コンテンツアーカイブ

使ってみよう!こどもに漢方

嘔吐や下痢、発熱・くしゃみ鼻水といった一般的な症候にもよく効く漢方薬があります。今回は比較的小児に用いやすい漢方処方を症例に沿って解説します。

最終更新:2018/10/05

異世界に行き損ねた患者…Dr.中島の新・徒然草

「異世界に行ってみたい」と思うことはありませんか?そして、思う時はどんな時ですか?台風の影響によるけがで、記憶をなくした患者さんの思いがけないひと言に、Dr.中島も思わずビビります。

最終更新:2018/10/04

Precision Medicineの進化と遺伝情報の取り扱い…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、Precision Medicineの進化と遺伝情報の取り扱い。

最終更新:2018/10/04

糖尿病の治療・予防で口腔ケアは重要…使える!服薬指導箋

糖尿病の人が歯周病になりやすいことは知られていますが、歯周病が糖尿病の原因になることもあります。毎日の歯磨きと、歯科医院での定期クリーニングを続けましょう。

最終更新:2018/10/04

意外と勘違い? 糖質の多い食品…実践型!食事指導スライド

「糖質を控えましょう」と患者さんにお伝えする際に、思い浮かべる食品はなんでしょうか?炭水化物はもちろんのこと、意外や意外、実はこんな食材にも注意が必要なのです。

最終更新:2018/10/03

胸部X線クイズ 専門医も迷う上級編…CareNeTVチャンネル

Dr.長尾の胸部X線クイズ 上級編「第1回 画像だけでは気付けない」。超難問を読みこなすコツは、「病歴」と所見を組み合わせるスキル。1問5分のクイズで専門医の読影テクニックを身に付けましょう!

最終更新:2018/10/03

内科クリニックからのクラリスロマイシンの処方

咳が3週間ほど続き、ただの風邪ではないかもしれないと受診した患者に、内科クリニックからのクラリスロマイシンが処方されます。予想される原因菌はなんでしょうか?患者への対応について一緒に考えてみましょう。

最終更新:2018/10/03

ディスクヘラーは丸洗い可能…吸入薬使い方ガイド

デバイスに粉が詰まることがあるので、定期的に清掃しましょう。洗った後は、完全に乾燥させます。古くなったら新しいものと交換しましょう。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/10/02

高齢者にも使いやすい経口爪白癬治療薬「ネイリンカプセル100mg」…下平博士のDIノート

本剤は、薬物相互作用が少なく、休薬期間や服用時点の制限もないため、高齢者に多い爪白癬の新たな治療選択肢となることが期待できます。下平秀夫氏が要点を解説します。

最終更新:2018/10/02

リバウンドを繰り返す患者さんへのアドバイス…Dr.坂根の外来NGワード

ダイエットをしても、リバウンドしてしまっては努力が台無しになってしまいます。リバウンドの原因を明確にして、減量後の体重維持を目指すには?坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2018/10/01

新たな薬剤・デバイスで変わる心不全治療~後編

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/10/01

日々の食事に野菜を上乗せで健康効果

生活習慣病予防を目的とした5 A DAY運動では、1日に5皿(350g)の野菜摂取を目標に掲げています。品数を増やすと負担になるので、日々の食事にうまく取り入れていきましょう。(再掲)

最終更新:2018/10/01

誰もが納得する「院外処方の意義」…週刊・川添ラヂオ

「どうして院外処方にするんですか?」。この患者さんの質問に対して川添先生が考えた、必ず納得してもらえる答えとは?

最終更新:2018/10/01

高齢者の急な発熱と意識障害への対応

今回は、発熱による意識障害です。高齢者が何らかの感染により発熱。救急搬送される場合や外来で急に具合が悪くなるケースも。どんな対応が必要でしょうか?

最終更新:2018/09/28

検査値が気になる患者さんへ:カルシウム編(患者説明スライド)

獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修する検査値スライド(生化学検査編)で、患者さんの疑問をしっかりサポート。第2回はカルシウムです。

最終更新:2018/09/28

書籍紹介『緩和医療 がんの痛みは必ずとれる-在宅緩和ケアの現場から』

「トータルペイン」「全人的ケア」という考え方が重要ながんの緩和ケア。本書では、がんの最終段階を中心とした緩和ケアを現場視点で語ります。

最終更新:2018/09/28

なるほど!ポリファーマシーの着眼点…AMEE学習動画ピックアップ

ひとりの患者さんに対して、複数の医療機関から多くの薬剤が処方されていることがよくあります。なぜポリファーマシーになってしまうのでしょうか。

最終更新:2018/09/28

サルコペニア、悪液質と心不全との意外な関係

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。今回は石田純一氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/09/28

ほぼほぼ空冷エンジンで楽しむ、そこそこ旧車生活

多忙な診療をこなしながら、クルマを愛する、そんな医師のエッセイを紹介する。今回は高瀬義昌氏の「ほぼほぼ空冷エンジンで楽しむ、そこそこ旧車生活」。ノスタルジックな二輪と四輪について執筆いただいた。

最終更新:2018/09/28

悪条件の中の心肺蘇生と対応力…Dr.中島の新・徒然草

心肺蘇生用マネキンの製造会社でプレゼンを行った医師たち。互いの心肺蘇生への思いに理解を深めつつも、レールダル社から日本の働き方についてズシリと響く一言を受けます。その言葉とは…。

最終更新:2018/09/27

ページ