コンテンツアーカイブ

患者を「見る」ことが何より大事なフィジカルアセスメント…週刊・川添ラヂオ

患者さんの薬効評価や副作用モニタリングで最も重要な方法は「見る」ことです。外見のちょっとした変化や仕草、そして患者さんの主張との食い違いなど、あなたの目で見た客観的情報を薬歴に残すことが大切です。

最終更新:2019/02/11

コンピュータが見逃さない査定項目とは…レセプト査定の回避術

今回は、敗血症や甲状腺機能低下症での検査、末梢神経障害でリリカを処方したら査定された事例を紹介します。解説は、櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)。

最終更新:2019/02/08

2018年 Best5 心房細動に関する総説・ガイドライン

小田倉弘典氏が独断で選んだ「2018年発表の心房細動に関する総説・ガイドラインベスト5」を紹介します。いずれも日々の診療に直結します。

最終更新:2019/02/08

ビタミンK値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

「納豆とか野菜に多いって言うけど、ビタミンKってなに?」そんな患者さんからの質問を検査値スライドでサポート。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/02/08

書籍紹介『呼吸器診療 ここが「分かれ道」』

毎日の呼吸器診療の場で、診断や鑑別、薬剤選択、さらには患者からの訴えへの対処法といった岐路に遭遇した場合、臨床経験が豊富な医師ならば、どう診療するかを整理した1冊。

最終更新:2019/02/08

糖尿病薬服用患者への5つの服薬指導ポイント

相互作用の防止方法、飲み忘れ時の対応、副作用が重篤に至らないための防止策など、糖尿病患者の服薬支援を行なううえで大切な5つのポイントを解説します。

最終更新:2019/02/08

人に見られて恥ずかしい○っぱい…Dr.中島の新・徒然草

何気ない自分の行動を誰かに驚かれると、急に恥ずかしさが湧いてきませんか?連想ゲームの発言もまた然り。今回はDr.中島の身近な赤面体験をお届けします。

最終更新:2019/02/07

2018年 心房細動論文 Best5

小田倉弘典氏が独断で選んだ「2018年発表の心房細動に関する論文ベスト5」を紹介します。いずれも日々の診療に直結します。

最終更新:2019/02/07

頭頸部がんとIO、HPV陽性中咽頭がん…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、頭頸部がんKEYNOTE-048試験、HPV陽性中咽頭がんRTOG1016試験について紹介。

最終更新:2019/02/07

結膜炎の予防には手洗いが大切…使える!服薬指導箋

手の汚れが目に入ることは、結膜炎の原因になります。予防するために、手指を清潔にする習慣を付けましょう。タオルなどの共用にも要注意です。

最終更新:2019/02/07

インフルエンザと風邪に勝つ!…実践型!食事指導スライド

インフルエンザが全国的に大流行しています。免疫力や抵抗力が低下すると、うつりやすく、症状もなかなか改善しませんよね。今回は、そんな流行を乗り切る食事の秘訣をお伝えします。

最終更新:2019/02/06

肺がん見落とし、一医師・一医療機関だけの問題ではない?

昨年、杉並区の健診クリニックで肺がんの見落としがあったことが報道されました。特別調査委員会のメンバーでもあるCOML山口育子氏が、受診者の立場から感じたことは?

最終更新:2019/02/06

第5回 呼吸数、脈拍、血圧の測定方法

簡便な自動血圧計でも注意は必要です。マンシェットを巻く前に、血液透析用の血管の手術(シャント手術)を受けていないかを確認しましょう。その場合は他方の腕で血圧を測定します。

最終更新:2019/02/06

「よりによって」って英語で?

会話の中で使おうと思ったときにとっさに出てこない、「英語では何て言うんだっけ?」に答える連載シリーズ。今回は「よりによって」です。

最終更新:2019/02/05

自分のタイミングで吸える喘息発作治療薬…吸入薬使い方ガイド

スイングヘラー(メプチン)は、ボタンを押すだけで準備でき、吸入器との同調も不要なため、誰でも使うことができます。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2019/02/05

年代により死因が異なる希少疾病

結節性硬化症は、全身の諸臓器に過誤腫性病変を起こす遺伝性疾患です。近年では、m-TOR阻害薬などの新しい治療薬も登場しました。本疾患の最新知見を大塚藤男氏が解説。

最終更新:2019/02/05

書籍紹介『大腸癌治療ガイドライン 医師用 2019年版』

今回は、内視鏡治療、手術治療、薬物療法などを改訂。とくに薬物療法では新たな分子標的治療薬・免疫チェックポイント阻害薬の承認で、治療アルゴリズムを一新。

最終更新:2019/02/05

国内初の慢性便秘症PEG製剤「モビコール配合内用剤」…下平博士のDIノート

本剤は、慢性便秘症に対する国内初のポリエチレングリコール(PEG)製剤で、小児や腎機能が低下した高齢者にも使いやすい薬剤として期待されています。下平秀夫氏が解説します。

最終更新:2019/02/05

意識障害で除外診断が功を奏する症候

今回は「意識障害」の続きとしてアルコール多飲の患者さんの事例です。単純に酩酊だと決めつけると、後で痛い目に遭うことも。診療のポイントを坂本壮氏が解説します。

最終更新:2019/02/04

術前心電図の本当の意味…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

心電図検査は非心臓手術の前にも行うのが当たり前。…ですが、術前に行う意味や価値はいったい何でしょうか?今回は、Dr.ヒロがその根拠を示しながら、状況に応じた対応について考えます。

最終更新:2019/02/04

Pages