コンテンツアーカイブ

「ケアネット白書~糖尿病編2018」医師500人の最新処方状況は?

糖尿病患者を月10例以上診察する、医師会員500人へのアンケート結果をまとめた「ケアネット白書~糖尿病編2018」。最新の薬剤処方状況や処方理由などを聞きました。

最終更新:2018/09/11

6千500例に1例ある新生児の難病

ファブリー病は、多彩な症状を示す疾患で、わが国では6千500例に1例発症すると報告されています。近年、治療の選択肢も増えた本症について衛藤義勝氏が解説します。

最終更新:2018/09/11

不適切な一般薬の販売が増加傾向 スイッチOTC化の障害となる?

一般薬の販売実態に関する厚生労働省の覆面調査の結果が公表されました。乱用の恐れがある一般薬の不適切な販売が増えているとのこと。薬局への信頼や今後のスイッチOTC化に影響はあるのでしょうか?

最終更新:2018/09/11

臨床試験でのn数の決め方、考え方…統計のそこが知りたい!

今回は、できるだけ少ないn数で、医学的に意味のある結果を示すための臨床試験のn数の設計を学習します。設計で必要な3つの要素は何だったでしょうか。

最終更新:2018/09/10

イチニエフ法…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

洞調律を判断するうえでは定義はもちろん、見極め方がとても重要です。第2回は診断に直結する、Dr.ヒロの“洞調律診断をものにする法則”を伝授します。

最終更新:2018/09/10

査定でひるまない! 再審査請求とは

査定内容に不服がある場合、再審査請求ができます。症状詳記の作成が必要となるので、3つのポイントで確認しておきましょう。提出は、通知到着から6ヵ月以内なので注意!(再掲)

最終更新:2018/09/10

すぐできる筋力テストで体力測定

自分の体力がわからない患者さんには、階段で簡単にできる筋力テストを行ってみましょう。3つのテストで、患者さんに適した運動強度がわかります。坂根直樹氏が解説します。(再掲)

最終更新:2018/09/10

処方提案、残薬調整の法的な位置付けは?

薬剤師の重要な任務である処方提案や残薬調整の法的な位置づけとは? 大学病院への付き添いをきっかけに、赤羽根秀宜氏が、薬剤師の業務を取りまく法律について解説します。

最終更新:2018/09/10

「在宅医療」は家に訪問することじゃない!…週刊・川添ラヂオ

在宅医療=薬剤師が訪問して薬を届けて服薬指導すること、ではない!と語気を強める川添先生。在宅医療の目的は何なのか?薬剤師は何をすべきなのか?熱く熱く語ります。

最終更新:2018/09/10

半数のヒトの口がクサい…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第122回は、「半数のヒトの口がクサい」。

最終更新:2018/09/07

寝不足も寝過ぎも生活習慣病の原因に!?(患者説明スライド)

睡眠時間が少ない人だけでなく、9時間以上眠る人にも血糖値や血圧に影響が出るという報告があります。生活習慣病リスクが高い方へお役立てください。

最終更新:2018/09/07

書籍紹介『エキスパートから学ぶ 皮膚病診療パワーアップ』

日常診療における重要な皮膚疾患について、診療上の「やるべきこと」「やってはいけないこと」が具体的に示され、診療のエキスパートの着眼点を学ぶことができる1冊。

最終更新:2018/09/07

Dr.小松のとことん病歴ゼミ

ここまで聞き出せれば、診断はつく!

最終更新:2018/09/07

重篤なのに主治医が休みなんてけしからん!? 働き方改革と患者側の意識

秋以降、厚労省の検討会では「医師の働き方改革」の議論が大詰めに。受診行動の変革など患者側の理解も不可欠とされるが、どうやって理解を促していけばよいのか。COML山口育子氏が探る。

最終更新:2018/09/06

台風21号と5つの教訓…Dr.中島の新・徒然草

チェービーと名付けられた台風21号が9月4日、大阪を直撃。地震などの自然災害と異なり、到達予測が可能な台風に対し、われわれが行うべき対策と医療施設への教訓をお届けします。

最終更新:2018/09/06

デュルバルマブ、肺がんCCRT維持療法使用にあたり…Dr.山本が解説

切除不能StageIII非小細胞肺がんの化学放射線同時療法の維持療法に免疫CP阻害薬が承認された。山本信之氏に聞く、化学放射線治療と免疫CP阻害薬の関係、治験アウトカム。

最終更新:2018/09/06

膀胱炎・腎盂腎炎の第1選択薬は?…Dr.清田が解説

診療よろず相談TVのバックナンバーから好評の回答をピックアップ。今回は、膀胱炎・腎盂腎炎の第1選択薬について。回答者は当該領域のスペシャリスト、 東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの清田浩氏。

最終更新:2018/09/06

胃酸分泌を抑えたいなら肉より魚の油…使える!服薬指導箋

魚の油には胃酸の分泌を抑制するとの報告があります。肉より魚を選んで、胃に優しい食生活を考えましょう。

最終更新:2018/09/06

心音聴診のポイントを総復習…Dr.平島のフィジカル教育回診

今回の「Dr.平島のフィジカル教育回診」は、心音の聴診を学習します。とくに心臓の解剖を意識しながら、心音がどこから、どのように聞こえてくるのか、丁寧に解説します。

最終更新:2018/09/05

アルコールを飲んだつもりでほろ酔い気分…実践型!食事指導スライド

「宴会は断れなくて」「勧められるとつい…」という糖尿病患者さんはいませんか?宴会気分を損なわず、お酒と見間違えるようなノンアルコールドリンクの作り方をご紹介します。

最終更新:2018/09/05

ページ