コンテンツアーカイブ

牡蠣で嘔吐だからノロ?早とちりを防ぐために

第99回国家試験で「牡蠣を炭火で焼いて食べた人たちが頭痛、嘔吐及びめまいを起こした」という問題を、多くの受験生が間違えた。胃腸炎と一酸化炭素中毒の症状の違い、早とちりを防ぐための考え方を堀美智子氏が教えます。

最終更新:2019/03/29

専門医試験対策はトム・クルーズ気分で…Dr.中島の新・徒然草

診察の合間を縫って行う専門医試験対策。それ故にDr.中島は1分1秒も無駄にしたくないのだとか。そんな思いからひらめいたちょっぴりリスキーな秘策とは…?

最終更新:2019/03/28

書籍紹介『極めに・究める・神経筋疾患』

難しいと思われがちな神経筋疾患リハについて、「自信をもって治せる人」になるためのノウハウを1冊に凝縮。あなただけの「極めに、究める」施術をいつか実現してみましょう。

最終更新:2019/03/28

スタチンに片頭痛の予防効果はあるか…論文で探る服薬指導のエビデンス

スタチンが片頭痛の予防に有用なのではないかという説をご存じでしょうか?あくまでも適応外ですが、片頭痛患者を対象とする既存薬やプラセボとの比較試験では、意外な結果が報告されています。頭痛を予防しうる仮説とは?

最終更新:2019/03/28

大きいと大変! 乳房下の皮膚トラブル

高齢者に意外と多い“間擦疹”。皮膚がくっついてこすれる部分(乳房下や腋窩)によく見られますが、円背の患者さんでは“やっとの思いで患部を広げる”なんてケースも。大きなお胸に潜む、思わぬ罠とは…?

最終更新:2019/03/27

書籍紹介『こんなときオスラー 「平静の心」を求めて』

医師は、日々の臨床の中で、勉強法や進むべき進路につき、さまざまな悩みを抱えています。本書では、3人のジェネラリストがオスラーの哲学やパールを用いつつ、こうした悩みに応えます。

最終更新:2019/03/27

緊急度が高い?歩くと息が切れる、夜中に目が覚める高血圧患者1

今回の症例は高血圧です。高血圧の患者さんは多くの場合、緊急度は高くありません。しかし、なかには緊急度の高い高血圧も存在します。今回のポイントは「自覚症状があり緊急度の高い高血圧」です。

最終更新:2019/03/27

「度が過ぎる」って英語で?

たとえば間食や喫煙、飲酒など、「度が過ぎる」患者さんをたしなめるような機会があるでしょうか?ちょっと行き過ぎていますよ、と伝えたいときに使える表現です。

最終更新:2019/03/26

患者数約400人のまれな内分泌疾患

副甲状腺ホルモンの不応性で、低カルシウム血症などと同様の症状が生じる疾患です。小児に多く、成育に影響します。本症の最新知見を赤水尚史氏が解説します。

最終更新:2019/03/26

書籍紹介『心電図の読み“型”教えます! Season 1』

CareNet.comの人気WEB連載「Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター」が待望の書籍化。心電図読影に挫折を繰り返した人にこそおすすめしたい一冊の登場です。

最終更新:2019/03/26

4月27日は休日!10連休中のトラブルを防ぐために

今年のGWは10連休ですが、その間も医療提供に支障のない体制の確保が求められています。GWに開局する場合、疑義照会や休日加算はどうしたらいいのでしょうか?トラブル回避の方法をうさこ先生が解説します。

最終更新:2019/03/26

サービス残業はどのくらい? 医師1,000人に聞きました

「医師の働き方改革」では「申告なし・時間外割増賃金支払いなしの残業ゼロ」が目指されています。会員医師千人にサービス残業の実態と、その理由をお聞きしました。

最終更新:2019/03/25

大腸がんガイドライン2019 切除不能進行再発の薬物療法

本年(2019年)1月に改訂された大腸癌治療ガイドライン2019おける改訂ポイントを、薬物療法に焦点を当て静岡がんセンター 山崎健太郎氏が解説。

最終更新:2019/03/25

カップ麺、スープ以外の塩分はいくら?

カップ麺の汁は飲まないから大丈夫という人がいますが、栄養成分表示を確認すると、麺にも塩分が含まれることがわかります。1日の上限を超えないよう気を付けてもらいましょう。(再掲)

最終更新:2019/03/25

川添、ついに薬機法について口を開く…週刊・川添ラヂオ

昨年12月に発表された薬機法改正と医薬分業のあり方に関する取りまとめについて、病院薬剤師と薬局薬剤師の両面を知る川添先生が解説します。

最終更新:2019/03/25

すぐに「忘れた」という患者さん…Dr.坂根の外来NGワード

外来で何度説明しても、言ったことを忘れてしまう患者さんがいます。「記憶のモダリティ効果」を利用して、患者さんの記憶に残りやすい療養指導を試してみましょう。

最終更新:2019/03/22

BUN値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

「これ何て読むの?」そんな質問をきっかけに、患者さんに検査値のことを知ってもらいましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/03/22

中毒性のあるクロスワード…Dr.中島の新・徒然草

以前ご紹介したNew York Timesのクロスワード。これがとにかくハマる代物なんです!英単語を覚えてなんぼの英語学習。この方法をマスターすれば、自分の英単語帳まで完成して一石二鳥です。

最終更新:2019/03/21

書籍紹介『新型タバコの本当のリスク』

「加熱式タバコ、本当に健康リスクは低いの?」といったシンプルな疑問から複雑な問題まで、タバコ問題研究の第一人者が、最新の研究成果と豊富なエビデンスをもとに解説する1冊。

最終更新:2019/03/21

薬局で一包化を勧めるときに使えるスライド…使える!服薬指導箋

一包化では、用法ごとに薬をまとめることができます。自己管理が不安な場合はもちろん、家族の管理が大変な場合も薬局に相談することができます。ぜひご活用ください。

最終更新:2019/03/21

Pages