コンテンツアーカイブ

NASHはNAFLDとどう違うのか?…中島淳氏が解説

NASHはNAFLDとどう違うのか?…中島淳氏が解説のイメージ

今回のテーマは「NASHとNAFLDの違い」。 回答者は当該領域のスペシャリスト、横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏です。

最終更新:2017/03/23

占い師に逆指南…【Dr.中島の新・徒然草】

占い師に逆指南…【Dr.中島の新・徒然草】のイメージ

中島先生の診察室を訪れた占い師見習いの女性。話を聞くと、占いのカウンセリングと医師の問診には、その手法やコツに似たところがあり、大いに盛り上がったようです。

最終更新:2017/03/23

1日1,600kcalの食事ってどんなの?…糖尿病食事指導スライド

1日1,600kcalの食事ってどんなの?…糖尿病食事指導スライドのイメージ

1日の摂取カロリーとして目指したい1,600kcal。何をどのくらい食べればいいかわからないと思う患者さんに、目安を知ってもらうための指導スライドです。

最終更新:2017/03/22

点滴に1日数百万!?異常な米国の拝金主義…循環器内科 米国臨床留学記

点滴に1日数百万!?異常な米国の拝金主義…循環器内科 米国臨床留学記のイメージ

「アストン・マーチンを自転車価格で売るような会社があれば、買収してトヨタの値段をつける」。そんなビジネス手法が、医療現場を脅かす米国の実態をレポート。

最終更新:2017/03/22

医師の説明不足を訴える患者が後を絶たない意外な理由

医師の説明不足を訴える患者が後を絶たない意外な理由のイメージ

インフォームド・コンセントが定着した昨今においても「説明を受けていない」と訴える患者が多いのはなぜなのか?患者からの相談を分析したところ、意外な理由が明らかに。

最終更新:2017/03/22

BLS: 異常呼吸の理解と心肺蘇生

Dr.林とDr.Goldmanの笑劇的臨床論文放談 Season2 第6回 BLS: 異常呼吸の理解と心肺蘇生。  一般人の突然の心停止における異常呼吸の理解と、通信指令員の指示による心肺蘇生との関連に関する日本の論文データを紹介します。 その上で、BLSでは何が重要か、2015年のガイドラインを基にDr.林とDr.Goldmanがさらに詳しく解説します。

最終更新:2017/03/22

外国人患者の本人確認は保険証では不十分?提出を拒まれたら?

外国人患者の受け入れで欠かせない本人確認。「保険証のみで本人確認してよいか?」「有効な身分証がない場合は?」などに関して実際の対応事例を紹介します。

最終更新:2017/03/21

WHO新分類でどう変わる膠芽腫の診療

膠芽腫は、中高年に多い悪性脳腫瘍です。予後はあまり良い疾患ではありませんが、新しい治療薬なども登場しています。最新の知見を石内 勝吾氏が解説します。

最終更新:2017/03/21

(再掲)マクサルト処方時の注意点

片頭痛の患者にマクサルトを処方したところ要件不合致で査定された事例です。なぜ査定されてしまったのか、原因と注意点を解説します。

最終更新:2017/03/21

肥満サイクルからの脱出に向けて

中性脂肪を減らすためには、体を動かすことが大事ですが、なかなかできず肥満サイクルに陥ってしまいます。こうした患者さんへの指導法を坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2017/03/20

患者さんの生活にNGを出さない!

家でゴロゴロしてしまう患者さんにやる気を起こさせる指導をお届けします。運動、運動と叱責するのではなく、自発的に運動するような方法を坂根 直樹氏が解説します。

最終更新:2017/03/17

タバコに含まれる環境汚染物質(患者説明用)

ヒ素やカドミウムなど、毒物や劇物として知られる物質がタバコにも含まれています。公害問題にもなる環境汚染物質を喫煙で取り込んでいる危険性を知ってもらいます。

最終更新:2017/03/17

VR(仮想現実)はパーキンソン病のリハビリに有効か…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第87回は、「VR(仮想現実)はパーキンソン病のリハビリに有効か」。

最終更新:2017/03/17

嘔気の意外な原因…【Dr.中島の新・徒然草】

医学生時代に、偶然にも逆流性食道炎を指摘された中島先生。最近自覚する嘔気もそれが原因かと思いきや…自身の経験によって導かれた診療のパールとは。

最終更新:2017/03/16

循環器内科医ががん患者を診る!?…Cardiologistへの道@Stanford

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/03/16

せん妄はどうしたら予防できるのか…Dr.小川が解説

今回のテーマは「せん妄」。 回答者は当該領域のスペシャリスト、国立がん研究センター 東病院精神腫瘍科 科長 小川 朝生氏です。

最終更新:2017/03/16

英語で「~を自覚する」は?…プレゼンに役立つフレーズ150選

丸ごと使えて応用自在な医学英語フレーズを厳選ピックアップ!今回は、症例報告(来院の経緯、症状・主訴)に使える5つのフレーズを紹介します。

最終更新:2017/03/15

冬季の高齢者はとくに注意(患者説明スライド)

コインのように丸くもりあがった湿疹で、掻きすぎると別のところに飛ぶ場合もあります。治療とフォローも含め、1枚のスライドにまとめてお届けします。

最終更新:2017/03/15

SEAの手法を活かした振り返り教育カンファレンス

日本プライマリ・ケア連合学会 第6回 学術大会  SEAの手法を活かした振り返り教育カンファレンス  ~その実演とファシリテーションのコツとは?~ 誰しもヒヤリハットの経験があると思います。ヒヤリハット事例は関係者で共有し、振り返ることが大切です。振り返りカンファレンスに有用なSEA(Significant Event Analysis)の手法を、松浦武志氏が解説します。

最終更新:2017/03/15

(再掲)縦覧点検で指摘されないために

通院・在宅精神療法が要件不合致で査定された事例です。その理由は、月違い、同一週での算定というケアレスミスでした。対応策について解説します。

最終更新:2017/03/14

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら