付けられている。しかし糖尿病がどのようにアルツハイマー病の発症を促すのかは明らかになっておらず、現在も多くの研究が続けられている。そうした中、糖尿病による高血糖の影響で脳機能が変化することがアルツハイマー病のリスクを高めるとする、動物実験の結果が報告された。米ネバダ大学ラスベガス校のJames Hyman氏らの研究の成果であり、詳細は、「Communications B…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2021年10月1日/HealthDayNews]Copyright (c) 2021 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら