朝食は早い時間帯に食べる方が良い

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/05/04

 朝食を食べる時間帯によって、2型糖尿病の発症リスクが変化する可能性を示すデータが報告された。8時30分より前に朝食を食べる人では、8時30分以降に食べる人よりも血糖値やインスリン抵抗性が低かったという。米ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部のKristen Knutson氏らが、米国内分泌学会(ENDO2021、3月20~23日、バーチャル開催)で発表した。
 近年、断続的断食という食事の取り方が、減量や生活習慣病のリスク低…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2021年3月22日/HealthDayNews]Copyright (c) 2021 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら