ニュース 医療一般

オピオイドの適正使用推進にオキシコンチンTR発売/塩野義製薬

 塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功)は、オキシコドン(商品名:オキシコンチン錠)の新剤形品として、乱用防止を目的とした「オキシコンチンTR錠」を2017年12月8日新発売した。

医療一般

生物学的製剤がSLE治療へ

 グラクソ・スミスクライン株式会社は、2017年11月28日、都内において「女性のライフコース選択に影響を及ぼす難病 全身性エリテマトーデス(SLE)治療における生物学的製剤への期待」をテーマにメディアセミナーを開催した。

医療一般

青年期におけるうつや不安の変化と精神病様症状体験との関連

 最近の横断研究では、精神病様症状体験(PLE:psychotic-like experience)が青年のうつ病や不安に関連していることが示唆されている。縦断研究において、PLEの持続により、青年のうつ病や不安がより重篤であることが観察されているが、PLEの出現や寛解に…

医療一般

低脂肪食による減量で肥満者が長生きに?

 肥満の人は低脂肪で飽和脂肪酸の摂取量を抑えた減量食を実践すると、運動の有無にかかわらず余命が延長する可能性のあることが新たなシステマティックレビューとメタ解析で示された。低脂肪食による食事介入で肥満成人の全死亡リスクは18%低減し、介入を…

医療一般

特定の血液型で大気汚染による心筋梗塞リスク上昇か

 微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染は、冠動脈疾患(CAD)患者が急性心筋梗塞などの急性冠症候群(ACS)を発症するリスクを高めると報告されている。このリスクが特に高い血液型が米インターマウンテン医療センター心臓研究所のBenjamin Horne氏らによ…

医療一般

眼科診療の全国的なデータベース構築へ、AI活用も

 眼科診療に関する全国規模のデータベースの構築に向けたプロジェクトを、日本眼科学会などが開始した。収集した情報を眼科医療の現場などで共有し、臨床研究・開発の推進やコスト削減などにつなげるのが目的。将来的には、集めたビッグデータと人工知能(A…

医療一般

不適切な医療情報は降格。Google、「医療・健康」の検索機能を改善

 Googleは2017年12月6日、ウェブマスター向け公式ブログで、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしたと発表。

医療一般

血小板輸血後に女児死亡、厚労省から注意喚起

 2017年11月29日、血小板製剤輸血による細菌感染が疑われていた症例について、患者の死亡が確認されていたことが、厚生労働省の有識者会議にて報告された。患者は、急性骨髄性白血病の再発に対する同種骨髄移植を受けた10歳未満の女児。移植の約1ヵ月後に、…

医療一般

統合失調症治療に用いられる抗精神病薬12種における代謝系副作用の分析

 抗精神病薬は、血糖に関して重大な代謝系副作用を発現させることがある。しかし、これら抗精神病薬の血糖値に対する影響を比較した、総合的な評価は行われていない。中国・吉林大学のYangyu Zhang氏らは、ネットワークメタ解析を行い、12種類の抗精神病薬…

医療一般

若年の糖尿病患者で心臓突然死リスク増

 50歳未満の若い糖尿病患者は、糖尿病がない同年代の人と比べて心臓突然死リスクは7倍、心臓病による死亡リスクは8倍に上るとするデンマークの研究結果が、米国心臓協会年次集会(AHA 2017、11月11~15日、米アナハイム)で発表された。

医療一般

日中できた傷は夜間の傷よりも治りが早い

 傷ややけどが治る速さには概日リズム(体内時計)が関与しており、日中にできた傷は夜間にできた傷よりも早く治癒することが英医学研究会議(MRC)分子生物学研究所のNathaniel Hoyle氏らによる研究で明らかになった。詳細は「Science Translational Medic…

医療一般

動脈スティフネスの進行度に遺伝的要因が影響か

 血管収縮因子であるエンドセリン(ET)受容体の遺伝子多型に特定のパターンを持つ人は、加齢に伴う動脈壁の硬化(動脈スティフネス)が増大しやすい可能性があることを産業技術総合研究所(茨城県)人間情報研究部門の菅原順氏らの研究グループが突き止め…

医療一般

C型肝炎治療は新たなステージに

 C型肝炎治療は近年のDAA登場により劇的な変化を遂げた。ただ、まだその恩恵に預かることができない患者がいることをご存知だろうか。今回新たな選択肢が登場したことは、患者にとって朗報となるかもしれない。

医療一般

てんかんとADHD合併の小児および青年における薬物療法の課題

 てんかんの小児および青年における罹病率は、3.2~5.5/1,000である。また、てんかん患者の約1/3は、ADHD症状を合併している。てんかんとADHDとの関連は、よくわかっていないが、不注意、多動、行動障害などのADHD症状は、しばしば抗てんかん薬の有害作用で…

医療一般

スタチン長期投与で頸動脈硬化進行を抑制

 スタチンの頸動脈内中膜複合体厚(IMT)の進行抑制効果は、脳梗塞の既往がない欧米人でのみ確認されている。今回、心原性脳梗塞症以外の脳梗塞を発症した日本人において、プラバスタチン(10mg/日、日本における通常用量)の頸動脈IMTへの影響を検討した結…

医療一般

「風邪による咳に効く薬はない」米学会が見解

 しつこい咳を抑える風邪薬を探し求めている人に、残念なニュースだ。市販されているさまざまな咳止めの薬から米国で「風邪に効く」とされているチキンスープといった民間療法まで、あらゆる治療法に関して米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会が文献のシ…

医療一般

加熱式たばこも血管に有害

 加熱式たばこ製品の「iQOS(アイコス)」は血管に悪影響を与えることが米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のグループによる研究で明らかになった。iQOSの蒸気に曝露したラットの血管内皮機能は、一般的な紙巻きたばこの煙に曝露したラットと…

医療一般

治療抵抗性うつ病に対する心理的サポートとしてのシロシビンの6ヵ月追跡調査

 最近の研究によると、幻覚系(psychedelic)ドラッグ補助的心理療法によるメンタルヘルスアウトカムの改善が報告されている。英国・インペリアル・カレッジ・ロンドンのR. L. Carhart-Harris氏らは、治療抵抗性うつ病に対するシロシビン(マジックマッシュ…

医療一般

ダニアレルギー対策は環境と免疫療法

 2017年11月21日、ダニアレルギー対策会は、都内においてダニアレルギー対策の啓発活動の一環として「知っておきたいダニアレルギー対策」をテーマに、メディアセミナーを開催した。セミナーでは、最新の診療情報の講演ほか、ダニアレルギー対策の各種製品…

医療一般

“新型タバコ”でタバコの害なくせますか?

 世界保健機構(WHO)によれば、世界では年間700万人がタバコ類の使用により命を落としている。また、禁煙の早期実施により肺がんの発生が少なくなることも明らかになり、タバコを巡る規制は世界的に強まっている。そのような中、電子タバコや非燃焼加熱式…

医療一般

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら