ICU入室の多くが回避可能か

提供元:
HealthDay News

 多くの患者が、本来必要がないにもかかわらず集中治療室(ICU)に入室していることが、米ペンシルベニア大学緩和ケア・進行疾患研究センターのGary Weissman氏らによる新たな大規模研究で示された。ICUでの治療が必要な患者を選定する手順を改善することで、医療費が節約されケアも向上する可能性があると研究チームは述べている。研究の詳細は、「Annals of the American Thoracic Society」10月4日オンライン版に掲載された。…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2019年10月7日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ