コンテンツアーカイブ

書籍紹介『総合診療医の果たす役割』

51名の「スーパー総合医」が、自らの豊富な経験を元にさまざまな視点から、総合診療医として診療・教育・研究において果たすべき役割や今後の展望を詳述。

最終更新:2019/04/05

副作用でめまいが起こるメカニズム

ベンゾジアゼピン系薬剤や抗てんかん薬の副作用「浮動性めまい」が発現するメカニズムを学びます。薬によって、薬理学的にどのように症状が発現しやすくなるのでしょうか?

最終更新:2019/04/05

平成のビッグニュース

平成31年4月1日午前11時半。多くの日本人をドキドキ、ワクワクさせる重大ニュースが発表されました。皆さんは、どんなシチュエーションでこのニュースを知りましたか?Dr.中島はというと…。

最終更新:2019/04/04

残薬を相談しやすくなるスライド…使える!服薬指導箋

薬が余ってしまうことは珍しくありません。言い出しにくい内容を相談しやすいように、残薬調整などの薬局サービスの案内をしてみましょう。

最終更新:2019/04/04

飲み物でフレイル予防!…実践型!食事指導スライド

フレイル予防に欠かせないタンパク質は、食事だけでなく飲み物からも摂取できるんです。普段、何気なく飲んでいるものを思い出して、タンパク質が手軽に摂れるものに置き換えてみませんか?

最終更新:2019/04/03

書籍紹介『がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版 第2版』

抗がん薬を安全に使用するため、職業性曝露の基本的知識と、抗がん薬の調製・投与・廃棄などの場面で必要な曝露対策について解説。CQを20件に増やし、より具体的な曝露対策を示しました。

最終更新:2019/04/03

緊急度が高い?歩くと息が切れる、夜中に目が覚める高血圧患者2

「今日も血圧を測ってみよう」と訪問すると、かかりつけ医が先に到着していて診察を行っていました。訪問看護師もいます。そこには、ベッドに座り込んで苦しそうにしている患者さんがいました。

最終更新:2019/04/03

「だるい」って英語で?

「だるい」を表す表現はいくつかありますが、今回は「活気がない、気だるい」といった状況を表す言葉をご紹介。「風邪でだるい」ときにもよく使われる表現です。

最終更新:2019/04/02

副作用の強い分子標的薬の開始用量は?

常に進化する肺がん研究。進化の波に乗り遅れないために、要チェックの最新論文を和歌山県立医科大学 赤松弘朗氏がピックアップし紹介する。第6回は「副作用の強い分子標的薬の開始用量は?」。

最終更新:2019/04/02

無視していい不整脈…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

ある心電図を見たDr.ヒロはつぶやきました…「心臓がしゃっくりしてる」。 これは一体どういう意味なのでしょう? 最も遭遇率が高い不整脈の見分け方を知れば、思わず納得ですよ。

最終更新:2019/04/02

書籍紹介『がん患者におけるせん妄ガイドライン 2019年版』

がん患者におけるせん妄の基礎知識を総論として概説。さらに評価方法や薬物療法・非薬物療法などに関する9つの臨床疑問を設け、現場に即した指針を提示する一冊。

最終更新:2019/04/02

2つの作用で骨密度を改善する骨粗鬆症薬「イベニティ皮下注」…下平博士のDIノート

本剤は、国内初の抗スクレロスチン抗体製剤です。2つの作用(骨吸収抑制・骨形成促進)で骨密度を高め、骨折の危険性が高い骨粗鬆症患者の骨折リスクを低減することが期待されています。

最終更新:2019/04/02

アムロジン処方でよくあるうっかりミス…レセプト査定の回避術

今回は、肝硬変、心不全での検査でありがちな請求上の失敗、高血圧や筋筋膜性腰痛症治療でのケアレスミスで査定された事例を紹介します。解説は、櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)。

最終更新:2019/04/01

トクホでまず読むべきは摂取上の注意

トクホは、国により健康への有用性が認められていますが、あくまでも食品なので、薬ほどの効果はありません。患者さんには、摂取上の注意を理解したうえで使ってもらいましょう。(再掲)

最終更新:2019/04/01

書籍紹介『熱血講義!心電図 匠が教える実践的判読法』

心電図の異常所見を拾い上げたうえで、患者の訴えと他の所見を総合して病態を把握し、的確な治療につなげる「心電図の達人」への判読法をお届けします。

最終更新:2019/04/01

「処方見直しのプロセス」で1日11回の服用時点、どう見直す?…週刊・川添ラヂオ

昨年厚労省が示した「処方見直しのプロセス」のフローチャート。薬の数だけではなく、かかる医療機関の数や服用タイミングの回数など、患者さんの生活全体にかかわる見直しが大切です。

最終更新:2019/04/01

UA(尿酸)値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

「尿酸値が高いときは何に気を付けたらいいの?」そんな質問に、スライドを使って答えましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/03/29

牡蠣で嘔吐だからノロ?早とちりを防ぐために

第99回国家試験で「牡蠣を炭火で焼いて食べた人たちが頭痛、嘔吐及びめまいを起こした」という問題を、多くの受験生が間違えた。胃腸炎と一酸化炭素中毒の症状の違い、早とちりを防ぐための考え方を堀美智子氏が教えます。

最終更新:2019/03/29

専門医試験対策はトム・クルーズ気分で…Dr.中島の新・徒然草

診察の合間を縫って行う専門医試験対策。それ故にDr.中島は1分1秒も無駄にしたくないのだとか。そんな思いからひらめいたちょっぴりリスキーな秘策とは…?

最終更新:2019/03/28

書籍紹介『極めに・究める・神経筋疾患』

難しいと思われがちな神経筋疾患リハについて、「自信をもって治せる人」になるためのノウハウを1冊に凝縮。あなただけの「極めに、究める」施術をいつか実現してみましょう。

最終更新:2019/03/28

Pages