お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第7回

肺静脈隔離術後の抗凝固療法中止で脳梗塞リスクが上昇する可能性をレジストリ研究が示唆。心房細動治療および脳梗塞予防に対し一石を投じる本結果を金子氏はどうみるのか?

最終更新:2016/12/26

高安動脈炎〔TAK : Takayasu Arteritis〕

「高安動脈炎」は、発見者の高安右人氏に由来する希少疾病です。若年女性、とくに20代での発症が多く、多彩な症状ゆえに治療も多岐にわたります。本症の最新知見を吉藤 元氏が解説。

最終更新:2016/12/20

ヘパリン起因性血小板減少症〔HIT:heparin-induced thrombocytopenia〕

「ヘパリン起因性血小板減少症」は、ヘパリンにより血小板が活性化され、血小板減少とともに、血栓や塞栓性疾患を併発する希少疾病です。最新知見を尾崎由基男氏が解説。

最終更新:2016/12/06

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第6回

左心耳閉鎖について各国のエキスパートが集まり、集中的に議論されるワークショップ、LAAフランクフルト2016。今、世界ではどのような点が重要視されているのか?

最終更新:2016/11/30

ABSORB臨床試験プログラムのグローバルリーダーGregg W. Stone氏

生体吸収性スキャフォールドの先駆的臨床試験であるABSORB臨床試験プログラムの最高責任者Gregg W. Stone氏にケアネットが単独インタビュー。

最終更新:2016/11/18

低ホスファターゼ症〔Hypophosphatasia〕

「低ホスファターゼ症」は、骨のくる病様変化と多彩な症状を示す難病ですが、昨年、初めての治療薬が発売されました。本症の最新知見を大薗恵一氏が解説。

最終更新:2016/11/15

線条体黒質変性症〔SND: striatonigral degeneration〕

「線条体黒質変性症」は、排尿障害などの自律神経障害や小脳失調、錘体路症状も伴う難病で、予後も発症後10年程度です。本症の最新知見を、吉田邦広氏が解説いたします。

最終更新:2016/11/01

医師の年収に関するアンケート2016 第4回 適正年収

「年収に関するアンケート」の結果発表、最終回は自分の業務内容・仕事量に見合うと思う年収額です。理想と現実のギャップはどのくらいあるでしょうか?

最終更新:2016/10/31

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第5回

世界的に急速に普及が進む経カテーテル大動脈弁置換術後の血栓症は「きわめてまれ」と言われてきた。しかし、最近の研究では新たな懸念として注目されてきている。

最終更新:2016/10/31

先端巨大症〔acromegaly〕

「先端巨大症」は、成長ホルモンの過剰分泌により生じる難病です。その特異な外見から気付きやすく、早期に治療を行えば、予後も良好です。本症の最新知見を、山田正三氏が解説いたします。

最終更新:2016/10/18

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら