EGFR変異陽性NSCLCの1次治療、オシメルチニブ vs.標準治療/NEJM

提供元:
ケアネット

EGFR変異陽性NSCLCの1次治療、オシメルチニブ vs.標準治療/NEJMのイメージ

 EGFR変異陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)の1次治療において、オシメルチニブ(商品名:タグリッソ、1次治療適応は申請中)は現行標準治療薬のEGFR-TKIに比べ、有効性において優越性を示し、安全性プロファイルは同等で、重篤有害事象の発生頻度は有意に低いことが示された。フランス・パリ第11大学のJean-Charles Soria氏らが行った第III相無作為化二重盲検試験「FLAURA試験」の結果で、NEJM誌オンライン版2017年11月18日号で発表された。オシメルチニブは第3世代の経口不可逆的EGFR阻害薬で、EGFR-TKI感受性変異およびEGFR T790M耐性変異の両方を選択的に阻害する。

オシメルチニブ vs.ゲフィチニブまたはエルロチニブを比較
 FLAURA試験は、2014年12月~2016年3月に29ヵ国132施設で行われた。未治療のEGFR変異陽性NSCLC患者(エキソン19欠損変異、L858R変異)556例を無作為に2群に分け、一方にはオシメルチニブ(80mg/日、279例)を、もう一方には標準EGFR-TKI(ゲフィチニブ250mg/日またはエルロチニブ150mg/日、277例)を投与し比較検討した。

 主要エンドポイントは、研究者評価による無増悪生存期間(PFS)だった。

PFSはオシメルチニブ群18.9ヵ月、標準EGFR-TKI群10.2ヵ月
 PFS中央値は、標準EGFR-TKI群10.2ヵ月に対し、オシメルチニブ群18.9ヵ月と有意に延長した(病勢進行または死亡に関するハザード比[HR]:0.46、95%信頼区間[CI]:0.37~0.57、p<0.001)。

 客観的奏効率は、標準EGFR-TKI群76%に対しオシメルチニブ群80%と両群で同等だったが(オッズ比[OR]:1.27、95%CI:0.85~1.90、p=0.24)、奏効期間中央値が標準EGFR-TKI群8.5ヵ月(95%CI:7.3~9.8)に対し、オシメルチニブ群は17.2ヵ月(同:13.8~22.0)と長かった。

 中間解析の時点において全生存(OS)に関するデータは未成熟だったが(成熟度25%)、18ヵ月時点の生存率は、標準EGFR-TKI群71%(95%CI:65~76)に対し、オシメルチニブ群は83%(95%CI:78~87)であった(死亡に関するハザード比:0.63、95%CI:0.45~0.88、p=0.007[中間解析は有意差なし])。

 Grade3以上の有害事象は、標準EGFR-TKI群(45%)よりもオシメルチニブ群(34%)で発現頻度が低かった。

(医療ジャーナリスト 當麻 あづさ)

専門家はこう見る:CLEAR!ジャーナル四天王

EGFR遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん治療にオシメルチニブをどう用いるのか?(解説:小林 英夫 氏)-781

コメンテーター : 小林 英夫( こばやし ひでお ) 氏

防衛医科大学校 内科学講座 准教授

J-CLEAR推薦コメンテーター

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら