コンテンツアーカイブ

内科からのレボフロキサシンの処方(後編)

今回の処方において疑義照会の必要性や何に注意すべきか、他の薬剤の可能性も含め検討してみましょう。

最終更新:2018/12/05

「とりあえず」って英語で何て言う?

日本語では普通に使っている表現を英語で使おうとして咄嗟に出てこないこと、ありませんか? 出張先や旅行先できっと使える、「英語でなんて言うんだっけ?」に答える新連載です。

最終更新:2018/12/04

動画で学ぶインフルエンザの吸入薬…吸入薬使い方ガイド

ラニナミビル(イナビル)は、子供にも使えます。10歳未満の小児は、大人の半分の量なので注意が必要です。動画で正しい吸入法を確認しましょう。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/12/04

胎児へのトキソプラズマ垂直感染を抑制する抗原虫薬「スピラマイシン錠150万単位」…下平博士のDIノート

本剤は、妊娠中にトキソプラズマに初感染した妊婦が服用することで、胎児の先天性トキソプラズマ症の発症を抑制します。下平秀夫氏が要点を解説します。

最終更新:2018/12/04

医師が選んだ「今年の漢字」、2018年を象徴する一文字は?

年末の風物詩「今年の漢字」を医師が選ぶとどうなるか? CareNet.com医師会員にアンケートを実施し、選ばれた漢字TOP5を発表します!

最終更新:2018/12/03

最後にまるっと、レセプト総復習

ついに最終回を迎えた今回は、ここまで学んできた内容の総まとめです。要点をチェックし、定期的に復習すると良いかもしれません。これを読んだらあなたもレセプトマスターです!(再掲)

最終更新:2018/12/03

QRS電気軸の攻略法(入門編)…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

心電図学習において立ちはだかる大きな壁…それは、皆さんが一度は苦戦するQRS電気軸ではないでしょうか? 今回は第1回で登場した“心電図の読み型”を使った解決法をご紹介します。

最終更新:2018/12/03

10個のヒントで健康的な旅行計画

旅行に行くと体重が増えてしまう患者さんには、太らないためのヒントを10個覚えてもらいましょう。上手に計画すれば、ダイエットにつながるかもしれません。坂根直樹氏が解説します。(再掲)

最終更新:2018/12/03

薬剤師人生を10倍楽しむ方法…週刊・川添ラヂオ

薬剤師の仕事の大部分を占める調剤・投薬・薬歴。この時間が楽しくなる!暮らしが先にくる思考回路についてお話しします。

最終更新:2018/12/03

慢性便秘症特集

ガイドライン登場、新薬が続々登場するなか、便秘症治療はどう変わっていくのか?慢性便秘症に関する最新のトピックスをお届け。

最終更新:2018/12/01

検査値が気になる患者さんへ:ビタミンA編(患者説明スライド)

栄養成分としてなぜ必要? 獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修する検査値スライドを使えば、簡潔明瞭な説明に患者さんも納得です。

最終更新:2018/11/30

ESMO2018肺がんの目玉

ESMO2018肺がんのホットトピックを、静岡県立静岡がんセンター 釼持広知氏がレポート。

最終更新:2018/11/30

終末期、痛みのコントロールだけで良いのか?

自宅にて終末期を過ごす患者の夫が代理で来局。薬剤師は前回までの薬歴などを確認し、オピオイド鎮痛薬の処方に問題があることを見つけたが…。

最終更新:2018/11/30

こっちが面接されちまった…Dr.中島の新・徒然草

看護学校の面接業務でのこと。受験生が面接官に対し「どうしてこの職業を選んだのですか?」という質問をして、一同たじたじ。マンガ『ドラゴン桜2』になぞらえて答えたDr.中島の理由とは…?

最終更新:2018/11/29

薬物過量内服患者の診療の落とし穴

今回は、薬物の過量摂取への救急対応です。身体所見、諸検査の中で一番重要なものは何かを坂本壮氏が丁寧に説明。ケースによっては、胃洗浄が禁忌の場合もあるそうです。

最終更新:2018/11/28

内科からのレボフロキサシンの処方(前編)

気管支喘息のある患者さんに内科からレボフロキサシンが処方されます。予想される原因菌はメンバー全員一致しました。患者さんに確認する内容は、何がポイントになるのでしょうか。

最終更新:2018/11/28

診察室で出会うさまざまな同伴者…Dr.デルぽんの診察室観察日記

皮膚科には幅広い年齢層の患者さんが来るので、ときにはご家族などの同伴者と話をしなければならないことも。しかし、いつも協力的な人とは限りません。診察室でのひとコマを、デルぽん先生が描きました。

最終更新:2018/11/27

肺がん最近の3試験…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、肺がん最近の3試験、IMpower133、KEYNOTE-407、PACIFICについて解説。

最終更新:2018/11/27

クモ指などが特徴的な遺伝性疾患

マルファン症候群は、心血管系、眼系、骨格系にまたがる症状を呈する先天性結合組織疾患です。早期に介入すれば予後も良好な本疾患の最新知見を森崎裕子氏が解説します。

最終更新:2018/11/27

添付文書が薬の外箱に同梱されなくなる!

医薬品に同梱されていて当然と思っていた紙の添付文書。今後は紙の同梱が廃止され、製品の外箱に表記されたQRコードからアクセスするという電子的な入手方法が基本となります。この変更の背景や影響は?

最終更新:2018/11/27

Pages