コンテンツアーカイブ

たまにしか来ない患者さんの法則

たまにしか来ない患者さんの法則のイメージ

半年ぶり、1年ぶりなど、めったに顔を見せない患者さんっていませんか? そんな患者さんが決まって口にする2つのセリフがあるそうです。皆さんの病院ではどうですか?

最終更新:2019/04/24

発熱の症例・全てのバイタルが異常。何を疑う?-3

発熱の症例・全てのバイタルが異常。何を疑う?-3のイメージ

敗血症は「感染症によって臓器障害が引き起こされた状態」ですが、臓器障害はどのように判断したらよいのでしょうか? 薬剤師がバイタルサインから敗血症の兆候を疑うポイントや注意点を解説します。

最終更新:2019/04/24

「ググる」って英語で?

「ググる」って英語で?のイメージ

使いたくなるシチュエーションが、意外と頻繁にありそうなこの表現。もはや「検索する」に代わる用語といえるかもしれません!?

最終更新:2019/04/23

いつまで続ける?肺がんの免疫CP阻害薬

いつまで続ける?肺がんの免疫CP阻害薬のイメージ

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、「いつまで続ける?肺がんの免疫CP阻害薬」。

最終更新:2019/04/23

タファミジスの登場で治療が変わる難病

タファミジスの登場で治療が変わる難病のイメージ

家族性アミロイドポリニューロパチーは、全身に多彩な症状を起こす遺伝性疾患です。最近では、経口治療薬も発売され、予後も改善されつつあります。本症の最新知見を植田光晴氏が解説します。

最終更新:2019/04/23

書籍紹介『がん免疫療法ガイドライン 第2版』

今版では、がん免疫療法の分類と作用機序、免疫チェックポイント阻害薬によるirAEの管理、がん種ごとのがん免疫療法のエビデンスについて、最新の情報を掲載しています。

最終更新:2019/04/23

研修受講シールがオークションで売買! かかりつけ薬剤師制度にも影

研修認定薬剤師の研修受講シールがオークションサイトで転売されている事例が報じられました。薬剤師全体の信用を失墜させかねない事件であり、今後の研修やかかりつけ薬剤師制度への影響をうさこ先生が考察します。

最終更新:2019/04/23

『コード・ブルー』公式イベントに呼ばれた勤務医

今、SNS上で医療者からも患者からも信頼を得る「外科医けいゆう」こと山本健人氏が、身の回りの気になる話題を取り上げます。第1回は「一介の勤務医が『コード・ブルー』公式イベントに呼ばれたワケ」。

最終更新:2019/04/22

よく汗をかいたあとこそ、減塩の意識

高血圧の患者さんは、夏に塩分を増やす必要はありません。よく汗をかいたあとは、水分とともにスポーツドリンクなどで塩分やミネラルを補給しましょう。坂根直樹氏が解説します。(再掲)

最終更新:2019/04/22

お薬手帳のココだけは絶対に書いてほしい

お薬手帳が本領を発揮するのは災害時。2011年東日本大震災で川添先生が実感したお薬手帳の重要性と、絶対に書いておいてほしい項目についてお話しします。

最終更新:2019/04/22

落雷によるリヒテンベルク図形

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第137回は、「落雷によるリヒテンベルク図形」。

最終更新:2019/04/19

NSAIDが抗凝固薬に与える影響

ワルファリンではNSAID併用は要注意とされている。では、ダビガトランではどうか?

最終更新:2019/04/19

ASTが異常、考えられる原因は?

ASTが上昇する原因を正しく理解してもらい、日々の生活スタイルを見直してもらいましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/04/19

スマトリプタン点鼻薬じゃなきゃダメな理由

ロメリジンやトリプタンのほかにもいろいろな薬剤が併用されている患者さん。しかし、その併用薬は添付文書と異なる使い方ばかりです。どのような意図があるのでしょうか? 頭痛の名医である大和田氏が治療した患者の疾患名とは?

最終更新:2019/04/19

日常診療でよく診る頸、肩の痛みの正体

今回は「上肢の痛み」です。なかでも頸や肩の痛みは、そのメカニズムがわかれば、治療方針もさらに確かなものとなります。痛み診療のエキスパート、花岡一雄氏が解説。

最終更新:2019/04/18

大腸がんの化学療法の成績の向上

近年、治療が変化している「大腸がん」。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを5つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者はがん研究会有明病院 山口研成氏。

最終更新:2019/04/18

患者が考える延命治療とは?

普段の診察では、患者さんの延命治療への思いを聞き出せないですよね?しかし、「ボケてまで生きたくない」などの会話になったら、そこがチャンス!患者の思いもカルテに残しましょう。

最終更新:2019/04/18

免疫CP阻害薬もいろいろ、結果もいろいろ

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、「IOもいろいろ?」。

最終更新:2019/04/18

食べられない、食べても痩せる。がん悪液質

がん患者の強力な予後因子である悪液質。十分に解明されていなかったそのメカニズムが明らかになりつつある。最新かつ基本的な情報について京都府立医科大学 医学研究科 呼吸器内科学の高山浩一氏に聞いた。

最終更新:2019/04/18

一包化は他病院の薬も一緒にまとめられるサービス

複数の病院から薬をもらっていて管理が大変な場合は、薬局でまとめることができます。一包化や服薬カレンダーを提案する際にこのスライドをご活用ください。

最終更新:2019/04/18

Pages