タバコは「嗜好品」と言えるのか(患者説明用)

タバコは「嗜好品」と言えるのか(患者説明用)のイメージ

酒やコーヒーなどと並ぶ「嗜好品」の1つとされるタバコ。しかし、周囲への健康被害をもたらす点で、同等に考えて良いのかを今一度考えてもらうためのスライドです。

最終更新:2017/01/20

インフル迅速検査擬陽性、陰性例への対処…Dr.岡部が解説

インフル迅速検査擬陽性、陰性例への対処…Dr.岡部が解説のイメージ

今回のテーマは「インフルエンザ」。 回答者は当該領域のスペシャリスト川崎市健康安全研究所 所長 岡部信彦氏です。

最終更新:2017/01/19

"免疫チェックポイント阻害薬の論評が変わってきた…侍オンコロジスト "

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2016/12/27

喫煙と関連している10のがん種(患者説明用スライド)

喫煙と関連している10のがん種(患者説明用スライド)のイメージ

さまざまな疾病リスクとの関連性が指定される喫煙。厚生労働省がまとめた、因果関係が「確実」とされる10のがん種を知り、禁煙を促すきっかけにしましょう。

最終更新:2016/12/19

インフルエンザの次のワクチン接種は(患者説明スライド)

インフルエンザの次のワクチン接種は(患者説明スライド)のイメージ

インフルエンザのワクチンは、医療機関の呼びかけで、よく実施されています。さらに、高齢者に受けてもらいたいのは肺炎球菌です。両方の接種は症状の悪化を防ぐようです。

最終更新:2016/12/19

クリスマスツリーの誤嚥にご注意…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を月2回紹介。第81回は、「クリスマスツリーの誤嚥にご注意を」。

最終更新:2016/12/16

がん種別の死亡率を患者さんに伝える

患者さんに、がん種別の死亡率をお伝えするために説明用ビジュアルエイドを作りました。2014年のデータです。

最終更新:2016/12/13

主ながんの発症率を患者さんに伝える

1年間に新たにがんと診断される患者数を示します。2012年のデータです。

最終更新:2016/12/09

3つの事を実践し、インフルや肺炎を予防(患者説明スライド)

高齢者にとって、冬場はインフルエンザや肺炎に感染しやすい季節です。一度かかると、最悪の事態も考えられます。毎日、家でできる3つの予防リストを紹介。

最終更新:2016/12/09

卒煙促す5つのメッセージ(患者説明用)

タバコをやめたいけれどなかなか実行できない。そんな患者の気持ちと行動を後押しする5つのメッセージ「楽々卒煙あいうえお」を伝えるスライド。

最終更新:2016/11/18

糖尿病患者の喫煙、死亡リスクが1.6倍(患者説明用)

糖尿病患者が喫煙を続けると死亡リスクは1.6倍に。しかし禁煙するとリスクは低下します。糖尿病患者さんの禁煙指導にお役立てください。

最終更新:2016/11/15

受動喫煙で肺がんリスクが1.3倍に

日本人における受動喫煙の相対リスクを示した患者説明用スライドです。家族のいる喫煙者に禁煙を勧めるときにご利用ください。

最終更新:2016/11/08

Dr.長尾の胸部X線ルネッサンス

3次元CGで肺をとらえろ!ベストティーチャーがX線の価値を蘇らせる!

最終更新:2016/11/07

違う意味でのDNR?研修フェローの採用…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2016/11/04

禁煙を応援してくれる人を味方に(患者説明用)

孤軍奮闘で禁煙に取り組む必要はありません。周囲の理解者の励ましが、禁煙継続の支えになることを患者さんに知ってもらうためのスライドです。

最終更新:2016/10/28

病院の収入、38億の見込み違い!?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2016/10/27

書籍紹介『耳・鼻・のどの危険なサイン』

35の耳鼻咽喉科疾患の主訴を網羅し、外来で潜む危険なサイン、診療上見落としてはならないポイントを詳述。とくに見逃しやすい疾患は、具体的な症例で、診断ポイントを掲載。

最終更新:2016/10/25

禁煙の失敗も貴重な経験に(患者説明用)

長年の習慣を止めるには苦労や失敗がつきもの。禁煙に一度失敗したとしても、再度チャレンジすることの重要性を患者さんに知ってもらうスライドです。

最終更新:2016/10/21

禁煙にも正しい知識と理解を(患者説明用)

タバコがいかに有害かについての知識と理解があれば、禁煙しようという強い動機になるはずです。正しい教育の必要性を患者さんに知ってもらいましょう。

最終更新:2016/10/14

侍オンコロジスト、大統領選TV討論会を見る

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2016/10/11

ページ

会員の方へ

ログインID
パスワード

IDとパスワードをお忘れの方はこちら

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら