オンラインセミナー 動画を中心に手軽に学べる 不得意な分野でも、動画で手軽にわかりやすく学べます。

心房細動 × 合併症

心房細動 × 合併症のイメージ

一般診療でも頻回に遭遇する心房細動。その治療は近年大きく進歩している。今回の対談では、一般診療で覚えておきたい心房細動の基礎を押さえつつ、最新情報を紹介する。

最終更新:2017/06/07

地域医療と大学医局 その役割とやりがい

地域医療と大学医局 その役割とやりがいのイメージ

地域医療における大学医局の役割とは?都会では想像できない厳しい医療事情のなかで、岩手医科大学循環器内科はどのように取り組んでいるのか。森野 禎浩氏に聞いた。

最終更新:2017/03/13

PAD

PADのイメージ

世界的に増加している下肢動脈閉塞PAD。血管内治療は今後どう進化していくのか?

最終更新:2016/12/28

抗凝固療法中の患者に対する血圧管理の重要性

抗凝固療法中の患者に対する血圧管理の重要性のイメージ

抗凝固薬服用中に重要となる「血圧管理」。なぜ血圧管理が重要なのか、血圧はどこまで下げるべきなのか?伏見AFレジストリ研究代表者の赤尾先生にご解説いただきます。

最終更新:2016/12/14

Cutting Edge:左心耳閉鎖術

Cutting Edge:左心耳閉鎖術のイメージ

心房細動の血栓の9割が生じる左心耳を閉鎖して脳梗塞予防する新たな治療「左心耳閉鎖術」。ドイツで実際の手技をこなす金子英弘氏に不整脈のオーソリティ青沼和隆氏が聞く。

最終更新:2016/12/07

PCIの最適化「AUC」

日本のPCIの適正化「AUC」はどうなるのか?その実現に携わる福岡山王病院 横井宏佳氏に北里大学 阿古 潤哉氏が聞く。

最終更新:2016/11/02

現状のTAVI、今後のTAVI

数多くのTAVIを実施している上妻 謙氏に阿古 潤哉氏が聞く。TAVIの研究成果はどうか?TAVIの適応など今後の方向性はどうなるのか?

最終更新:2016/09/30

冠動脈ステント最新知見

DESの進化、ポリマーの生体吸収化、生体吸収性スキャフォールドの登場。冠動脈ステントはどのように進化していくのか?阿古 潤哉氏と上妻 謙氏が最新情報を紹介する。

最終更新:2016/09/12

CLIの創傷治癒を改善した足首以下の血行再建「RENDEZVOUSレジストリ」ダウンロード版

investigator仲間達也氏の厚意により、重症下肢虚血「RENDEZVOUSレジストリ」解説のダウンロード版を公開。

最終更新:2016/09/02

BRSの現状と今後の期待

生体吸収性スキャフォールド、初代Absorbに続き欧州ではすでに4製品が認証を受けている。第2世代のBRSはどう進歩しているのか?エラスムス大学 小沼 芳信氏の欧州での知見を中心に、中澤 学氏、大塚 文之氏が最新情報を紹介する。

最終更新:2016/08/19

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら