加齢黄斑変性の5年発症リスク、出生世代ごとに減少

提供元:
ケアネット

加齢黄斑変性の5年発症リスク、出生世代ごとに減少のイメージ

 米国・ウィスコンシン大学マディソン校のKaren J. Cruickshanks氏らは、ビーバーダム眼研究およびビーバーダム子孫研究のデータを解析し、加齢黄斑変性(AMD)の5年発症リスクは20世紀の出生世代ごとに減少してき… [続きを読む]

(ケアネット)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら