コンテンツアーカイブ

詐欺に遭わないための3つのポイント…医師のためのお金の話

今回は、資産形成をするうえでリスクともなる犯罪被害、とくに詐欺についてお届けします。プロフェッショナルでもだまされる不動産詐欺の餌食にならないための3つのポイントとは。

最終更新:2018/12/12

ガイドライン発刊後、便秘症治療の“今”を考える

医師への調査結果を基に、横浜市立大学の中島淳氏が激動の便秘症治療の現状と期待を語る。

最終更新:2018/12/12

救急科からのノルフロキサシンの処方

フィリピンから帰国直後に激しい下痢に見舞われ救急で受診した患者に、ノルフロキサシンが処方されます。原因菌は何か?患者から確認すべきことや説明すべきポイントを一緒に考えてみましょう。

最終更新:2018/12/12

僧侶の医師…Dr.倉原の“俺の本棚”

倉原氏が自身の本棚から「これは!」とウナる本を毎月1冊ピックアップ。思わず読みたくなる“医書”を紹介します。第12回は「僧侶の医師」。

最終更新:2018/12/11

「お歳暮」って英語で何て言う?

今年もお歳暮の季節がやってきました。この日本独特の文化を海外のネイティブスピーカーに説明するとしたら、どんな表現が適切なのでしょうか?

最終更新:2018/12/11

胸腔鏡下stapler-and-loop techniqueの成績は?

胸腔鏡下stapler-and-loop techniqueは、NVAF患者の左心耳を迅速・安全・完全に閉塞しました。小田倉弘典氏が解説。

最終更新:2018/12/11

勤務薬剤師が同じ会社の他店で働いたら摘発?

「勤務薬剤師に複数店舗で薬剤師業務をさせた」として、薬機法違反となった事例が報じられました。何がダメなの!?と思ってしまうかもしれませんが、その意外な違反内容と対策をうさこ先生が考察します。

最終更新:2018/12/11

p値が小さいほど効果が大きいといえるか…統計のそこが知りたい!

同じ既存薬との比較試験でp=0.041とp=0.009で有意差が認められた2つの新薬。後者のほうが効果が大きいといえるでしょうか? 

最終更新:2018/12/10

スマホによる心房細動の診断精度は?

スマホやアップルウォッチによる心房細動の診断精度が検証され、JACC誌やCirculation誌に発表されました。的中率は95%超。

最終更新:2018/12/10

年齢による食事の意識改革

認知症予防には、食事管理も効果的です。中年は栄養を取り過ぎの傾向がありますが、逆に高齢になると不足がちです。良いものを食べるより、悪いものを取り過ぎない意識が必要です。(再掲)

最終更新:2018/12/10

管理薬剤師の兼業はなぜできないのか?

2018年11月、管理薬剤師が複数の薬局で薬事業務に従事していたとして、事業者の薬機法違反に対する行政処分が行われました。赤羽根秀宜氏が、管理薬剤師業務に関する法律について解説します。

最終更新:2018/12/10

秘伝「5+5チェック」 で仕事が楽しくなる…週刊・川添ラヂオ

店頭での投薬時、在宅訪問時、薬剤師の五感をフル活用できていますか?ちょっとした意識の変化があなたの薬剤師人生を10倍楽しくします!

最終更新:2018/12/10

チョコレートクッキーをあげると医学生からの講義の評価が上がる…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第128回は、「チョコレートクッキーをあげると医学生からの講義の評価が上がる」。

最終更新:2018/12/07

糖尿病の方には5つのワクチン接種を推奨(患者説明スライド)

ワクチンは肺炎や気管支炎などの感染症の重症化予防に大切です。とくに感染リスクが高い糖尿病の方には、ワクチンの接種歴の確認や接種推奨を行いましょう。

最終更新:2018/12/07

ステロイド外用剤「最強」に「中」追加はなぜ?

「ストロンゲスト」のステロイド外用剤を使用していた17歳の女性に、「マイルド」の製剤が追加されました。弱い薬への「切り替え」ではなく、「追加」した狙いとは何なのでしょうか。

最終更新:2018/12/07

医師が選んだ“10大ニュース”で2018年を振り返る

2018年も残りあとわずか。今年を振り返るべく、CareNet.com医師会員へ印象に残っているニュースについてアンケートを実施しました。これが今年の10大ニュース!

最終更新:2018/12/06

フレイルを改善させる運動指導、栄養指導…診療よろず相談TV

高齢化に伴い、話題となることが多い「フレイル」。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを6つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者は国立長寿医療研究センター 荒井秀典氏。

最終更新:2018/12/06

これは試験で聞かれるやろ…Dr.中島の新・徒然草

職員昇任試験でのこと。面接者は職場改善などをテーマにプレゼンを行います。しかし、彼らの思いは面接官であるDr.中島になかなか響きません。発表を聞く側の思いとは…?

最終更新:2018/12/06

手足症候群には保湿剤を使って症状緩和…使える!服薬指導箋

抗がん剤の副作用、手足症候群には、尿素を含まない保湿剤のほうが刺激感が少なくおすすめです。できる限り、皮膚への物理的刺激を避けてもらいましょう。

最終更新:2018/12/06

食べても良いケーキの選び方…実践型!食事指導スライド

ケーキはカロリーが高いおやつの代表格。今回は、季節柄どうしてもケーキが食べたくなる患者さんのために、カロリーが比較的少ないケーキの選び方をご紹介します。

最終更新:2018/12/05

Pages