コンテンツアーカイブ

英語論文で最初に読むべきはAbstractよりも…?

英語論文で最初に読むべきはAbstractよりも…?のイメージ

論文を読みたくても「集中できない」「時間がない」という先生方、騙されたと思ってぜひお試しください。中川先生とっておきの、英語論文の読み方・読む順番を伝授いたします。

最終更新:2018/10/16

発作時に負担が少ないエアゾール製剤…吸入薬使い方ガイド

発作時に負担が少ないエアゾール製剤…吸入薬使い方ガイドのイメージ

発作時用の薬は、発作が出た時だけ使用するようにしましょう。回数は医師の指示どおりで使用してください。前準備はとくに必要ありません。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/10/16

抗菌スペクトルが選択的な感染性腸炎治療薬「ダフクリア錠200mg」…下平博士のDIノート

抗菌スペクトルが選択的な感染性腸炎治療薬「ダフクリア錠200mg」…下平博士のDIノートのイメージ

本剤は、抗菌スペクトルが狭く、クロストリジウム・ディフィシルに選択的に作用するため、腸内細菌に大きな影響を与えにくく、再発リスクの軽減が期待されています。下平秀夫氏が要点を解説します。

最終更新:2018/10/16

審査基準は各都道府県支部で異なる⁉

審査基準は各都道府県支部で異なる⁉のイメージ

コンピューターの設定や支部ごとの取り決め事項に差があり、都道府県格差は最大で約5倍です。新しい職場では所属支部の傾向を尋ね、地域査定ギャップに悩まされないようにしましょう。(再掲)

最終更新:2018/10/15

「糖尿病」を前向きに捉えるために

「糖尿病」を前向きに捉えるためにのイメージ

糖尿病と診断されても思い詰めず、適度に肩の力を抜いて、うまく付き合っていく必要があります。落ち込んでいる患者さんには共感しつつ、重く考え過ぎないようにアドバイスしましょう。(再掲)

最終更新:2018/10/15

コーチングから学ぶ、目標を実現するために大切なこと…週刊・川添ラヂオ

現在、掲げている目標はありますか?わくわくするような目標設定こそ、コーチングの要。あなたの今の目標を必ず実現させる方法を伝授します!

最終更新:2018/10/15

Dr.岡の感染症プラチナレクチャー 市中感染症編(上下巻2枚組)

あの医療者必携のベストセラー“プラマニュ”が白熱レクチャーに!

最終更新:2018/10/15

Dr.岡の感染症プラチナレクチャー 市中感染症編(下巻)

あの医療者必携のベストセラー“プラマニュ”が白熱レクチャーに!

最終更新:2018/10/15

Dr.岡の感染症プラチナレクチャー 市中感染症編(上巻)

あの医療者必携のベストセラー“プラマニュ”が白熱レクチャーに!

最終更新:2018/10/15

あなたは医学論文を「読める」か?…Dr.倉原の“俺の本棚”

倉原氏が自身の本棚から「これは!」とウナる本を毎月1冊ピックアップ。思わず読みたくなる”医書”を紹介します。第10回は「あなたは医学論文を[読める]か?」。

最終更新:2018/10/12

検査値が気になる患者さんへ:ナトリウム編(患者説明スライド)

「検査値がいつもと違う…」そんな患者さんの不安を獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修する検査値スライド(生化学検査編)で解消しませんか?今回はナトリウムです。

最終更新:2018/10/12

吸入指導をクラウドで管理 地域連携で喘息死ゼロへ

スマホ・PCで使える吸入カルテシステムの開発により、地域医療連携を推進する大林浩幸氏にインタビュ―。喘息死ゼロに向けた本気の取り組みを聞きました。

最終更新:2018/10/12

SGLT-2阻害薬単剤なら低血糖は起こらない?

「SGLT-2阻害薬は低血糖を起こしにくいと聞いたから、ブドウ糖は持ち歩かなくていいか?」堀美智子氏が「医薬品リスク管理計画(RMP)」を確認することの必要性と、どのようなリスクがあるか考えるポイントを解説します。

最終更新:2018/10/12

医療・医学の原点「痛み」の診療のコツ

このコーナーでは、痛み診療のエキスパート・花岡一雄氏が、診療で必要な視点、治療でのコツをレクチャーします。第1回は、3種類の痛みをコンパクトに解説します。

最終更新:2018/10/11

吸入ステロイドの副作用について教えてください…診療よろず相談TV

ガイドラインが改訂となった気管支喘息。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを5つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者は名古屋市立大学 新実彰男氏。

最終更新:2018/10/11

謙虚に振る舞うとは…Dr.中島の新・徒然草

他科の先生や後輩を説教した後、自分のミスが発覚して恥ずかしくなった…なんて経験ありませんか?今回は、Dr.中島の失敗談と「バナナの皮」になぞらえた中島家の格言をお伝えします。

最終更新:2018/10/11

レボチロキシンは朝食後投与では吸収が低い?…論文で探る服薬指導のエビデンス

レボチロキシンは海外では空腹時投与となっていることがありますが、日本では食後で処方されることも多くあります。食事の影響や朝・夜の比較から、効果や患者さんの生活リズムにあった服用方法を考察します。

最終更新:2018/10/11

年代ごとの風疹ワクチンの定期接種状況(患者説明スライド)

自分が風疹ワクチンを何回接種したかご存じですか? 定期接種制度の変遷で、1回も受けていなかったり受けても1回のみで十分な免疫を持っていないことがあります。

最終更新:2018/10/10

起業のアイデアは目の前にある!…医師のためのお金の話

今回は、医師で起業をした事例をご紹介します。皆さん、医療に関係する事業を起こされています。起業の種は、毎日の診療や生活の中にあります。うまく見付けてみましょう。

最終更新:2018/10/10

産婦人科医ユミが教える女性医療のエッセンス…CareNeTVチャンネル

産婦人科医ユミの頼られる『女性のミカタ』「第1回 いつもの外来+αで月経痛をケアしよう!」。内診不要!美人産婦人科医が“七変化”で教える、プライマリケアで実践できる女性医療の決定版。

最終更新:2018/10/10

ページ