重症下肢虚血の血管内治療はバイパス手術と同等の有効性

提供元:
HealthDay News

 重症下肢虚血の治療において、血管内治療は観血的手術と少なくとも同等の有効性があるとの研究結果が報告された。研究の詳細は「Circulation:Cardiovascular Quality and Outcomes」8月号に掲載された。
 重症下肢虚血は末梢動脈疾患が最も重症化した病態で、創傷の治癒遅延や壊疽の原因となり、下肢切断に至ることが少なくない。治療法は詰まっている血管から先への血流を再開させることだ。その方法の1つは観血的手術で、…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2019年7月30日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ