お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

マルファン症候群〔MFS:Marfan syndrome〕

マルファン症候群〔MFS:Marfan syndrome〕のイメージ

マルファン症候群は、心血管系、眼系、骨格系にまたがる症状を呈する先天性結合組織疾患です。早期に介入すれば予後も良好な本疾患の最新知見を森崎裕子氏が解説します。

最終更新:2018/11/27

男性医学を考える:第18回日本Men's Health医学会

男性医学を考える:第18回日本Men's Health医学会のイメージ

日本Men's Health医学会の協力のもと、第18回日本Men's Health医学会の演題を一部抜粋して紹介。今回は順天堂大学 堀江重郎氏による「男性医学2018」。

最終更新:2018/11/26

特発性肺線維症〔IPF : idiopathic pulmonary fibrosis〕

特発性肺線維症〔IPF : idiopathic pulmonary fibrosis〕のイメージ

特発性肺線維症は、1万人超の患者がいる難病です。長らく有効な治療薬がありませんでしたが、抗線維化薬が登場しました。本疾患の最新知見を杉山幸比古氏が解説します。

最終更新:2018/11/13

乳児血管腫(いちご状血管腫)〔infantile hemangioma〕

乳児血管腫(いちご状血管腫)〔infantile hemangioma〕のイメージ

乳児血管腫は、乳児期に頻度の高い腫瘍で、発生部位によっては予後悪化の原因になるものもあります。本疾患の最新知見を秋田定伯氏が解説します。

最終更新:2018/10/23

悪性関節リウマチ〔MRA:malignant rheumatoid arthritis〕

悪性関節リウマチ〔MRA:malignant rheumatoid arthritis〕のイメージ

悪性関節リウマチは、60代の女性に多く発症する難病です。とくに全身性動脈炎型では生命予後にも影響する本疾患の最新知見を有村義宏氏が解説します。

最終更新:2018/10/09

新たな薬剤、デバイスが続々登場する心不全治療(後編)【東大心不全】

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/10/01

サルコペニア、カヘキシア…心不全リスク因子の最新知識【東大心不全】

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。今回は石田純一氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/09/28

重症筋無力症〔MG : Myasthenia gravis〕

重症筋無力症は、眼症状から始まり次第に骨格筋の筋力が低下する難病で、予後は早期発見や治療介入により改善されつつあります。本疾患の最新知見を鵜沢顕之氏が解説します。

最終更新:2018/09/25

新たな薬剤、デバイスが続々登場する心不全治療(前編)【東大心不全】

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/09/24

黄色靭帯骨化症〔OLF:ossification of ligamentum flavum〕

黄色靭帯骨化症は、脊髄障害により歩行障害や横断性脊髄麻痺などを起こす難病です。高齢者に多いですが、野球の投手にもみられる本疾患の最新知見を大川淳氏が解説します。

最終更新:2018/09/24

Pages