薬剤性QT延長症候群とは

  • 公開日:2015/09/30
提供持田製薬株式会社
企画・制作ケアネット

薬剤性QT延長症候群とは

QT延長は、致死性の多形性心室頻拍(Torsades de Pointes)などを誘発する可能性がある心電図所見です。

薬剤によるQT延長は薬剤性QT延長症候群と呼ばれ、さまざまな領域において、適正に使用される薬剤であってもQT延長のリスクが存在することがあります。

リスクを最小化しながら、それらの薬剤を臨床場面で役立てていくにはどのような点に気を付けるべきでしょうか。

QT延長の機序を交えながら、動画で解説します。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]