フリーワード検索:

一発診断

一目で見抜ける30疾患 あなたは閃けるか!?

診療科
内科  消化器科  整形外科  総合診療科 
収録内容
第1回 歩くと足がしびれる70歳男性
第2回 右季肋部に圧痛がある26歳女性
第3回 左胸に突き刺すような痛みの18歳男性
第4回 腹部膨満感を訴える寝たきりの80歳男性
第5回 右第3指の痛みとしびれを訴える52歳女性
第6回 両側の手足に皮疹、むくみ、関節痛を訴える28歳女性
第7回 左下腿に腫れと痛みがある74歳男性
第8回 激しい胸痛を訴える28歳女性
第9回 頭頂部に針で刺されるような痛みを訴える36歳女性
第10回 39℃の発熱と右頸部に痛みと腫脹がある33歳男性
第11回 突然真っ赤な下血を認めた寝たきりの80歳男性
第12回 両手足のむくみ・かゆみと膝関節痛の26歳女性
第13回 股関節痛のため跛行の6歳男児
第14回 右膝に思い当たらないあざができた30歳女性
第15回 体動で悪化する右胸の痛みを訴える50歳男性

講師
宮田 靖志中川 紘明
収録時間
138分
価格
10,000円 +税
発行日
2019-12-11
商品コード
CND0294

人気書籍「プライマリ・ケアの現場で役立つ 一発診断100」「プライマリ・ケアの現場で役立つ もっと!一発診断100」を映像化!
番組では、まず、症例を提示します。そこに示された症状、所見などから一発診断してみてください。その後、その診断は正しかったのか、どのようなテクニックでその診断に素早くたどり着けるのか、そしてその疾患の関連知識などを確認し、一発診断のスキルを磨いていきましょう!今シリーズでは30症例を厳選!さあ、あなたは閃けるか!

該当書籍は以下でご確認ください。

amazon購入リンクはこちら ↓
【プライマリ・ケアの現場で役立つ 一発診断100】
【もっと! 一発診断100】
【プライマリ・ケアの現場で役立つ さらに!一発診断100】 ←新作!

第1回 歩くと足がしびれる70歳男性


今回取り上げるのは、「健診で血圧と血糖値が高いと指摘された50歳男性」「歩くと足がしびれる70歳男性」の2症例。さあ、あなたの一発診断は?

第2回 右季肋部に圧痛がある26歳女性
今回は「3年以上前から左下腹部痛が続く70歳男性」と「数日前から右季肋部痛が続く26歳女性」の2症例。痛みを訴える患者の数ある所見の中からどこに注目すれば、一発診断を下すことができるのか。

第3回 左胸に突き刺すような痛みの18歳男性
今回は「手のこわばりと痛み、両手両足背のむくみを訴える72歳男性」「左胸に突き刺すような痛みを訴える18歳男性」の2症例。これらの症例で注目すべき所見は何か?そしてその診断は?

第4回 腹部膨満感を訴える寝たきりの80歳男性
今回は「腹部膨満感を訴える寝たきりの80歳男性」「咳がおさまらない34歳女性」の2症例を取り上げます。画像や病歴聴取、身体診察を行ったうえで、診断に必要な情報はなにか?一緒に考えてみましょう。

第5回 右第3指の痛みとしびれを訴える52歳女性
今回は、「右第3指の痛みとしびれを訴える52歳女性」と「発熱、ひどい腹痛、軽い嘔気、下痢の28歳女性」の2症例を取り上げます。診断の切り札となる所見に気付くことができるのか。さあ、あなたの一発診断は?

第6回 両側の手足に皮疹、むくみ、関節痛を訴える28歳女性
今回は「発熱・嘔気・下痢を訴え、眼球結膜に軽度黄染を認める36歳男性」と「両側の手足に皮疹、むくみ、関節痛を訴えるの28歳女性」の2症例。

いずれの症例も決め手になるのは「問診」。診断の決め手となる重要な情報をどのように探し出せるのか!

第7回 左下腿に腫れと痛みがある74歳男性
今回は「サバを食べてから体中が痒くなった75歳男性」と「左下腿に腫れと痛みがある74歳男性」の2症例を取り上げます。
診断の決め手は既往歴と現病歴。安易に診断を下さず、しっかりと確認しましょう!

第8回 激しい胸痛を訴える28歳女性
今回は「激しい胸痛を訴える28歳女性」「左胸に痛みを伴うミミズ腫れがある50歳男性」の2症例を取り上げます。
いずれの症例も「胸痛」を訴えています。ただし、心血管系の痛みではなく、体動などで悪化する痛みです。
さあ、診断の手がかりはどこにあるのか!

第9回 頭頂部に針で刺されるような痛みを訴える36歳女性
今回は「頭頂部に針で刺されるような痛みを訴える36歳女性」と「太ももがピリピリとしびれる50歳女性」の2症例。
これらの症例で注目すべき所見は何か?そしてその診断の決め手となるポイントは?これらの疾患の治療についても解説します。

第10回 39℃の発熱と右頸部に痛みと腫脹がある33歳男性
今回の症例は「右横腹が膨らみ、便秘になったと訴える68歳男性」と「39℃の発熱と右頸部に痛みと腫脹がある33歳男性」の2症例。
68歳男性の症例は、実は数週間前に罹患した疾患が重要なヒントに!さあ、あなたの一発診断は?

第11回 突然真っ赤な下血を認めた寝たきりの80歳男性
今回の症例は「突然真っ赤な下血を認めた寝たきりの80歳男性」と「左耳の後ろの痛みを訴える76歳男性」の2症例。病歴聴取、身体診察、画像など、さまざまな情報の中から、どれが診断の決め手となるのか?

第12回 両手足のむくみ・かゆみと膝関節痛の26歳女性
今回は、「両手足のむくみ・かゆみと膝関節痛の26歳女性」と「部活中に胸痛・呼吸苦が出現した15歳男性」の2症例を取り上げます。さまざまな鑑別疾患が想起されますが、どこが診断の決め手となるのか。そして、その治療についても解説します。
さあ、あなたの一発診断は?

第13回 股関節痛のため跛行の6歳男児
今回は「後頸部痛のため首を回せない48歳女性」と「股関節痛のため跛行の6歳男児」との2症例を取り上げます。
症状からある疾患を疑い、画像を撮影。その画像に答えはあるのか?
さあ、あなたの下す診断は?

第14回 右膝に思い当たらないあざができた30歳女性
今回は「膝に思い当たらないあざができた30歳女性」と「嘔気・嘔吐および腹痛を繰り返す26歳女性」の若年女性に関する2症例。
ともに、鑑別診断も多く、どのようにして診断に到達できるのか!診断の決め手は?

第15回 体動で悪化する右胸の痛みを訴える50歳男性
最終回となる今回は、「嘔気・嘔吐と太もものしびれを訴える84歳女性」と「体動で悪化する右胸の痛みを訴える50歳男性」の2症例を一発診断。いずれの症例も身体診察がポイントでとなります。あなたはどのような問診と診察で、この患者を診断できるのか!

さあ、一発診断してみてください!

宮田 靖志 ( みやた やすし )氏 愛知医科大学 地域総合診療医学寄附講座・教授(特任) 医学教育センター・副センター長 プライマリケアセンター

1988年自治医科大学卒業。愛媛県で12年間地域医療に従事後、札幌医大、北海道大学、名古屋医療センターなどを経て現職。総合診療医・地域医療医として患者さんのあらゆる健康問題に広く対応することを楽しむ。忙しい外来でエラーを起こさず迅速な診療をするにはどうすればよいかを常に考えている。著書:「脱専門化医療」(診断と治療社)、「迷いやすい症例から学ぶジェネラリストの診断力―Clinical Problem Solving 総合内科はおもしろい!」(羊土社)、「患者さん中心でいこう、ポリファーマシー対策 -意思決定の共有と価値観に基づく医療の実践-」(日本医事新報社)ほか

中川 紘明 ( なかがわ ひろあき )氏 愛知医科大学病院 総合診療科・プライマリケアセンター

2001年自治医科大学卒業。義務年限終了後も北海道の地域医療に従事し、2015 年から現職。 趣味は研修医向けのわかりやすいスライド作り。 システム2(分析的診断)も結局はシステム1(一発診断)の力で解決できる!と思い、日々illness scriptをブラッシュアップ中。 著書『プライマリケアの現場で役立つ一発診断』『プライマリケアの現場で役立つ もっと一発診断』(文光堂)