コンテンツアーカイブ

高血圧予防に採用したいDASH食

米国では、高血圧予防の食事アプローチとして、DASH食が用いられます。内容は、野菜、果物、魚介類、海藻類、豆類、低脂肪の乳製品など。積極的に良質なたんぱく質を摂取しましょう。(再掲)

最終更新:2019/03/04

“かんぽう薬はりょうじ君”で誤投薬を防ごう…週刊・川添ラヂオ

施設での配薬ミス防止のため、薬の確認は3回行うべきとされています。最初は配薬BOXから薬を出すとき、次に患者さんの近くに行ったとき、そして口に入れるときです。合言葉でチェックを徹底しましょう。

最終更新:2019/03/04

パルクール外傷の臨床的特徴…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第134回は、「パルクール外傷の臨床的特徴」。

最終更新:2019/03/01

HDL-C値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

「値が低いと身体にどんな影響がでるの?」患者さんからのこんな質問も、獨協医科大学の志水太郎氏監修スライドでサッと解決!

最終更新:2019/03/01

学会発表でのブーイング…Dr.中島の新・徒然草

「演題と中身が違います!」学会発表中、フロアからの抗議や苦情に困惑するDr.中島…と思ったら、それは夢。学会発表の経験がなくても思わずゾクッとすること間違いなし!な、話です。

最終更新:2019/02/28

EGFR変異陽性例のSCLC転化とは何か

常に進化する肺がん研究。進化の波に乗り遅れないために、要チェックの最新論文を和歌山県立医科大学 赤松弘朗氏がピックアップし紹介する。第5回は「EGFR変異陽性例のSCLC転化とは何か」。

最終更新:2019/02/28

花粉症患者に使える!こんなエビデンス、あんなエビデンス…論文で探る服薬指導のエビデンス

インフルエンザが落ち着いたと思ったら、花粉症が増える季節になりました。今回は、花粉を防ぐ方法や症状緩和が期待されている食材、薬剤の有用性など、服薬指導ですぐに使えるエビデンスを紹介します。

最終更新:2019/02/28

医者だって人間だもの。…Dr.デルぽんの診察室観察日記

〇〇先生がインフルエンザで休診。「お医者さんもお休みするんですね」と翌週受診した患者さんがひと言。そりゃ、そうです! デルぽん先生が、現場の医師たちの心の声を“〇〇を”風に描きました。

最終更新:2019/02/27

明日、2月28日は何の日?

明日2月28日は、世界希少・難治性疾患の日、RDdayです。日本各地でどのような活動が行われているのでしょうか?

最終更新:2019/02/27

書籍紹介『高齢者のための糖尿病診療』

高齢者糖尿病の特性と高齢者への作法を検証。ガイドラインではわからない薬物・生活療法、在宅療法の訓えをここに凝縮しました。

最終更新:2019/02/27

呼吸の異常-1 頻呼吸の原因は?

患者さん宅を訪れると、「ハァハァ」と呼吸が速く、息苦しそうにしていることに気が付きました。家族(妻)から、「調子が悪そうなんですけど、お医者さんに行ったほうがよいでしょうか...」と相談されました。

最終更新:2019/02/27

会員医師の約6割が医師不足・偏在を実感(会員医師アンケート)

厚生労働省発表の「現在と将来の必要医師数の需給」について、ケアネット会員医師に行ったアンケート結果を公開。

最終更新:2019/02/26

「婚活」は英語で?

家も仕事(ポジション)も結婚相手も、この心意気で探せば楽しいかもしれません。なるほどと思うような思わないような、「婚活」の英語表現とは?

最終更新:2019/02/26

運動能力回復の可能性がある希少疾病

脊髄性筋萎縮症は、脊髄の運動神経細胞が選択的に障害される疾患で、小児で発症すると2歳まで生きることが難しい疾患です。本症の最新知見を新薬を含め齋藤加代子氏が解説します。

最終更新:2019/02/26

「新しいインフル薬は1回飲めば治るんですよね」の意図を探れ!

新しいインフルエンザ治療薬が大々的に一般向けメディアで特集されています。過度な期待やキャッチーな言葉は患者さんに誤解を与えることもあり、注意が必要です。うさこ先生が抱いている懸念とは?

最終更新:2019/02/26

DV要素が満載!?「美女と野獣」…シネマセラピー

絶大な人気を誇るディズニー映画「美女と野獣」。純愛ラブストーリーなのですが、見方を変えると意外にもDVの要素が盛りだくさん…。心理学的視点からもう1つの教訓をお伝えします。

最終更新:2019/02/25

この希少疾病の治療法は?

希少疾病ライブラリに掲載中の疾患をダイジェストでご紹介。第4弾は「ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症」「特発性肺線維症」「発作性夜間血色素尿症」。症状、病因、治療などをスライドで解説します。

最終更新:2019/02/25

血圧測定体験で、血圧への興味喚起

コロトコフ法では、血圧測定に聴診器を使います。関心が薄い患者さんには、実際に音を聞いてもらいましょう。最高血圧と最低血圧の音の違いに興味を持ってくれるかもしれません。(再掲)

最終更新:2019/02/25

書籍紹介『Dr.倉原の呼吸にまつわる数字のはなし』

日常のケア・診療で身近な数字、さまざまな値から、考えたこともなかった「呼吸器疾患で長い病名の文字数」まで、Dr.倉原が繰り出す呼吸の“数字学”。日々の臨床に役立つ知識が自然に身につく一冊。

最終更新:2019/02/25

特養での配薬与薬ミスを防ぐ9つの鉄則…週刊・川添ラヂオ

多くの高齢者が入所する特別養護老人ホームでは薬の配り間違いや、飲み間違いが少なくありません。今回から3週にわたり、介護事故予防ガイドラインをもとにした配薬与薬ミスの予防についてお話しします。

最終更新:2019/02/25

Pages