最善の学習法は手で書いて覚えること?

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/08/02

 

 ある種の技術を習得するには、キーボードで打ったり、ビデオを見たりするよりも、手で書いて学ぶ方がはるかに早く、覚えも良いことが、新たな研究で示唆された。米ノースカロライナ大学心理学分野のRobert W. Wiley氏と米ジョンズ・ホプキンス大学認知科学分野のBrenda Rapp氏によるこの研究結果は、「Psychological Science」に6月29日掲載された。

 Rapp氏は、「親や教師は、手書きする時間が子どもに必要な理由について疑問に思うだろう。もちろん手書きの練習をすれば、美しい文字が書けるようになる。だが、手書きする人が減ったとして、それを気にする人がいるだろうか。真に問うべきは、手書きには、読むことやスペリング、理解に関わる他の利点があるのかということだ。そして、われわれは今回の研究で、間違いなく利点があることを見出した」と話している。

 研究では、42人の成人を、手書き、タイピング、映像視聴のいずれかの方法でアラビア語のアルファベットを学ぶ群に割り付けた。最初に全ての人が、文字が一文字ずつ、名前や音を伴って書かれるビデオを見て、アラビア語のアルファベットを学んだ。その後、それぞれの群に対して、スクリーン上に瞬間的にアルファベットの文字を映し出した。映像視聴群は、それが直前に見た文字と同じかどうかを答え、タイピング群はその文字をキーボード上で見つけ出し、手書き群は紙の上にペンでその文字を書いた。

 その結果、最大6回のセッションの後、全ての群が文字を覚え、テストでもほとんど間違わなくなっていた。ただし、このレベルに達するのが最も早かったのは手書き群であり、中にはたった2回のセッションで到達した人もいた。

 次に、各群がこの新たに学んだアルファベットの知識をどの程度普遍化できるのかを確認した。つまり、文字を認識できるだけでなく、どの程度、その文字を使って書いたり、知らない単語をつづったり発音したりすることができるのかをテストしたのだ。その結果、いずれの点においても、手書き群が他の2群よりも優れていることが判明した。

 Wiley氏は、「どの群も文字の認識の点では申し分ないレベルに達するものの、それ以外の全ての点では手書き群が最も優れていただけでなく、習得に要した時間も短かった」と述べている。同氏らは、このような結果が得られた理由について、「手で書くことで、視覚と聴覚を通して学んだことが強化される。手で書くという行為により、文字の形や音、手の使い方など、文字の習得に付随する知覚と運動の経験が一つにまとめられるのだ」と説明する。その上で、「書くことで、頭の中により強い表象ができ上がる。この表象は、手で書くことを必要としない別のタスクを行う際の土台になる」と付け加えている。

 なお、この研究の参加者は全て成人だったが、Wiley氏らは、小児でも同じ結果が期待できるとしている。

 Wiley氏らは、今回得られた知見は、タブレットやノートパソコンの使用がメインになりつつある学校授業だけでなく、アプリやカセットテープを通して語学を学んでいる大人にも重要な意味を持つと考えている。同氏らは、「アプリなどで語学学習をしている人は、そこに“紙に書いて覚える”という作業を追加すべきだ」とアドバイスしている。

[2021年7月12日/HealthDayNews]Copyright (c) 2021 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら