コンテンツアーカイブ

書籍紹介『小児科医宮本先生、ちょっと教えてください!』

一般内科・総合診療の医師が、「こども」を診療する際に思う不安や疑問に、現実的かつ本音で解説している1冊。ケアネットのDVDでもおなじみの宮本雄策氏が外来のコツを会話形式で解説します。

最終更新:2018/07/05

急性中耳炎における痛みの対処法…使える!服薬指導箋

急性中耳炎の強い痛みと熱感は、適度に冷やしてやわらげることができます。タオルにくるんだ保冷剤などを耳の後ろに当てて冷やしてあげましょう。

最終更新:2018/07/05

DOACの低用量使用

臨床現場での低用量使用の実態は? そこには何があるのか? 教科書ではなく、実臨床に即して心臓血管研究所の山下武志氏が解説。

最終更新:2018/07/04

水分摂取の落とし穴…実践型!食事指導スライド

「水分はこまめに取っています」。診察中、こんな話を耳にしませんか?飲料水の中には見た目によらず糖質含有量が多いものもあり注意が必要です。糖尿病患者向け、各飲料水の糖質比較をご紹介。

最終更新:2018/07/04

Dr.須藤のやり直し酸塩基平衡…CareNeTVチャンネル

Dr.須藤のやり直し酸塩基平衡「第1回 基本的な生理学的知識」。酸塩基平衡に苦手意識を持っていませんか?達人Dr.須藤のわかりやすい講義を聞けば、基本からサクサク頭に入ること間違いありません!

最終更新:2018/07/04

訪問診療同行時に医師に尋ねられたこと…はらこしなみの在宅訪問日誌

医師の訪問診療に同行したときに医師から尋ねられたことを紹介します。Dr:アサコールの簡易懸濁は?

最終更新:2018/07/04

医師の子供はやっぱり医師に?…宮本研のメディア×ドクターの視座

親が医師であることや、そのまた親も医師であることには、プラスとマイナスの両面があるのかもしれません。今回のテーマは「医師家系」です。

最終更新:2018/07/03

リンパ節転移陰性乳がんへの化学療法の必要性など/ASCO2018レポート

ASCO2018乳がんトピックを埼玉医科大学 総合医療センター ブレストケア科 矢形 寛氏が聴講レポート。現在そして今後の乳がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2018/07/03

ブリーズヘラーは1日1回でOK…吸入薬使い方ガイド

ブリーズヘラー(オンブレス、シーブリ、ウルティブロ)は、薬剤を見る、音を聞く、味を感じる、の3点で、患者さん自身が正しい吸入方法を確認できます。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/07/03

脂質代謝遺伝子の発現を調節する「パルモディア錠」…下平博士のDIノート

パルモディア錠は、フィブラート系薬に分類される高脂血症治療薬で、血中の中性脂肪を低下させるとともにHDL-コレステロールを増加させる作用が期待されています。下平先生が要点を解説します。

最終更新:2018/07/03

レセプトではあの記載漏れが査定される…レセプト査定の回避術

レセプトで、うっかりミスの査定は、もうなくしたいと思うもの。こうした査定について、櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)が、よくあるミスとその対策を、長年の経験を活かして解説します。

最終更新:2018/07/02

抗凝固薬特集スタート 見どころ紹介

7月より抗凝固薬特集が始まります。総監修の山下武志氏(心臓血管研究所所長)に、本特集の見どころをご紹介いただきます(動画)。

最終更新:2018/07/02

ST上昇心筋梗塞におけるFFR

FFR Club Japanの協力のもと、適切なPCIの推進に重要な役割を担う冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve:FFR)に関する最新論文を紹介していく。

最終更新:2018/07/02

飲酒後にラーメンが食べたくなる理由

アルコールはグリコーゲンを使って代謝されるので、糖分(炭水化物)が欲しくなります。とくにビールはカリウムを含むので、塩分も欲しくなります。体に惑わされないよう指導しましょう。(再掲)

最終更新:2018/07/02

抗凝固薬特集

抗凝固薬治療の現状の課題や最新知見について紹介してまいります。

最終更新:2018/07/01

高齢者糖尿病は何歳から?治療目的はどう変わる?

高齢者の糖尿病診療での迷いや疑問に対し、荒木厚氏ほか東京都健康長寿医療センターの先生方が回答する新連載。第1回は、年齢の捉え方と治療目的における若壮年者との違いを取り上げます。

最終更新:2018/06/29

重症だからこそ…重要度増す非専門機関の役割

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第2回は波多野将氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/06/29

有名な自己免疫疾患のあの皮膚症状(患者説明スライド)

蝶形紅斑で有名な全身性エリテマトーデスですが、手足のしもやけや脱毛などさまざまな皮膚症状もあります。本症の概要を1枚のスライドで説明します。

最終更新:2018/06/29

「この薬飲むと血圧はいつから下がるの?」~定常状態と薬の効果発現時間~…AMEE学習動画ピックアップ

「この薬飲むと血圧はいつから下がるの?」あなたは、患者さんが納得する明確な回答ができますか?定常状態と薬の効果発現時間を学びましょう。

最終更新:2018/06/29

大阪府北部地震:自宅編…Dr.中島の新・徒然草

大阪府北部地震レポート、今回は自宅編。震源地直下にある自宅の被害は、事前対策が功を奏し、最小限で済んだそう。大地震経験者のDr.中島だからこそ伝えられる震災の教訓とは。

最終更新:2018/06/28

ページ