お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

ABSORB臨床試験プログラムのグローバルリーダーGregg W. Stone氏

生体吸収性スキャフォールドの先駆的臨床試験であるABSORB臨床試験プログラムの最高責任者Gregg W. Stone氏にケアネットが単独インタビュー。

最終更新:2016/11/18

低ホスファターゼ症〔Hypophosphatasia〕

「低ホスファターゼ症」は、骨のくる病様変化と多彩な症状を示す難病ですが、昨年、初めての治療薬が発売されました。本症の最新知見を大薗恵一氏が解説。

最終更新:2016/11/15

線条体黒質変性症〔SND: striatonigral degeneration〕

「線条体黒質変性症」は、排尿障害などの自律神経障害や小脳失調、錘体路症状も伴う難病で、予後も発症後10年程度です。本症の最新知見を、吉田邦広氏が解説いたします。

最終更新:2016/11/01

医師の年収に関するアンケート2016 第4回 適正年収

「年収に関するアンケート」の結果発表、最終回は自分の業務内容・仕事量に見合うと思う年収額です。理想と現実のギャップはどのくらいあるでしょうか?

最終更新:2016/10/31

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第5回

世界的に急速に普及が進む経カテーテル大動脈弁置換術後の血栓症は「きわめてまれ」と言われてきた。しかし、最近の研究では新たな懸念として注目されてきている。

最終更新:2016/10/31

先端巨大症〔acromegaly〕

「先端巨大症」は、成長ホルモンの過剰分泌により生じる難病です。その特異な外見から気付きやすく、早期に治療を行えば、予後も良好です。本症の最新知見を、山田正三氏が解説いたします。

最終更新:2016/10/18

医師の年収に関するアンケート2016 第3回 年収額の妥当性

年齢と経験、診療科、勤務形態など、さまざまな要素の組み合わせで決まる年収額。現状の金額に、先生方がどのくらい納得できているのでしょうか?

最終更新:2016/10/17

多発性骨髄腫〔MM : multiple myeloma〕

「多発性骨髄腫」は、60代をピークに発症する造血器腫瘍で、治療困難な疾病ですが、近年では新治療薬の登場で少しずつ改善傾向にあります。本症の最新知見を、島崎千尋氏が解説いたします。

最終更新:2016/10/04

医師の年収に関するアンケート2016 第2回 アルバイト代

アルバイトしている医師は多いと聞きますが、実際どれくらいの医師がアルバイトしているのでしょう? アルバイト率やアルバイト代の結果は意外? それとも当然?

最終更新:2016/10/03

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第4回

日本での治験も終了し、近い将来の導入が予想されている僧帽弁不全症治療デバイスMitraClip。その基本情報とドイツの現状を紹介します。

最終更新:2016/09/28

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら