第3回 医療滞在ビザとは?観光ビザとどう違う?

第3回 医療滞在ビザとは?観光ビザとどう違う?のイメージ

観光ビザでも健診や治療ができる中で、医療滞在ビザが必要になるのはどのようなケースでしょうか?外国人患者受け入れを支援する医療コーディネーターに聞きました。

最終更新:2017/04/28

患者に不信感を募らせる対応の共通点

患者に不信感を募らせる対応の共通点のイメージ

全国の患者から延べ5万件以上の相談を受けてきた山口氏が見いだした、不満を持つ患者の気持ちを収めるか、不信へ発展させるかを二分する、医療者の患者対応の共通点とは?

最終更新:2017/04/27

医師の説明不足を訴える患者が後を絶たない意外な理由

医師の説明不足を訴える患者が後を絶たない意外な理由のイメージ

インフォームド・コンセントが定着した昨今においても「説明を受けていない」と訴える患者が多いのはなぜなのか?患者からの相談を分析したところ、意外な理由が明らかに。

最終更新:2017/03/22

MRI撮影の必要性を小児に伝える必殺手段とは?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

MRI撮影の必要性を小児に伝える必殺手段とは?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文のイメージ

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第86回は、「MRI撮影の必要性を小児に伝える必殺手段とは?」。

最終更新:2017/03/03

Dr.長尾の胸部X線ルネッサンス

Dr.長尾の胸部X線ルネッサンス のイメージ

3次元CGで肺をとらえろ!ベストティーチャーがX線の価値を蘇らせる!

最終更新:2016/11/07

(再掲)同一日同一検査の落とし穴

同日に異なる部位に実施した超音波検査が、レセプトの留意事項に合致しないとして査定された事例です。同一日検査の注意点を株式会社ソラストの水谷 公治氏に解説いただきます。

最終更新:2016/06/28

骨軟部腫瘍の画像診断を考える

骨透亮像、骨硬化像、軟部の骨・カルシウム性の病変などの画像パターンから診断名を考えさせ、患者の主訴・理学所見も含めて総合的に診断できるように構成した本書。治療や経過についてもコンパクトな解説がなされ、整形外科領域では必読の1冊。

最終更新:2016/05/24

さまざまな病名を持つ原因不明の皮膚悪性腫瘍

「皮膚T細胞リンパ腫」は、現在も原因不明の皮膚を主座とするすべてのT細胞リンパ腫です。予後も病型と病期によりさまざまで、中には5年生存率が20%を切るものもあります。本症の最新知見を、エキスパートドクターの菅谷 誠氏にアップデートいただきました。「希少疾病ライブラリ」では、最新の疫学、診療、新薬の情報をお届けしています。

最終更新:2016/01/05

80のCQで最新の乳癌診断のエビデンスを明示

「乳癌診療ガイドライン」の疫学・診断編では、「疫学・予防(44CQ)」、「検診・画像診断(20CQ)」、「病理診断(16CQ)」について掲載。解説もアップデ-トされ、ベネフィットとハ-ムを加味した丁寧な解説内容となっています。乳癌診療標準化に欠かせない1冊です。

最終更新:2015/09/24

個々の乳癌患者に相応しい治療選択のために

「乳癌診療ガイドライン」の最新版では、「薬物療法(47CQ)」「外科療法(34CQ)」「放射線療法(17CQ)」「治療に関する診断(9CQ)」について、最新のエビデンスをもとに、ハームも加味し、推奨グレードを明示。乳癌診療標準化に欠かせない医療者、必携の1冊。

最終更新:2015/09/22

乳がん診療の動きを、この1冊で!

本書では、乳がんに関する1年間の内外知見の膨大な情報の中から、研究の進歩やトピックスを集約。各領域のエキスパートによって簡潔に理解しやすく記述されています。「乳癌診療ガイドライン」との併読で、さらに理解を深められる1冊です。

最終更新:2015/09/18

日米の腫瘍内科の違いとは…侍オンコロジスト奮闘記

会員からのリクエストが多かった日米の腫瘍内科の違いについてサウスカロライナ医科大学の白井敬祐氏が語る。“米国の医療現場の今”を臨場感満載で伝えるアメリカ発のビデオレター。

最終更新:2015/07/10

ASCOにみる米国の医療コスト問題、消えぬ人種犯罪…侍オンコロジスト奮闘記

米国サウスカロライナ医科大学 准教授の白井敬祐氏が、米国での診療の実際、ホットトピックなど“米国の医療現場の今”を臨場感満載で伝えるアメリカ発のビデオレター。

最終更新:2015/07/03

米国腫瘍内科のday to day practiceとは?…【新】侍オンコロジスト奮闘記

【新連載】米国サウスカロライナ医科大学 准教授の白井敬祐氏が、米国での診療の実際、ホットトピックなど“米国の医療現場の今”を臨場感満載で伝えるアメリカ発のビデオレター。

最終更新:2015/06/16

ネッティー先生のわかる!見逃さない!CT読影術

頭も腹も胸もCT画像の中に「解剖構造をみる」テクニックが身につくから読める!

最終更新:2015/06/07

【新】侍オンコロジスト奮闘記…米国の腫瘍内科スタッフとなって

【新連載】米国サウスカロライナ医科大学 准教授の白井敬祐氏が、米国での診療の実際、ホットトピックなど“米国の医療現場の今”を臨場感満載で伝えるアメリカ発のビデオレター。

最終更新:2015/06/04

急性膵炎診療ガイドライン 2015

アトランタ分類の改訂による膵炎局所合併症の分類の大幅な変化、内視鏡的治療、画像下治療(IVR)、低侵襲の外科的治療の進歩などを受け、全面的に改訂。すべてのCQをGRADEシステムに準拠し、最新の推奨治療を最新の作成方法で提供します。5年ぶりの改訂版の発行です。

最終更新:2015/04/03

画像の読影が面白い!教え方がいいですから。やさしイイ胸部画像教室

ベストティーチャー賞受賞の長尾大志氏(滋賀医科大学呼吸器内科)が、胸部X線とCTの読み方を「わかりやすさ最優先」でレクチャーする1冊。「なんでこう見えるか」陰影の成り立ちをしっかりと解説することで、画像診断がどんどん面白くなるとのことです。読影クイズ付!

最終更新:2015/03/11

進歩する画像診断と治療を「悪性リンパ腫」をテーマに学ぶ

「悪性リンパ腫」にスポットをあて、同疾患の診断から治療まで、放射線領域を軸に特集された『臨床放射線』増刊号のご紹介です。日々進化する画像診断、普及する核医学と大きく変化を遂げている悪性リンパ腫の診断と治療の今がこの1冊で分かります。

最終更新:2015/01/16

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら