認知症リスクが高い睡眠時間は?~久山町研究

提供元:
ケアネット

認知症リスクが高い睡眠時間は?~久山町研究のイメージ

 日本人高齢者において、「睡眠時間5時間未満もしくは10時間以上」「睡眠薬の使用」が、認知症や死亡の危険因子であることが示唆された。九州大学の小原 知之氏らが久山町研究での調査結果をJournal of the American Geriatrics Society誌オンライン版2018年6月6日号に報告。

 本研究は前向きコホート研究で、対象は認知症でない60歳以上の地域在住日本人。自己申告による1日睡眠期間を、5群(5.0時間未満、5.0~6.9時間、7.0~7.9時間、8.0~9.9時間、10.0時間以上)に分類し、Cox比例ハザードモデルを用いて、1日睡眠期間と認知症および死亡リスクとの関連を判定した。

 主な結果は以下のとおり。

・追跡期間中、294人が認知症を発症し、282人が死亡した。
・認知症発症率および全死因死亡率は、1日睡眠時間が5.0~6.9時間の参加者に比べ、5.0時間未満および10.0時間以上の参加者で有意に高かった。これらの関連は、潜在的な交絡因子調整後も維持された。ハザード比(HR)と95%信頼区間(CI)は以下のとおり。
 睡眠時間5.0時間未満
  認知症 HR:2.64、95%CI:1.38~5.05
  死亡  HR:2.29、95%CI:1.15~4.56
 睡眠時間10時間以上
  認知症 HR:2.23、95%CI:1.42~3.49
  死亡  HR:1.67、95%CI:1.07~2.60
・アルツハイマー病および血管性認知症でも、同様のU字型の関連が認められた。
・睡眠薬の使用が認知症や死亡リスクに及ぼす影響を調べたところ、睡眠薬を使用している参加者は、睡眠薬を使用しない1日睡眠時間5.0~6.9時間の参加者に比べ、認知症リスクが1.66倍、死亡リスクは1.83倍であった。

(ケアネット 金沢 浩子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら