双子の出生率が米国では減少に転じる

提供元:
HealthDay News

 米国では1980年代初頭から30年間にわたって双生児の出生数が増加し続けていたが、近年、その数が減少に転じていることが、米疾病対策センター(CDC)傘下の米国立保健統計センター(NCHS)のJoyce Martin氏らが実施した調査から明らかになった。2014~2018年の間に双生児の出生率は4%減少し、2018年には出産1,000当たり32.6の双子が生まれていたという。調査結果はCDCが発行する「NCHS Data Brief」10月3日号に掲載された。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2019年10月3日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ