コンテンツアーカイブ

リバウンドを繰り返す患者さんへのアドバイス…Dr.坂根の外来NGワード

ダイエットをしても、リバウンドしてしまっては努力が台無しになってしまいます。リバウンドの原因を明確にして、減量後の体重維持を目指すには?坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2018/10/01

新たな薬剤・デバイスで変わる心不全治療~後編

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/10/01

日々の食事に野菜を上乗せで健康効果

生活習慣病予防を目的とした5 A DAY運動では、1日に5皿(350g)の野菜摂取を目標に掲げています。品数を増やすと負担になるので、日々の食事にうまく取り入れていきましょう。(再掲)

最終更新:2018/10/01

誰もが納得する「院外処方の意義」…週刊・川添ラヂオ

「どうして院外処方にするんですか?」。この患者さんの質問に対して川添先生が考えた、必ず納得してもらえる答えとは?

最終更新:2018/10/01

高齢者の急な発熱と意識障害への対応

今回は、発熱による意識障害です。高齢者が何らかの感染により発熱。救急搬送される場合や外来で急に具合が悪くなるケースも。どんな対応が必要でしょうか?

最終更新:2018/09/28

検査値が気になる患者さんへ:カルシウム編(患者説明スライド)

獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修する検査値スライド(生化学検査編)で、患者さんの疑問をしっかりサポート。第2回はカルシウムです。

最終更新:2018/09/28

書籍紹介『緩和医療 がんの痛みは必ずとれる-在宅緩和ケアの現場から』

「トータルペイン」「全人的ケア」という考え方が重要ながんの緩和ケア。本書では、がんの最終段階を中心とした緩和ケアを現場視点で語ります。

最終更新:2018/09/28

なるほど!ポリファーマシーの着眼点…AMEE学習動画ピックアップ

ひとりの患者さんに対して、複数の医療機関から多くの薬剤が処方されていることがよくあります。なぜポリファーマシーになってしまうのでしょうか。

最終更新:2018/09/28

サルコペニア、悪液質と心不全との意外な関係

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。今回は石田純一氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/09/28

ほぼほぼ空冷エンジンで楽しむ、そこそこ旧車生活

多忙な診療をこなしながら、クルマを愛する、そんな医師のエッセイを紹介する。今回は高瀬義昌氏の「ほぼほぼ空冷エンジンで楽しむ、そこそこ旧車生活」。ノスタルジックな二輪と四輪について執筆いただいた。

最終更新:2018/09/28

悪条件の中の心肺蘇生と対応力…Dr.中島の新・徒然草

心肺蘇生用マネキンの製造会社でプレゼンを行った医師たち。互いの心肺蘇生への思いに理解を深めつつも、レールダル社から日本の働き方についてズシリと響く一言を受けます。その言葉とは…。

最終更新:2018/09/27

アセトアミノフェンもワルファリン併用で用量依存的にINR上昇…論文で探る服薬指導のエビデンス

ワルファリン投与中の解熱鎮痛薬として、NSAIDsよりもアセトアミノフェンが優先されることがあります。しかし、ワルファリンはアセトアミノフェンとも相互作用があり、注意が必要です。注意すべき投与量や治療期間とは?

最終更新:2018/09/27

過去喫煙者の生涯肺がんリスク、現在喫煙者の半分以下に(患者説明用)

現在喫煙している患者さんに、禁煙のメリットを理解していただくためにご利用ください。

最終更新:2018/09/27

薬剤耐性アクションプランをどう見るか

2016年4月に厚生労働省から発出された薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン。薬剤師11人の協力メンバーにこのアクションプランについて思うところや、現在の取り組みについて聞いてみました。

最終更新:2018/09/26

治療選択肢の提示、“丸投げ”や“強制”になっていませんか?

医師が患者に提示する治療選択肢。示し方によっては、「丸投げされた」「選ぶ余地がなかった」と受け止められかねません。どんなコミュニケーションがあれば誤解を回避できるでしょうか。

最終更新:2018/09/26

皮膚科医が感じる夏の終わり…Dr.デルぽんの診察室観察日記

猛暑ではクーラーや扇風機が大活躍! しかし、診察室では空調に気を付けなければいけない…? 皮膚科医の夏の終わりをデルぽん先生が描きました。

最終更新:2018/09/25

心拍数を求める3法則…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

心電図をとった後は、心拍数の計算を自動計測に頼っていませんか?第3回ではこれまでの成果の実践と、心拍数を求める時に役立つ3つの法則をご紹介します。

最終更新:2018/09/25

眼瞼下垂や複視があれば想起したい難病

重症筋無力症は、眼症状から始まり次第に骨格筋の筋力が低下する難病で、予後は早期発見や治療介入により改善されつつあります。本疾患の最新知見を鵜沢顕之氏が解説します。

最終更新:2018/09/25

「脂肪が燃えるサプリ」表示に根拠なし ドラッグストアに措置命令

ドラッグストアで発売する痩身サプリの店頭広告に、景表法に基づく措置命令が出されました。根拠がなくても薬剤師が薦めたら、消費者は信じてしまうかもしれません。薬剤師に必要な視点をうさこ先生が考察します。

最終更新:2018/09/25

重症低血糖を未然に防ぐ5つのポイント…高齢者糖尿病診療

事前アンケートで多く寄せられた「自覚症状のない低血糖をどう防ぐか」を中心に、東京都健康長寿医療センター荒木厚氏が、高齢者糖尿病診療での疑問と迷いに答えます。

最終更新:2018/09/25

Pages