コンテンツアーカイブ

心房細動診療(2) 脳梗塞発症予防の基本

心房細動患者に対する脳梗塞発症予防。今回は基本をまとめています。かなり誤解されている重要なトピックスがあります。

最終更新:2013/03/06

2012年度10大ニュース~心房細動編~ 第5位

今回は5位を紹介。実臨床に影響を与えた心房細動トピックス。ブログ「心房細動な日々」の執筆者、小田倉先生がプライマリ・ケア向けに執筆した渾身のレポートです。

最終更新:2013/03/05

心房細動診療(1) これからの心房細動の治療の中心はGeneralist

心房細動診療で、何が真に大切なのか? これらからの心房細動診療の中心は、Generalistに期待されています。

最終更新:2013/03/01

制吐剤バッグ製剤を臨床に活かす、骨髄治療の新展開 旬レポ!“キーワード”第17回 抗がん剤薬物療法トレンドTIPS

昨年末発売された新たな制吐剤バッグ製剤と骨髄腫治療薬に対し、臨床でのメリットと有効活用方法を、がん研有明病院畠清彦氏に聞いた。

最終更新:2013/02/28

希少疾病ライブラリ (骨)パジェット病

「診断がわからない」「紹介先が不明」となかなか臨床現場での対応が難しい「希少疾病」。診療機会もないために、いざ患者が来たときに困ってしまいます。そんな希少疾病について、最新の知見を、各領域のエキスパート・ドクターが執筆、解説します。知識の復習に、これからの学習にご覧ください!!毎週木曜日更新。

最終更新:2013/02/28

希少疾病ライブラリ 結節性硬化症

「診断がわからない」「紹介先が不明」となかなか臨床現場での対応が難しい「希少疾病」。診療機会もないために、いざ患者が来たときに困ってしまいます。そんな希少疾病について、最新の知見を、各領域のエキスパート・ドクターが執筆、解説します。知識の復習に、これからの学習にご覧ください!!毎週木曜日更新。

最終更新:2013/02/28

希少疾病ライブラリ 消化管神経内分泌腫瘍

「診断がわからない」「紹介先が不明」となかなか臨床現場での対応が難しい「希少疾病」。診療機会もないために、いざ患者が来たときに困ってしまいます。そんな希少疾病について、最新の知見を、各領域のエキスパート・ドクターが執筆、解説します。知識の復習に、これからの学習にご覧ください!!毎週木曜日更新。

最終更新:2013/02/28

【再掲載】第8回 眩暈、失神に対し心疾患を疑わず過誤と認定されたケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「死亡の予見可能性」です。

最終更新:2013/02/28

県と医療者が一体となってCOPDに取り組む「岐阜県COPDストップ作戦」

岐阜県のCOPD治療は重要な課題を抱えていた。そのような中、県と医師会が協議してCOPDストップ作戦を立ち上げる。スパイロキャラバンや禁煙指導セミナーなどさまざまな医療者啓発作戦を積極的に実施大きな効果をあげているという。

最終更新:2013/02/26

「この異常所見が読めますか?」症例検討会の結果を一部ご紹介

症例解説が公開されました。異常所見はどう読まれるのか?症例供覧者寺本氏のスペシャル(音声・スライド)解説もご覧いただけます。

最終更新:2013/02/25

非専門医向け!COPDのプラクティス(4)COPDの治療

禁煙指導、リハから薬物療法、在宅酸素まで幅広くCOPD治療のポイントを紹介します

最終更新:2013/02/25

【解説公開】症例クイズ解説掲載「この異常所見が読めますか?」 果たしてどう読めるのか。スペシャル解説も同時配信

投票数800超。症例供覧者の寺本氏の解説を掲載。さらにスペシャル解説として画像所見の評価、COPD治療のノウハウについてスライド・音声でお届けします。

最終更新:2013/02/22

「痛みの質と具体性で治療が変わる?!」臨床に活かせる最新知見

神経障害性疼痛の実態を探る。痛みの質、具体性とは何か?スクリーニングツール「PainDETECT」日本語版の実際も紹介する。

最終更新:2013/02/22

COPDについて医師700名超に聞きました。COPD診断は自分で行う?それとも専門医?

COPD疑い患者をどのように診断する?非薬物療法でもっとも関心の高いものは?内科・呼吸器科医700名超にアンケート

最終更新:2013/02/22

話せばわかる?通報する?“モンスターペイシェント”

治療費不払い、脅迫、暴力…「もはや犯罪の域」の患者も。

最終更新:2013/02/21

非専門医向け!COPDのプラクティス(3)COPD画像所見、スパイロメトリー活用ポイントなど

COPDの画像所見を実症例で解説、診断に欠かせないスパイロメトリーについて活用ポイントについて紹介します

最終更新:2013/02/21

【再掲載】第7回 泥酔状態の患者にトランキライザーを使用して呼吸停止したケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「救急時の治療ミス」です。

最終更新:2013/02/21

「COPD患者さんの肺は圧倒的な違いがあります」…呼吸器外科医からみたCOPD

COPD患者の肺は、そうでない方とは圧倒的な違いがあるという。また、COPDを併存した肺がんは悪性度が高い。加えて、手術合併症が多いという。肺がん治療に携わる呼吸器外科医からみたCOPDについて順天堂大学 鈴木健司氏聞いた

最終更新:2013/02/20

心不全とCOPD合併症例における治療方針は?認知症、寝たきり患者さんのCOPD診断は?など

CareNet.comでは2月のCOPD特集にあたり、会員の先生よりCOPD診療に関する質問を募集しました。その中から、多く寄せられた質問に対し、大田健先生にご回答いただきました。

最終更新:2013/02/19

Dr.岩田の感染症アップグレードBEYOND<上巻>

ロールモデルは存在しない。自らのフィロソフィーで道を拓け!

最終更新:2013/02/18

Pages