コンテンツアーカイブ

第50回日本癌治療学会学術集会レポート~泌尿器がん治療の過去と未来~

シンポジウム「泌尿器がん治療の過去と未来」における講演レポートをお届けします。

最終更新:2012/11/09

アトピー性皮膚炎の患者さん、先生の指示を守っていますか?

アトピー性皮膚炎治療の中心となるステロイド外用薬やタクロリムス軟膏等。 これら塗布剤の効果は、患者さんが「きちんと」塗って初めて発揮されるもの。 アドヒアランスの向上は常に頭を悩ませる問題かもしれません。今回は2012年8月にアトピー性皮膚炎に関する治療について質問しました。

最終更新:2012/11/09

AHA(米国心臓協会)2012 開催!! 速報配信中。

毎日、興味深い発表を速報にて配信します。今回はどのような研究が発表されるか? 再生医療や未来の高血圧「治療腎除神経術」など興味深い発表が目白押しです。

最終更新:2012/11/09

すぐに役立つ! 糖尿病診療エッセンス 第1弾:どう捉える!?血糖管理目標値

11月の特集は「糖尿病」です。漫然とSU薬、BG薬で診療を終えていませんか? 糖尿病の薬物治療も落とし穴がいっぱいあります。うまく回避しつつ、患者の治療に役立つポイントを学習していきます。

最終更新:2012/11/05

全米で屈指の有名病院が行う次の成長戦略は何か?

山本雄士ゼミの第6回をレポート!毎回、医師、医学生、社会人などが一つテーマを基に熱くディスカッションをしています。今回のケースは、ある病院のさらなる拡大、成長の戦略について。

最終更新:2012/11/02

初心忘れるべからず!再度確認したい「腎臓」のすべて!!

医学生向けのテキストでありながら、最新の知見を満載し、図表も多数使用し、コンパクトに解説。もう一度「腎臓」の機能、疾患を復習したいドクターにおくるベストなテキスト!!

最終更新:2012/11/02

第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会合同年会 レポート

2012年10月18日~20日に開催された日本臨床精神神経薬理学会。

最終更新:2012/11/01

コウノメソッドでみる 認知症診療

非専門のドクターが「認知症」を診療するのが当たり前の時代が、そこまで来ています。そんな高齢化社会の中で認知症診療に戸惑いを覚えるドクターに診療ができることを目的に本書は企画されました。

最終更新:2012/11/01

【在宅】 認知症診療マニュアル

240万にのぼるとも言われている認知症患者。病院だけでなく、居宅、特に地域でのサポートは喫緊の課題となっています。

最終更新:2012/11/01

認知症者の転倒予防とリスクマネジメント 病院・施設・在宅でのケア

高齢者の転倒事例は、病院、居宅でも問題となっており、転倒による骨折等は患者のQOLを著しく悪くさせ、介護者への負担も増やします。これが認知症の患者であれば、なおのこと解決が難しいのが現状です。

最終更新:2012/11/01

認知症診療Q&A 92

65歳以上の高齢者の10人に1人が認知症と推定される今日、好むと好まざるとにかかわらず日常診療でも認知症患者の診療を行う機会が増えてくると予想されています。

最終更新:2012/11/01

みんなで考える認知症―ほんとうの認知症医療を、みんなで考えよう

認知症は高齢者になれば、全員が罹る可能性を持つ疾患です。そして、認知症の看護には、多大な家族の負担が必要とされ、この看護、介護が大きな社会問題となっています。認知症に一人で立ち向かわない、悩まない、周りのサポートを活用し、みんなで解決の道を探ることをコンセプトに本書は、企画・制作されています。

最終更新:2012/11/01

日常診療で出会う高齢者精神障害のみかた

高齢化社会の中で認知症、うつ病、幻覚妄想、不安障害などなど多彩な精神疾患を訴える高齢者の患者が増えてきています。それは診療科を選ばず、かかりつけのドクターが端緒となることもしばしば。そんな病態の患者が来院した時に困らないように役立つのが本書です。

最終更新:2012/11/01

Clinical Neuroscience 認知症診療―New Standards

神経領域を主領域にする医師必読の月刊誌“Clinical Neuroscience”より「認知症診療」の登場です。本書は、毎回1つのメインテーマを中心に構成、臨床に必要な知識の基本から最新知見までを総合的な視点から啓発的にお届けしています。

最終更新:2012/11/01

アルツハイマー病の謎を解く

近年のアルツハイマー病の研究には目覚ましいものがあり、対症療法から進行抑止、そして、近い将来には治療を目指す創薬も期待されています。アルツハイマー病を知ることは、脳の老化を知ることであり、その研究は病理学を基礎としつつ、生化学・遺伝学などさまざまな領域とのコラボレーションによる複合的なアプローチによってオペレーションがなされています。その複雑な研究の最前線を整理し、表したのが本書です。

最終更新:2012/11/01

認知症テキストブック

2008年よりスタートした日本認知症学会の専門医制度につき、今後専門医取得を目指すドクターが、最低限知っておかなくてはいけない知識をまとめたテキストが本書です。診療機会が多くなる認知症について、それがアルツハイマー病なのか、脳血管障害由来のものなのか、鑑別がきちんとできる、適切な治療ができるようにと日本認知症学会が編集を行っています。

最終更新:2012/11/01

軽度認知障害(MCI)-認知症に先手を打つ

軽度認知障害(mild cognitive impairment:MCI)診療のために診断、治療、予防、管理について具体的に、わかりやすく解説したハンドブックです。

最終更新:2012/11/01

いきなり名医!日常診療で診る・見守る認知症 かかりつけ医が知っておきたいこと

厚生労働省の方針が、在宅重視へとシフトしている環境の中で、居宅や地域での高齢者の看護、介護がさらに重要となっています。

最終更新:2012/11/01

製薬メーカーの研究者の仕事の成果を考える白熱ゼミ!

山本雄士ゼミの第5回をレポート!毎回、医師、医学生、社会人などが一つテーマを基に熱くディスカッションをしています。今回のケースは、ある有名製薬メーカーの改革制度について。

最終更新:2012/10/31

医療補償制度の全体像と問題点を語る!

「医療関連無過失補償制度」をテーマに行われた医療法学シンポジウムの内容をレポート。医薬品、予防接種、産科などリスク領域での法律との関係を医師と弁護士がディスカッション!

最終更新:2012/10/26

Pages