統合失調症患者の再入院に対する抗精神病薬単剤療法と多剤併用療法

提供元:
ケアネット

統合失調症患者の再入院に対する抗精神病薬単剤療法と多剤併用療法のイメージ

 統合失調症の再発予防に対する抗精神病薬多剤併用療法の有効性は疑問であり、複数の薬剤を使用することは、一般的に身体的健康状態に悪影響を及ぼすと考えられる。スウェーデン・カロリンスカ研究所のJari Tiihonen氏らは、精神医学的再入院と特定の抗精神病薬の組み合わせに関する研究を実施した。JAMA Psychiatry誌オンライン版2019年2月20日号の報告。
 1996年1月~2015年12月に行われたフィンランドの全国コホート研究の… [続きを読む]

(鷹野 敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)