最新の肺がん薬物治療…Dr.坪井が解説

最新の肺がん薬物治療…Dr.坪井が解説のイメージ

今回のテーマは「最新の薬物治療について」。回答者は当該領域のスペシャリスト、国立がん研究センター東病院 呼吸器外科の坪井 正博氏です。

最終更新:2017/06/22

肺がん特集ページがオープン! ASCO2017情報も満載

肺がん特集ページがオープン! ASCO2017情報も満載のイメージ

進化する肺がん治療の情報をひとまとめにしました。ASCO2017など最新情報も更新していきます。

最終更新:2017/06/20

気管支喘息の治療スタンダードは?

気管支喘息の治療スタンダードは?のイメージ

「プライマリ・ケアの疑問 Dr.前野のスペシャリストにQ!(呼吸器編)第1回 気管支喘息治療のスタンダードは?」前野 哲博氏がプライマリ・ケア医視点で厳選した呼吸器疾患に関する疑問に、長尾 大志氏がズバリとお答えします。治療薬の進歩で気管支喘息の治療スタンダードは変わってきています。治療の原則と併せて、最も効果がある処方例をお教えいたします!

最終更新:2017/06/14

現地速報「ASCO2017肺がん」

現地速報「ASCO2017肺がん」のイメージ

6月2日から6日まで開催されたASCO2017の肺がんトピックを、国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 堀之内 秀仁氏が、現地シカゴからオンサイトレビュー。

最終更新:2017/06/08

認定内科医試験対策 特別セット BINGO+ベーシック <7巻セット>

認定内科医試験対策 特別セット BINGO+ベーシック <7巻セット>のイメージ

単品購入よりお得な全7巻セット

最終更新:2017/06/07

ASCO2017開催直前見どころ紹介…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、今年のASCOの見どころを紹介。

最終更新:2017/06/01

ASCO2017開催地シカゴのオイシイ情報

ケアネットでは、学会に参加しながら米国第2の都市シカゴをお楽しみいただくため、会員の方々から現地の名所、おすすめのレストランなどを募集しましたのでご紹介します。

最終更新:2017/05/31

じわじわと心配になる鳥インフルエンザ

今回は、ニュースでも報道されることが多い「鳥インフルエンザ」です。現在も中国で症例報告が続いていますが、いつわが国で流行するとも限りません。現在の状況を忽那 賢志氏がレクチャーします。

最終更新:2017/05/29

受動喫煙で乳幼児突然死症候群のリスク増加(患者説明用)

乳幼児突然死症候群の発症リスクは、うつぶせ寝よりも保護者の喫煙によって高まるという調査結果を紹介。乳幼児を持つ患者さんへの指導にご利用ください。

最終更新:2017/05/26

キレイな吸い殻こそ要注意!(患者説明用)

火を使わない新型タバコは、吸い殻も一見キレイに見える。しかし、そのために子供が誤って口に入れるなどの事故が報告されていることを説明するスライド。

最終更新:2017/05/19

新型タバコは禁煙への第一歩にならない(患者説明用)

「卒煙」への足掛かりとして新型タバコに切り替える人も多い。しかし、ひとたび高価な本体を購入してしまうと、逆にいつまでも吸い続ける悪循環に陥ることを説明します。

最終更新:2017/05/12

新型タバコにも有害物質は含まれる(患者説明用)

従来のタバコより大幅に有害物質を減らしたことをうたう新型タバコ。しかし、少ない中にも確実に有害物質は含まれ、疾患リスクは変わらないことを説明します。

最終更新:2017/05/05

書籍紹介『咳のみかた、考えかた』

咳をテーマに、診療する前の鉄則、診断ツール、各疾患の各論、鎮咳薬の使い方、実際の戦略の組み立て、著者が出会った珍しい咳嗽など、「咳」についてあらゆる角度から徹底的に解説。

最終更新:2017/05/04

眼病変から発見される場合が多い難病

サルコイドーシスは、多彩な症状を示すことから、診療が複数の診療科にまたがる希少疾病です。2015年にはわが国の診断の手引きなどが改訂されました。こうした最新の知見を猪俣 稔氏が解説します。

最終更新:2017/05/02

米国の医師は本当にガイドラインを守っているの?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/05/01

医師以外のリソースも活用するSocial Prescriptionとは?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/04/14

書籍紹介『あなたも名医! 成人吸入薬のすべて』

発売数も増え、入れ替わりが激しい「吸入薬」。患者さんの吸入アドヒアランスを高めるために「どんなデバイスを選ぶとよいのか」を著者が懇切丁寧に解説いたします。

最終更新:2017/04/13

書籍紹介『ポケット呼吸器診療2017』

2017年版の改訂では、変更部分の色付けを行い、ガイドラインなどの情報もアップデート。各項目の記述もさらに充実しました。診療現場で必携の1冊。

最終更新:2017/04/12

太りたくないから禁煙できない!?(患者説明用)

禁煙後の体重増加と、喫煙を続けた場合に寿命に与える影響について説明。たとえ体重が増えたとしても、禁煙によって身体は健康に近づくことを伝えます。

最終更新:2017/04/07

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス

“小児診療あるある”への正しい対処と落ちつかせる説明

最終更新:2017/04/07

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら