フリーワード検索:

ジェネラリストのための内科外来Q&A ―脳梗塞―

シリーズ名
ジェネラリストのためのQ&Aシリーズ
診療科
内科  神経内科  脳神経外科 
収録内容
第1話「初期判断と対応のポイント」
第2話「効果的なフォローアップのコツ」
講師
森 貴久
収録時間
55 分
価格
3,800円 +税
発行日
2007-12-21
商品コード
CND0092

第1話「初期判断と対応のポイント」


Q.どのようなキーワードを聞いた時に脳梗塞を疑うべき ?
Q.めまいやふらつきなど、非特異的な主訴で来院した患者の脳梗塞を見逃さないポイントは ?
Q.外来における「所見の取り方のコツ」を患者のタイプ別に教えてください

第2話「効果的なフォローアップのコツ」
Q.脳梗塞を起こさないためにどのようなリスクファクターに気をつけるべき ?
Q.CTやMRIはどのような利用の仕方をするべき ?
Q.脳梗塞後の患者の血圧値目標は ? 降圧に際してどのような訴えや症状に注意すべき?
Q.アスピリン、ワーファリン、チクロピジンの適応は ?

森 貴久 ( もり たかひさ )氏 湘南鎌倉総合病院 脳卒中診療科部長

京都大学医学部卒業後、同大学附属病院内科、小倉記念病院内科、同循環器科スタッフ、国立高知医科大学付属病院脳神経外科講師などを経て、平成12年より現職の初代部長を務める。医学博士。日本脳神経血管内治療学会の指導医。米国神経放射線学会誌編集委員。

関連商品