バイオマーカーが大きな意義を持つ、今後の大腸がん治療

提供元:
ケアネット

バイオマーカーが大きな意義を持つ、今後の大腸がん治療のイメージ

 2017年6月、Lily Oncology大腸がんメディアセミナーにて、静岡県立静岡がんセンターの山崎健太郎氏が、大腸がんの遺伝子関連検査と治療最前線について、解説した。 [続きを読む]

(ケアネット 細田 雅之)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら