若年時の血圧高値、中年以降CVイベントを招く?/JAMA

提供元:
ケアネット

若年時の血圧高値、中年以降CVイベントを招く?/JAMAのイメージ

 40歳未満の若年成人で、米国心臓病学会(ACC)/米国心臓協会(AHA)ガイドライン2017の「正常高値」「ステージ1高血圧」「ステージ2高血圧」の該当者は、正常血圧者と比較し、その後の心血管疾患(CVD)イベントのリスクが有意に高いことが示された。米国・デューク大学の矢野 裕一朗氏らが、前向きコホート研究「Coronary Artery Risk Development in Young Adults(CARDIA)研究」の解析結果を報告した。これまで、若年成人の血圧と中年期のCVDイベントとの関連についてはほとんど知られていない。著者は、「ACC/AHA血圧分類は、CVDイベントリスクが高い若年成人を特定するのに役立つと考えられる」とまとめている。JAMA誌2018年11月6日号掲載の報告。

18~30歳の約5千人を30年追跡、血圧分類4群のCVDイベント発生を評価
 CARDIA研究は、米国4都市(アラバマ州バーミングハム市、イリノイ州シカゴ市、ミネソタ州ミネアポリス市、カリフォルニア州オークランド市)の施設において、18~30歳までのアフリカ系アメリカ人および白人計5,115例を登録し追跡しているコホート研究で、1985年3月に開始された。今回、2015年8月までのアウトカムを入手し解析した。

 最初の検査~40歳前の最後の検査における最高血圧を用いて、被験者を「正常血圧」群(120/80mmHg未満、2,574例)、「正常高値」群(120~129/80mmHg未満、445例)、「ステージ1高血圧」群(130~139/80~89mmHg、1,194例)、「ステージ2高血圧」群(140/90mmHg以上または降圧薬服用、638例)に分類した。

 主要評価項目は、CVDイベント(致死的および非致死的冠動脈疾患[CHD]、心不全、脳卒中、一過性脳虚血発作、末梢動脈疾患)であった。

正常血圧群と比較し正常高値群1.67倍、ステージ1群1.75倍、ステージ2群3.49倍
 解析対象4,851例の調査開始時の平均(±SD)年齢は35.7±3.6歳、女性2,657例(55%)、アフリカ系アメリカ人2,441例(50%)、降圧薬服用206例(4%)であった。

 追跡期間中央値18.8年において、CVDイベントの発生は228件であった(CHD 109件、脳卒中63件、心不全48件、末梢動脈疾患8件)。1,000人年当たりのCVD発生率は、正常血圧群1.37(95%信頼区間[CI]:1.07~1.75)、正常高値群2.74(95%CI:1.78~4.20)、ステージ1高血圧群3.15(95%CI:2.47~4.02)、ステージ2高血圧群8.04(95%CI:6.45~10.03)であった。

 多変量調整後の正常血圧群に対するCVDイベントのハザード比は、正常高値群1.67(95%CI:1.01~2.77)、ステージ1高血圧群1.75(95%CI:1.22~2.53)、ステージ2高血圧群3.49(95%CI:2.42~5.05)であった。

 なお、著者は研究の限界として、食塩摂取量や心理的要因などの残余交絡の可能性、他の人種/民族集団に一般化できない可能性などを挙げている。

(医学ライター 吉尾 幸恵)

専門家はこう見る:CLEAR!ジャーナル四天王

青年期心血管疾患発症リスク評価における米国新規血圧分類の有用性の検証(CARDIA研究から)(解説:冨山博史氏)-953

コメンテーター : 冨山 博史( とみやま ひろふみ ) 氏

東京医科大学 循環器内科 教授

J-CLEAR評議員

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)