コンテンツアーカイブ

患者への説明範囲の限界を探る!ここまで話さないと訴えられる!?

今では一般化した「インフォームドコンセントについて、医師に患者説明義務がどこまであるのかを、過去の裁判例からみていきます。その中には最新の医療情報ももちろん要求されています。解説は医師で弁護士の大磯義一郎氏が丁寧にレクチャー!

最終更新:2012/10/12

非専門医のための早わかり認知症講座 第2弾:アルツハイマー病

認知症の3人に2人がアルツハイマー病といわれています。その特徴は何なのでしょうか?シリーズ第2弾ではアルツハイマー病の診断のポイント、重症度や薬物治療について、非専門の先生方に役立つ情報をお届けします。

最終更新:2012/10/09

社会的に問題になった妊婦死亡事件を繰り返さない。「妊娠高血圧症候群(PIH)管理ガイドライン 2009」で学ぶ!

診療機会は少ないものの、放置すると危険は妊産婦の高血圧。本書では、その管理から経過観察、フォローまで学習できます。専門医が少ない今、非専門医も知っておかなくてはいけない知識を学ぶ。

最終更新:2012/10/05

「認知症」診療に関するアンケート第1弾~病名の告知~

とてもデリケートな問題となる病名の告知。他の先生方はどうされているのでしょうか?

最終更新:2012/10/04

【再掲載】シネマにみるメンタルヘルス「折り梅」

「折り梅」 認知症

最終更新:2012/10/01

【再掲載】シネマにみるメンタルヘルス「明日の記憶」

「明日の記憶」 若年性アルツハイマー病

最終更新:2012/10/01

非専門医のための早わかり認知症講座 第1弾:認知症の基本知識

認知症診療の基礎知識やトピックス、介護で使える実用的テクニックなど、非専門の先生方に役立つ情報をお届けします。シリーズ第1弾は疾患概要、スクリーニング方法や診断基準などを紹介いたします。

最終更新:2012/10/01

家庭血圧測定の指針 第2版

24時間の血圧測定は、心血管系の重大イベント発生を予防する大事な測定となります。家庭での血圧測定は、その核となるところ。普段の家庭内での血圧の動きがきちんと測定できるように本書は企画、制作されました。

最終更新:2012/10/01

高血圧治療ガイドライン2009 文献集

『高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)』に引用・記載された847文献のうち、ガイドライン等を除く736文献の簡易構造化抄録(エビデンス・テーブル)集を掲載。

最終更新:2012/10/01

高血圧治療ガイドライン2009ダイジェスト

『高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)』をコンパクトなダイジェスト版でお届け!本書は、JSH2009 の主要ポイントを抜粋することで、日常診療で使用しやすくなることを目的に制作されました。

最終更新:2012/10/01

高血圧治療薬ハンドブック 様々な病態に応じた,エビデンスに基づく薬の選び方

何十種類にもおよぶ降圧薬の特徴を全部覚え、相互作用・副作用に注意し、処方をする。なかなか全部はできないですね。そんな時に味方となるのが、各種降圧薬の解説、併用の注意点から合併症に応じた処方までをコンパクトに記載した本書です。

最終更新:2012/10/01

患者抄録で究める 循環器病シリーズ 高血圧

本書では、高血圧の成因・病態・合併症・患者指導・治療法などを、専門医レベルの診療知識の解説と患者抄録で学んでいくことができる。

最終更新:2012/10/01

実例と図説で納得!“24時間”完全血圧管理術

2008年4月から保険適応になったABPM(自由行動下24時間血圧測定)を取り上げ、効果的な降圧診療の戦略を綴った1冊。ABPMにより、点から線への血圧管理が可能となり、脳梗塞や心疾患などの重大なイベント発生の抑止に期待がされている。そんなABPMを利用していかに隠れた疾患を見抜き、治療を行っていくか、本書は指南するものである。

最終更新:2012/10/01

ガイドライン/ガイダンス 高血圧 こう診る・こう考える

ガイドラインと臨床を結ぶ「架け橋」として登場した本書では、「高血圧治療ガイドライン」(JSH2009)の中から、臨床現場で覚えておかなくてはいけない診療の要点をコンパクトに解説。

最終更新:2012/10/01

NIPPON DATAからみた循環器疾患のエビデンス

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」や「高血圧治療ガイドライン」で多数引用されている長期コホート研究 「NIPPON DATA」についての解説書。

最終更新:2012/10/01

あなたも名医!高血圧、再整理 がっちり押さえたい最新の診療方法

糖尿病や腎疾患など生活習慣に関係する疾患の患者の背後には、高血圧が見え隠れします。高血圧が起点となって起きる動脈硬化・心血管疾患の高リスクは、患者も診療する医師も避けたいもの!

最終更新:2012/10/01

高血圧診療Q&A 活用!家庭血圧&ABPM

診察室から家庭へ血圧測定機器などの発達により、血圧測定は今や「点から線へ」と変わりつつあります。血圧の日内変動の研究は、わが国がリードしてきたこともあり、血圧変動から脳血管障害などの重大イベントを予測する、治療することもできるようになってきました。本書では、高血圧診療というプライマリな疾患について、臨床現場で遭遇するさまざまな問題点や疑問点、トラブル、盲点についてQ&A形式でわかりやすく記載されています。

最終更新:2012/10/01

高血圧診療ハンドブック エビデンスに基づく,食事・運動・薬物療法の進め方

高血圧診療では、何が一番難しいでしょうか?リスクの評価、患者指導、薬剤選択……などいろいろと浮かんできます。本書には、JSH2009を取り入れた診療のノウハウがぎっしり詰められています。

最終更新:2012/10/01

高血圧治療ガイドライン2009

日常診療での診療機会が高頻度の「高血圧」。その「高血圧」への最適な診療を提供するための標準的な指針とその根拠を示したのが、本ガイドライン。

最終更新:2012/10/01

【再掲載】医学の進歩 この5年 認知症

医学の進歩 この5年 認知症 診療の進歩

最終更新:2012/10/01

Pages