乾癬へのMTX高用量皮下投与は有効か/Lancet

提供元:
ケアネット

乾癬へのMTX高用量皮下投与は有効か/Lancetのイメージ

 中等度~重度の尋常性乾癬患者に対するメトトレキサート(MTX)の高用量皮下投与について、52週時点のリスクベネフィットは良好であることが、英国・マンチェスター大学のRichard B Warren氏らによる第III相の国際多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照試験の結果、示された。中等度~重度の尋常性乾癬治療においてMTXは使用頻度の高い全身性薬物の1つだが、その使用に関する高度なエビデンスは少なく、また投与は経口に限られていた。研究グループは、高用量皮下投与の有効性評価を目的に本検討を行った。Lancet誌オンライン版2016年12月21日号掲載の報告。

16週時点のPASI75達成患者の割合を評価
 試験は、ドイツ、フランス、オランダ、英国の16施設で行われ、18歳以上、慢性尋常性乾癬(ベースラインから6ヵ月以上)で、現在の疾患重症度は中等度~重度の、MTX未治療患者を適格とした。

 患者をコンピュータ無作為化法で2群に3対1の割合で割り付け、スタート時にMTX 17.5mg/週またはプラセボを16週間投与し、その後全患者にMTXを52週時点まで投与した(MTX-MTX vs.MTX-プラセボ)。また、8週時点の評価で、PASI50未達成の患者については、投与量を22.5mg/週まで漸増した(プラセボ群も同用量を漸増)。すべての治療群の患者には葉酸5mg/週が併用投与された。なお割付治療について、被験者、研究者共に16週まではマスキングされたが、その後はマスキングを外された。

 主要有効性エンドポイントは、16週時点の評価におけるPASI75達成患者の割合。解析は修正intention-to-treat集団(NRIを含む)にて行われた。

達成率プラセボ群10%に対しMTX群41%、忍容性も良好
 2013年2月22日~2015年5月13日に、計120例が、MTX投与群(91例)またはプラセボ投与群(29例)に無作為に割り付けられた。

 16週時点のPASI75達成率は、プラセボ群10%(3例)に対し、MTX群は41%(37例)であった(相対リスク:3.93、95%信頼区間[CI]:1.31~11.81、p=0.0026)。

 MTXの皮下投与の忍容性は概して高く、死亡および重篤感染症、悪性腫瘍または主要心血管イベントの報告はなかった。

 重篤な有害事象が記録されたのは、MTXを52週間続けて投与を受けた3例(3%)の患者であった。

 今回の結果を踏まえて著者は、「中等度~重度の尋常性乾癬患者へMTXを使用する場合は、投与ルートおよび高用量投与の予定について検討すべきである」とまとめている。

(ケアネット)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら