フリーワード検索:

マッシー池田の神経内科快刀乱麻!<下巻>

マッシー池田こと池田正行先生が神経内科を快刀乱麻!好きになる神経内科!

シリーズ名
マッシー池田の神経内科快刀乱麻!シリーズ
診療科
神経内科  内科 
収録内容
第4回「えっ!シビレの診断 それだけでいいの?」
第5回「神経変性疾患大嫌いのあなたに挑戦!」
第6回「意識障害 CT or not CT ?!」
講師
池田 正行
収録時間
84 分
価格
5,000円 +税
発行日
2005-2-24
商品コード
CND0030

第4回「えっ ! シビレの診断 それだけでいいの?」


「手がしびれるんですけど」「なんか足がしびれてチクチク痛むんですけど」などとシビレを訴える患者さんは、意外とたくさんいらっしゃいます。些細な症状かもしれませんが、いざ鑑別診断となると、その原因はさっぱり!? 教科書をひも解いて『しびれ』を調べても、原因となる疾患は星の数ほどあります。今回もそんな難問をマッシー池田が一刀両断!プライマリ・ケア医が『しびれ』と聞いて頭に浮かべる疾患は、なんと4つだけでいいのです。もちろん、これらの疾患を鑑別するのは「病歴」です。決して難しい診察手技や検査はいりません。この番組を見ればきっと、「へぇ~、それだけでいいんだ!」と思わず膝を叩くことでしょう。

第5回「神経変性疾患大嫌いのあなたに挑戦 !」
今回のテーマは、プライマリ・ケアに従事されている皆様がもっとも苦手で、できれば見て見ぬふりをしてやりすごしたいのではないかという「神経変性疾患」です。パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など、「専門の先生に任せれば・・・」と言うなかれ。早く診断して一刻も早くサポートの場へ導くのがプライマリ・ケア医の役目です。診断には、神経診察も、血液や画像の検査も要りません。「病歴」だけで診察できるのです。そして、そのキーワードは『リカちゃんハウスとプラレール』。 「何のこっちゃ?」とお思いの方はぜひ番組をご覧ください。「神経変性疾患」の診断は簡単だ!とお分かりになるでしょう。

第6回「意識障害 CT or not CT ?!」
学生のころは、いつかBMJやNatureに論文を載せてやる!と希望と向学心に燃えていたあなた。しかし、日ごろ臨床の現場で忙しく患者さんと接していると、研究だとか、論文だとか、そんなものとは縁遠くなってしまうのが現実でしょう。でも諦めることはありません。あなたもBMJに論文が書けます!今回のテーマ 「意識障害CT or not CT?!」は、マッシーが多忙な臨床の合間に発表した論文の一つ(2002年BMJ掲載)を基に構成していますが、その発想の原点から研究方法までも合わせてご紹介します。プライマリ・ケア医でも論文は書けます。いえ、むしろ臨床の現場にいるからできる研究がたくさんあるのです。

池田 正行 ( いけだ まさゆき )氏 長崎大学 医歯薬学総合研究科 教授

1982年東京医科歯科大学医学部卒業後,培養神経細胞相手の基礎研究から,内科一般臨床,病理解剖当番まで,さまざまな職場を経験。内科専門医,アメリカ内科学会会員,神経内科専門医。 「Brain Research」「Lancet」「BMJ」に論文を発表する一方で,医者とは思えない博覧強記を武器に、広く医療問題についての評論を展開している。穏やかな人柄からは想像もできない切れ味の鋭い講義は,家庭医,総合診療を志す人々から圧倒的な支持を得ている。

関連商品

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら