フリーワード検索:

毎日使える 街場の血液学

国試に出てた難しい血液疾患を診るのが血液学じゃないんだ!

診療科
血液内科  内科  総合診療科 
収録内容
第1回 小球性貧血を診る
第2回 大球性貧血を診る
第3回 高齢者/思春期の貧血
第4回 多血症を診る
第5回 白血球の異常を診る
第6回 血小板の異常を診る
講師
宮崎 仁
収録時間
68分
価格
5,800円 +税
発行日
2019-10-09
商品コード
CND0292

血液学に苦手意識を持っていませんか?医師国家試験で暗記したような血液疾患に日常診療で出合うことはまれ。血液学の醍醐味は、街場―そう毎日向き合う、ありふれた血液検査値異常を読みこなすことにあるんです。高齢者の貧血、若年者の貧血、健診で見つかるような検査値異常など、ありふれた血液疾患も、年齢や症状に応じた確認すべき項目を押さえると、驚くほど簡単に原因を突き止め治療のルートにのせることができるようになります。日々の診療に活きる血液学の使い方を学びましょう!

第1回 小球性貧血を診る


小球性貧血は最もよくみる血液疾患。なかでも鉄欠乏性貧血は頻繁に出合うからこそ、気を付けたい落とし穴があります。MCV低値だけで判断していませんか?鉄剤が効かないときどうしますか?
貧血を正しく診断・治療するためのエッセンスをお伝えします。

第2回 大球性貧血を診る
国試でよく出題される悪性貧血、臨床で遭遇することはまれ。
日常診療で必要なのは、MCVの数値ごとに疑う疾患を理解すること。MCV101~110、110~120、そしてMCV130以上と分けて、簡潔に疑うべき疾患とすべき検査や治療をコンパクトに解説します。

第3回 高齢者/思春期の貧血
高齢者の貧血、原因は3つに分けられれます。原因ごとにその鑑別と対応を解説します。
思春期の患者、女子ならば月経の開始とともに鉄欠乏性貧血を疑いますが、実は男子でも貧血の可能性があるんです。どんな場合に気を付けるべきか伝授します。

第4回 多血症を診る
多血症、Ht値の上昇をみたとき、真っ先に確認すべきは喫煙の有無。喫煙者と非喫煙者では検査前確率が大きく異なります。喫煙、非喫煙ごとに気を付けるべき項目を解説します。

第5回 白血球の異常を診る
健診で見つかるような白血球の増加減少。増加・減少のどちらでも、白血球の分画を確認すると原因を鑑別することができます。
経過観察でよい例、すぐに専門医に紹介すべき場合を実例を提示して、注目すべきポイントをさくっと解説します。

第6回 血小板の異常を診る
血小板の減少や増加は健診で発見されるケースが多い異常値ですが、実は疾患でない場合も多いもの。クローナルな異常を疑う前に、疾患に起因しない異常を除外する方法を学びます。よくある2つの事例を押さえれば、あとは通常の診療とすこしの血液学の知識で対応可能です。
緊急に専門医に紹介すべき例もあるので、番組で取り上げる異常値は必ず押さえておきましょう。

宮崎 仁 ( みやざき ひとし )氏 宮崎医院 院長

1986年藤田保健衛生大学(現・藤田医科大学)医学部卒業。1986年~1989年聖路加国際病院内科レジデント。1989年~藤田保健衛生大学医学部内科学(血液・化学療法科)。1998年~藤田保健衛生大学医学部内科学講師(血液・化学療法科)。2002~宮崎医院(愛知県西尾市)院長。日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会血液専門医・指導医、日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医。 編著書:「血液疾患診療ナビ‐あなたが診ても、ここまでわかる!」(南山堂)、「白衣のポケットの中―医師のプロフェッショナリズムを考える」(医学書院)など

関連商品

会員の方へ