境界性パーソナリティ障害治療におけるω3脂肪酸とバルプロ酸併用

提供元:
ケアネット

境界性パーソナリティ障害治療におけるω3脂肪酸とバルプロ酸併用のイメージ

 境界性パーソナリティ障害(BPD)患者に対するオメガ3(ω3)脂肪酸の有効性について、いくつかのエビデンスが報告されている。以前行われたBPD患者43例を対象とした12週間のランダム化比較試験において、バルプロ… [続きを読む]

(鷹野 敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら