お知らせがあります。

  • 2020/05/27 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による感染拡大防止への協力、およびビジネスの継続・維持のため、 弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年6月14日(日)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

フリーワード検索:

Dr.皿谷の肺音聴取道場

芸は身を助く 肺音聴取の技を極めるべし!

診療科
呼吸器科  内科 
収録内容
第1回 胸部の解剖
第2回 呼吸音伝達の仕組み
第3回 正常呼吸音を聴く
第4回 肺炎と胸膜炎を理解する
第5回 頸部で聴こえる音
第6回 中葉・舌区で聴こえる音
第7回 肺底部で聴こえる音
第8回 肺炎へのアプローチ
第9回 気管支喘息、肺がんへのアプローチ
第10回 多彩な疾患へのアプローチ
講師
皿谷 健
収録時間
107分
価格
9,000円 +税
発行日
2020-05-10
商品コード
CND0299

肺音に苦手意識がある先生、ぜひこの番組を見てください!
Dr.皿谷が、胸部の解剖から肺音が聞こえる原理、雑音が生じる理由まで、肺音聴取に必要な知識を丁寧に解説します。胸部だけでなく頸部や口腔での聴診のコツも伝授。さまざまな部位での聴診スキルと異常音を知ることで、肺音から疾患を特定できるようになります。
実症例で録音した肺音を数多く聞いて、コモンな疾患を聴き分けられる耳を養いましょう。

※学習効果を高める1冊
皿谷氏の最新著作 「まるわかり!肺音聴診」は、聴診のポイントから診断アプローチまで丁寧に解説。DVDで学んだスキルを深く理解できるおすすめの1冊です。
Amazon購入リンクはこちら↓
「まるわかり!肺音聴診」(南江堂)

第1回 胸部の解剖


効果的に肺音を聞くには、解剖の理解が不可欠。なぜなら、体表から肺の位置を把握できることが適切な音を聞くための土台だからです。
第1回では、モデルの体表に骨や肺の位置をマーキングし、体表から肺の位置がわかるように解説します。

第2回 呼吸音伝達の仕組み
肺音は、正常呼吸音と副雑音に分かれます。それぞれの異常に気付くために押えておきたい基本は呼吸音がどこで発生しているのか、そしてその音がどうやって体の中で伝達されているか。これを理解するために最も重要なポイント「肺はlow pass filterである」をわかりやすく解説します。

第3回 正常呼吸音を聴く
呼吸音は、気管呼吸音、気管支呼吸音、肺胞呼吸音の3つに分類されます。これらの正常音の聴取部位や音の性質をしっかりと把握していれば、異常を見つけるのも簡単。
それぞれの呼吸音の正常な状態と、異常が生じる場合を実際に録音した症例音源で解説します。

第4回 肺炎と胸膜炎を理解する
臨床で頻繁に遭遇する肺炎と胸膜炎。これらの疾患で肺音はどう変化するのか?
病変の種類と聴取部位による音の違いを、実際の症例で見ていきます。
患者に発語してもらい音の変化から病変を捉える「声音聴診」や打診を組み合わせたテクニックも実技で解説します。

第5回 頸部で聴こえる音
患部を聴いても見つけられない状態変化を見つける方法を知りたくないですか?それは頸部聴診。
頸部で聴こえる異常音がどんな音かを知ってさえいれば、
気管狭窄や喘息発作、COPDの急性増悪などをすぐに見つけられます。
症例写真と聴診音で勉強していきましょう!

第6回 中葉・舌区で聴こえる音
中葉・舌区は、鼻症状を呈する患者では必ず聴診を行うべき部位。なぜなら鼻に症状が出る場合、気管支にも何らかの異常があることが多いから。
今回は副鼻腔気管支症候群や気管支炎などの疾患で聴こえる音の性質を見ていきます。
さらにこれを理解するとより一層、聴診から疾患を予測できるようになる「呼吸相」を解説します。

第7回 肺底部で聴こえる音
間質性肺炎を疑うとき、最も注意して聴診すべき箇所が肺底部。ここで音をキャッチできるとより早期に間質性肺炎を発見し、治療に結び付けられます。
肺底部での聴診のコツ、そして実際の症例で録音した肺音から、音の性質、聴こえるフェーズなどを理解しておきましょう。

第8回 肺炎へのアプローチ
肺音は、さまざまな肺炎を発見し病期を見分けるのに有用なツールです。
今回はインフルエンザ感染後の肺炎、マイコプラズマ肺炎、そしてレジオネラそれぞれの肺音を症例写真とともに聴いていきます。
呼気、吸気どちらでよく聴こえるか?高音か低音か?さまざまな角度から音を聴き分ける練習をしていきましょう。

第9回 気管支喘息、肺がんへのアプローチ
高音と低音と入り混じった喘鳴を聴いたとき、どんな疾患を想像しますか?答えを出すポイントは、気道の構造を考慮すること。
気道の太さと細さで音の性質が変わることを念頭に置いて画像や診察情報と照らし合わせることで答えにたどり着くことができます。
肺音と解剖、そして画像や診察情報などを総合して、疾患を見つける訓練をしていきましょう。

第10回 多彩な疾患へのアプローチ
最終回は肺音で聴き取れる特殊な症例をみていきます。画像診断やその他の検査で診断がついてから肺音を聴取してみると、その異常が肺音でも聴き取れることがわかります。
こうした症例を知っておくと、侵襲的な検査をする前に異常を発見することにもつながります。これはまさに上級者のテクニック。
基本的な肺音を聴けるだけでなく、高度なテクニックも身に付けて診断の精度を上げていきましょう!

皿谷 健 ( さらや たけし )氏 杏林大学 呼吸器内科

1998年順天堂大学医学部卒業。都立広尾病院、都立駒込病院での研修後、2003年杏林大学第1内科入局。臨床と並行して、民間企業と協力し聴診器の開発・遠隔での聴診音共有といったシステム開発に携わる。 本編で使用した肺音は株式会社JVCケンウッドの肺音アプリケーションおよび株式会社デジタルグローバルシステムズによる無線型聴診器により録音・解析した。著書:呼吸器診療ANDS BOOK(中外医学社) 看護roo!連載 聴診スキル講座(https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2424)  聴くゾウ監修(https://3sportal.telemedica.co.jp/home)