ビタミンDが若年性大腸がんリスクを抑制?

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/09/15

 ビタミンDが豊富な食品が、若い人たちを大腸がんから守ってくれる可能性のあることが報告された。米ダナファーバーがん研究所のKimmie Ng氏らの研究結果であり、詳細は「Gastroenterology」に7月6日掲載された。同氏は、「ビタミンD欠乏症は近年、着実に増加してきている。それが若い人たちの大腸がん増加につながっているのではないかと考えた」と研究の背景を語っている。
 米国では、50歳未満で発症する若年性大腸がんの増…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2021年8月18日/HealthDayNews]Copyright (c) 2021 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら