お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第14回

次々と開発が進んでいるTAVIデバイス。今回はすでに欧州では広く使用されている自己拡張型デバイスのACURATE neoの臨床試験について解説します。

最終更新:2017/09/07

2017年度 総合内科専門医試験、直前対策ダイジェスト(後編)

9月10日に迫った総合内科専門医試験。直前対策問題の後編では、消化器、血液、神経、循環器、救急の領域に関する予想問題をピックアップしました。

最終更新:2017/09/05

会員医師が考える70歳までに貯めておくべき金融資産の額

CareNet.comでは、会員医師に「金融資産に関するアンケート」を実施。第2回は会員医師の理想の資産額と月々の貯蓄額をお届けします。

最終更新:2017/09/05

2017年度 総合内科専門医試験、直前対策ダイジェスト(前編)

9月10日に迫った総合内科専門医試験。試験対策のエキスパートが分析した出題傾向と詳細解説で、知識の最終確認をしておきませんか。

最終更新:2017/09/01

会員医師37%の金融資産が1,000万円未満

CareNet.comでは、会員医師に「金融資産に関するアンケート」を実施。今回、この結果をレポートします。第1回は会員医師の貯蓄額についてお届けします。

最終更新:2017/08/30

成人スティル病〔ASD: Adult Still's disease〕

スティル病はウイルス感染などを契機に発症する自己炎症性疾患です。今回診療ガイドラインが上梓されました。本症の最新知見について三村俊英氏が解説します。

最終更新:2017/08/29

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第13回

非弁膜症性心房細動における心原性脳塞栓症予防として、日本でも近い将来導入が期待されているWATCHMAN。13ヵ国47施設1,025例を対象とした試験の1年フォロー結果が発表された。

最終更新:2017/07/31

遺伝性出血性毛細血管拡張症〔HHT:hereditary hemorrhagic telangiectasia〕

遺伝性出血性毛細血管拡張症は、別名「オスラー病」といい、体のさまざまな部位に血管奇形が形成される遺伝性疾患です。本症の最新知見について小宮山 雅樹氏が解説します。

最終更新:2017/07/11

2017年度認定内科医試験、直前対策ダイジェスト(後編)

今週末に迫った認定内科医資格認定試験。知識のヌケモレはありませんか? 試験対策のエキスパートによる長年の分析で見えてきた「頻出ポイント」を最後に確認しておきませんか。

最終更新:2017/06/27

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第12回

新治療として期待される、Valve-in-Valve TAVIのレジストリ研究結果が発表され、明確なラーニングカーブの存在が明らかに。予後に寄与するほかの因子とは?

最終更新:2017/06/27

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら