フリーワード検索:

Dr.長尾の胸部X線クイズ 中級編

異常所見を組み合わせて鑑別!推論力を鍛える12枚

診療科
内科  呼吸器科  総合診療科 
収録内容
第1回 気管を押すか、引っ張るか
第2回 その肺炎、間質性?それとも?
第3回 慣れるとハマる落とし穴 
第4回 カタチでわかる、あの疾患
第5回 あの疾患の超初期像はこう見える
第6回 専門医の勘 ”なんとなく違う” を養う
講師
長尾 大志
収録時間
64分
価格
7,500円 +税
発行日
2018-07-07
商品コード
CND0275

症例写真クイズで読影腕試し!中級編は、見つけた異常所見を組み合わせて判断する力を鍛える12症例。1問5分のクイズで論理的思考力を鍛えましょう!

第1回 気管を押すか、引っ張るか


今回の症例写真は、片側が真っ白!異常はすぐに見つかりますが、"なぜ"白くなるのか、原因がわからないとダメ。こんなときに見るべき場所をレン子先生と一緒に学びましょう!

第2回 その肺炎、間質性?それとも?
胸部X線写真を読みなれてくると、よく出合うのが間質性肺炎。ですが一見間質性肺炎に見えるものの中に、別の疾患が紛れていることも。今回はその見分け方を解説します。

第3回 慣れるとハマる落とし穴
中級編も3回目となると、読影に慣れてきたころでしょうか。今回は、誰もが一度は出合うであろう落とし穴症例を取り上げます。

第4回 カタチでわかる、あの疾患
画像を読み解く要素は、影の性質と場所。そして、そのカタチです。今回取り上げる2症例は、特徴を知っていれば一発で判断がついてしまうもの。
1問5分でサクッとスキルアップしてください!

第5回 あの疾患の超初期像はこう見える
早期発見は永遠のテーマ。微妙な変化にいち早く気付くには、疾患ごとの初期像の特徴を知ることが大切です。 

第6回 専門医の勘 ”なんとなく違う” を養う
中級編最終回で求められるスキルは、複数の所見を総合して疾患の進行度を予想すること、典型的に見える所見でも微妙な違和感を見逃さないこと。これができたら中級編は卒業です!

長尾 大志 ( ながお たいし )氏 滋賀医科大学呼吸器内科

1993年 京都大学医学部卒業、京都大学胸部疾患研究所を経て 1996年 京都大学大学院博士課程修了 京大病院、KKR京阪奈病院(現 枚方公済病院)、ブリティッシュコロンビア大学を経て 2005年より滋賀医科大学呼吸循環器科にて診療と臨床教育に従事。モットーは「深く楽しくわかりやすく」。滋賀医科大学2013年度ベストティーチャー賞受賞。 日本呼吸器学会専門医・指導医 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会代議員 著書:『レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室―ベストティーチャーに教わる全27章』、『レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室』(日本医事新報社)、『呼吸器内科 ただいま診断中!』(中外医学社)、『検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ』(南江堂)ほか

関連商品