フリーワード検索:

Dr.岡の感染症プラチナレクチャー 市中感染症編(上下巻2枚組)

あの医療者必携のベストセラー“プラマニュ”が白熱レクチャーに!

診療科
感染症内科  内科  総合診療科 
収録内容
第1回 感染症診療の8大原則
第2回 市中肺炎 初期診療アプローチ
第3回 市中肺炎 治療経過と合併症
第4回 単純性尿路感染症
第5回 複雑性尿路感染症
第6回 感染性腸炎
第7回 肝胆道系感染症
第8回 細菌性髄膜炎
第9回 感染性心内膜炎
第10回 皮膚軟部組織感染症
第11回 骨・関節の感染症
講師
岡 秀昭
収録時間
262分
価格
18,500円 +税
発行日
2018-10-15
商品コード
CND0282

※当DVDの内容は「Dr.岡の感染症プラチナレクチャー 市中感染症編」の上巻と下巻を組み合わせたものです。

あの医療者必携のベストセラー書籍「感染症プラチナマニュアル」がレクチャーになりました!
本DVDでは“プラマニュ”の第3章、病態・臓器別アプローチから市中感染症をピックアップ。
著者である岡秀昭氏が、臨床の現場で必要なポイントだけに絞った、シンプルかつ明快なレクチャーをお届けします。ここで得た知識、考え方は、明日からの感染症診療にそのまま生かすことができます。
さあ、ぜひプラマニュを片手に本DVDをご覧ください。
※書籍「感染症プラチナマニュアル」はメディカル・サイエンス・インターナショナルより刊行されています。

第1回 感染症診療の8大原則


臓器、微生物、抗菌薬そして、その中心に患者。これらすべてを満たすことが、感染症診療の第1歩です。
まずは、感染症診療の8大原則を、明日からの診療に生かせるよう、現場の状況と照らし合わせながら、解説します。

第2回 市中肺炎 初期診療アプローチ
第2回、第3回では市中肺炎を取り上げます。今回は、初期の診断と治療についてです。
肺炎を疑ったら、最初にすべきことは?抗菌薬を開始?いいえそうではありません。
まずは「本当に肺炎かどうか」を疑うことから始めましょう。
肺炎と診断されれば、原因微生物の同定、重症度判定。それによって、治療も大きく変わってきます。

第3回 市中肺炎 治療経過と合併症
肺炎の治療効果を判断するために、胸部X線をルーティンで撮っていませんか?
Dr.岡が指摘しているのは「撮る」ことではなく、「ルーティン」であること。
そう、X線の反応は“最も遅れる”んです。CRPや胸部X線所見を正常化させるための治療は必要ありません。何を見て判断すべきか考えてみましょう。
そのほか、合併症や治療効果が見られなかったときの対応、そして、誤嚥性肺炎について解説します。

第4回 単純性尿路感染症
第4回、5回では尿路感染症を取り上げます。今回はその中でも、単純性尿路感染症について解説します。
単純性尿路感染は、基本的には、妊娠していない閉経前の成人女性の尿路感染のことを指し、それ以外はすべて複雑性と考えます。(複雑性については第5回)
また、上部(腎臓)、と下部(膀胱、尿道、前立腺、精巣上体)を区別して考えましょう。
単純性尿路感染症の診断と治療について、詳しく解説します。

第5回 複雑性尿路感染症
複雑性尿路感染症は、さまざまな点から見ても非常に「複雑」で、診断と治療が難しい疾患です。膿尿+発熱・炎症反応だけでは尿路感染症とは限らず、
全身をもれなく診察し、ほかの感染源を除外して初めて診断できるのです。また、男性の場合は、「尿路感染症」という診断名だけでは不十分で、前立腺炎などとも区別していくことが重要です。微生物についても、単純性はそのほとんどが大腸菌であるのに対して、ほかの微生物の頻度も増え、それにより治療も異なってきます。

第6回 感染性腸炎
今回は感染性腸炎を取り上げます。
感染性腸炎には抗菌薬は不要?!
感染性腸炎が疑われた患者に最初にやることは「本当に感染性腸炎か」を疑うこと!
便培養は本当に意味あるのか?!ピットフォール満載の感染性腸炎の診断と治療。
「胃腸炎」というゴミ箱診断をしないために、腸炎が疑われる患者に対して何をすべきかを明快にレクチャーします。

第7回 肝胆道系感染症
胆道系の感染症は「胆道系感染症」として、ひとくくりに考えないことが重要です。
なぜならば、胆嚢炎であるのか、胆管炎であるのかによって治療戦略は大きく異なるからです。
それらをどのように鑑別するのか、それぞれの診断基準を基に、ピットフォールやポイントを解説します。

第8回 細菌性髄膜炎
細菌性髄膜炎は経験することの少ない感染症ではありますが、疑ったときには内科エマージェンシー!時間勝負の感染症です。
まず、何をやるべきか?そしてその次は?その順番を間違うと、命取りになることも!!
また、治療についても、どこまで何を投与すべきか?迷ったときは過剰治療も許されます!
細菌性髄膜炎疑いの患者が来たときに、何をどうすべきか、Dr.岡が明確にお教えします。
シミュレーションをしっかりとして、患者が来たときにはギアをあげて対応できるようにしておきましょう。

第9回 感染性心内膜炎
感染性心内膜炎(IE)は最も見逃されやすい感染症の中の1つです。
なぜ見逃してしまうのか、見逃さないためのポイントは?
そして、IEと診断したときにやるべきこととは?
実臨床に即した内容をシンプルに、かつわかりやすく解説します。

第10回 皮膚軟部組織感染症
皮膚軟部組織感染症診療の一番のポイントは、予後良好な丹毒や蜂窩織炎か、壊死性筋膜炎やガス壊疽のような重症外科感染症かの鑑別。
壊死性筋膜炎に対して、アトラスなどで見るかなり酷い状態の皮膚所見のイメージを持っていませんか?
実はそれが診断を誤らせる1つの原因なのです。
このような状態になる前に診断をつけること。
その鑑別のポイントと治療法について、しっかりとお教えします。

第11回 骨・関節の感染症
骨髄炎は、比較的‘ゆっくり’な感染症。原因微生物が判明してから標的治療を行うべきである。そう、経験的治療はできるだけ避けるのが原則。
しかしながら、早く治療しろとせかされるなどのやむを得ない場合はどのように治療をすすめていけばいいのか?
理論だけでなく、実臨床でのやり方をお教えします!

岡 秀昭 ( おか ひであき )氏 埼玉医科大学総合医療センター 総合診療内科・感染症科 准教授

2000年日本大学医学部卒。日本大学第一内科(現血液膠原病内科)にて初期研修し感染症診断治療の重要性を認識する。横浜市立大学院で学位取得後、神戸大学病院感染症内科、東京高輪病院感染症内科部長などを経て、2017年より現職となり臨床感染症教育に熱意を持っている。趣味は筋トレと料理(地中海フードかインド東南アジア系)、コーヒーの自家焙煎。好物はパサパサのお肉。著書:「感染症プラチナマニュアル」、「感染予防,そしてコントロールのマニュアル」(メディカル・サイエンス・インターナショナル)ほか

関連商品

会員の方へ