じわじわと心配になる鳥インフルエンザ

今回は、ニュースでも報道されることが多い「鳥インフルエンザ」です。現在も中国で症例報告が続いていますが、いつわが国で流行するとも限りません。現在の状況を忽那 賢志氏がレクチャーします。

最終更新:2017/05/29

受動喫煙で乳幼児突然死症候群のリスク増加(患者説明用)

乳幼児突然死症候群の発症リスクは、うつぶせ寝よりも保護者の喫煙によって高まるという調査結果を紹介。乳幼児を持つ患者さんへの指導にご利用ください。

最終更新:2017/05/26

キレイな吸い殻こそ要注意!(患者説明用)

火を使わない新型タバコは、吸い殻も一見キレイに見える。しかし、そのために子供が誤って口に入れるなどの事故が報告されていることを説明するスライド。

最終更新:2017/05/19

新型タバコは禁煙への第一歩にならない(患者説明用)

「卒煙」への足掛かりとして新型タバコに切り替える人も多い。しかし、ひとたび高価な本体を購入してしまうと、逆にいつまでも吸い続ける悪循環に陥ることを説明します。

最終更新:2017/05/12

新型タバコにも有害物質は含まれる(患者説明用)

従来のタバコより大幅に有害物質を減らしたことをうたう新型タバコ。しかし、少ない中にも確実に有害物質は含まれ、疾患リスクは変わらないことを説明します。

最終更新:2017/05/05

書籍紹介『咳のみかた、考えかた』

咳をテーマに、診療する前の鉄則、診断ツール、各疾患の各論、鎮咳薬の使い方、実際の戦略の組み立て、著者が出会った珍しい咳嗽など、「咳」についてあらゆる角度から徹底的に解説。

最終更新:2017/05/04

眼病変から発見される場合が多い難病

サルコイドーシスは、多彩な症状を示すことから、診療が複数の診療科にまたがる希少疾病です。2015年にはわが国の診断の手引きなどが改訂されました。こうした最新の知見を猪俣 稔氏が解説します。

最終更新:2017/05/02

米国の医師は本当にガイドラインを守っているの?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/05/01

医師以外のリソースも活用するSocial Prescriptionとは?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/04/14

書籍紹介『あなたも名医! 成人吸入薬のすべて』

発売数も増え、入れ替わりが激しい「吸入薬」。患者さんの吸入アドヒアランスを高めるために「どんなデバイスを選ぶとよいのか」を著者が懇切丁寧に解説いたします。

最終更新:2017/04/13

書籍紹介『ポケット呼吸器診療2017』

2017年版の改訂では、変更部分の色付けを行い、ガイドラインなどの情報もアップデート。各項目の記述もさらに充実しました。診療現場で必携の1冊。

最終更新:2017/04/12

太りたくないから禁煙できない!?(患者説明用)

禁煙後の体重増加と、喫煙を続けた場合に寿命に与える影響について説明。たとえ体重が増えたとしても、禁煙によって身体は健康に近づくことを伝えます。

最終更新:2017/04/07

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス

“小児診療あるある”への正しい対処と落ちつかせる説明

最終更新:2017/04/07

Dr.たけしの本当にスゴい症候診断3

あなたの外来が変わる! 主要20症候への“根拠あるアプローチ” Dr.たけし流 新世代診断学 集大成

最終更新:2017/04/07

腸内細菌叢が変わると免疫チェックポイント薬の効果が変わる?…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。

最終更新:2017/04/03

2020年を目標に禁煙達成を(患者説明用)

国際オリンピック委員会は、タバコのない五輪を行うことを表明しています。東京大会が開催される2020年を目標に禁煙へのモチベーションを上げてもらいましょう。

最終更新:2017/03/31

狭い飲食店でもタバコは吸わない(患者説明用)

禁煙になっていない空間が狭い店ほど、受動喫煙の被害につながりやすいことを伝えるスライドです。

最終更新:2017/03/24

タバコに含まれる環境汚染物質(患者説明用)

ヒ素やカドミウムなど、毒物や劇物として知られる物質がタバコにも含まれています。公害問題にもなる環境汚染物質を喫煙で取り込んでいる危険性を知ってもらいます。

最終更新:2017/03/17

Dr.香坂のアカデミック・パスポート 「文献の引き方」から「論文の書き方」まで

学術的知見を臨床に生かせる 臨床の実践を研究につなげる そんな医者(Academic doctor)になろうぜ!

最終更新:2017/03/07

(再掲)縦覧点検で検査歴がわかり査定

腫瘍マーカーの検査が、算定要件誤りで査定された事例です。算定上、回数に限りのある検査について、注意点を解説します。

最終更新:2017/02/28

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら