統合失調症患者の死亡率に関する30年間のフォローアップ調査

提供元:
ケアネット

統合失調症患者の死亡率に関する30年間のフォローアップ調査のイメージ

 最近の報告によると、統合失調症患者と一般人口の死亡率の格差は拡大していることが示唆されている。スウェーデン・カロリンスカ研究所のA. Tanskanen氏らは、1984~2014年のフィンランドにおける統合失調症患者… [続きを読む]

(鷹野 敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)