太りたくないから禁煙できない!?(患者説明用)

禁煙後の体重増加と、喫煙を続けた場合に寿命に与える影響について説明。たとえ体重が増えたとしても、禁煙によって身体は健康に近づくことを伝えます。

最終更新:2017/04/07

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス

“小児診療あるある”への正しい対処と落ちつかせる説明

最終更新:2017/04/07

Dr.たけしの本当にスゴい症候診断3

あなたの外来が変わる! 主要20症候への“根拠あるアプローチ” Dr.たけし流 新世代診断学 集大成

最終更新:2017/04/07

腸内細菌叢が変わると免疫チェックポイント薬の効果が変わる?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/04/03

2020年を目標に禁煙達成を(患者説明用)

国際オリンピック委員会は、タバコのない五輪を行うことを表明しています。東京大会が開催される2020年を目標に禁煙へのモチベーションを上げてもらいましょう。

最終更新:2017/03/31

狭い飲食店でもタバコは吸わない(患者説明用)

禁煙になっていない空間が狭い店ほど、受動喫煙の被害につながりやすいことを伝えるスライドです。

最終更新:2017/03/24

タバコに含まれる環境汚染物質(患者説明用)

ヒ素やカドミウムなど、毒物や劇物として知られる物質がタバコにも含まれています。公害問題にもなる環境汚染物質を喫煙で取り込んでいる危険性を知ってもらいます。

最終更新:2017/03/17

Dr.香坂のアカデミック・パスポート 「文献の引き方」から「論文の書き方」まで

学術的知見を臨床に生かせる 臨床の実践を研究につなげる そんな医者(Academic doctor)になろうぜ!

最終更新:2017/03/07

(再掲)縦覧点検で検査歴がわかり査定

腫瘍マーカーの検査が、算定要件誤りで査定された事例です。算定上、回数に限りのある検査について、注意点を解説します。

最終更新:2017/02/28

書籍紹介『動脈血液ガス 一刀両断!』

前半で呼吸と酸塩基平衡の基本的概念を理解し、後半では症例を通して、動脈血液ガスの解釈を学習します。動脈血液ガスの異常を多くのパターンで学び、同時に症例を基にした問題演習で鍛えることができる1冊。

最終更新:2017/02/28

書籍紹介『肺癌診療ガイドライン 2016年版 第4版』

今回の改訂では免疫チェックポイント阻害剤をはじめ、各種新薬承認を反映。また、悪性胸膜中皮腫および胸腺腫瘍診療ガイドラインも含んで、EBM手法に基づいた効果的・効率的な診断・治療法を体系化。

最終更新:2017/02/23

肺がんイムノチェックポイント阻害薬 まとめ…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/02/17

書籍紹介『がん免疫療法ガイドライン』

がん免疫療法の基本、免疫関連有害事象の管理、各癌腫に対する免疫療法のエビデンスについて最新の情報をまとめた1冊。

最終更新:2017/02/16

火のない所にも水煙は立つ(患者説明用)

火を使わず、煙やにおいがほとんど出ないことがウリの新型タバコ。しかし、その代わりに排出される水蒸気には、少量ながらも有害物質が含まれることを説明します。

最終更新:2017/02/10

健全なるチーム医療は健全なる精神に宿る…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/02/06

新型タバコブームは日本だけ?(患者説明用)

入荷待ちになるほど国内でブームとなっている新型タバコ。ところが海外では事情が異なるようです。その理由を知り、改めて禁煙の動機付けをするためのスライドです。

最終更新:2017/02/03

肺腺がんも発症の陰にタバコあり(患者説明用)

従来、タバコとは無関係と言われてきた肺腺がん。近年、低タールタバコの普及とともに発症率が増加していることから、タバコと無関係ではないと認識が改められています。

最終更新:2017/01/27

脳転移、せん妄…緩和ケアの話…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/01/23

タバコは「嗜好品」と言えるのか(患者説明用)

酒やコーヒーなどと並ぶ「嗜好品」の1つとされるタバコ。しかし、周囲への健康被害をもたらす点で、同等に考えて良いのかを今一度考えてもらうためのスライドです。

最終更新:2017/01/20

"免疫チェックポイント阻害薬の論評が変わってきた…侍オンコロジスト "

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2016/12/27

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら