難しい専門家より、わかりやすい素人?

Dr.中島の新・徒然草

難しい専門家より、わかりやすい素人?のイメージ

医師の所見を求めて訪れるのに、患者さんたちは意外に友人や知人のアドバイスを大事にするもの。でも、自分に置き換えて考えてみれば…なるほど、同感かもしれません。

最終更新:2019/06/13

ザルソバは遥か遠くの蜃気楼

Dr.中島の新・徒然草

ザルソバは遥か遠くの蜃気楼のイメージ

いいところで邪魔が入る、というのは古今東西の真理。今回のDr.中島のエピソードは、医師の皆さんにとってあまりにも“あるある”なのではないでしょうか。

最終更新:2019/06/06

せん妄による性的幻覚か否か、判断材料は…「乳腺外科医事件」裁判の争点

せん妄による性的幻覚か否か、判断材料は…「乳腺外科医事件」裁判の争点のイメージ

舐められた、医師が自慰行為をしていた、という患者側の主張は、術後せん妄による性的幻覚か。裁判の争点を解説しながら、医療現場でのトラブル回避策を探ります。

最終更新:2019/06/04

トランプ大統領の来日

Dr.中島の新・徒然草

トランプ大統領の来日のイメージ

令和最初の国賓として来日したトランプ大統領。超過密スケジュールをタフにこなし、最後には新天皇・皇后両陛下と意気投合して帰国しましたが、Dr.中島が着目したのは…。

最終更新:2019/05/30

乳房から唾液?鑑定は妥当だったか…「乳腺外科医事件」裁判の争点

乳房から唾液?鑑定は妥当だったか…「乳腺外科医事件」裁判の争点のイメージ

控訴により現在も争いが続くこの事件。患者の乳房から担当医の唾液を採取したことが重要な証拠とされたが、この科捜研の鑑定は妥当だったのか。担当弁護人が、前後編で法廷での争点を解説します。

最終更新:2019/05/27

不思議なくらいにネイティブの発音に近づく方法

Dr.中島の新・徒然草

語学力アップに余念がないDr.中島が紹介する次なる英語教材はこれ!ネイティブの発音に近づくコツをつかむには必見。ドゥユワミダセラッパミリン?ぜひ声に出して読んでみてください。

最終更新:2019/05/23

抗てんかん薬服用中は熱中症に注意

使える!服薬指導箋

トピラマート、ゾニサミドの重大な副作用として、発汗障害が報告されています。熱中症を予防するためには、水分を摂取するだけでなく体温を下げる工夫が必要です。

最終更新:2019/05/23

名作アニメ、テレビに勝るはYouTube!

Dr.中島の新・徒然草

“有意義な生活を送るため”と、数年前からテレビを見なくなったDr.中島。しかし、おもしろ動画以外にも、思い出深い映像を見られるYoutubeにすっかり心を奪われてしまったようで…。

最終更新:2019/05/16

CKが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

検査値が高くて驚いている患者さんへ、スライドを使ってその原因を伝えてみませんか?監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/05/09

令和元年あるある事例

Dr.中島の新・徒然草

元号が平成から令和へ変わり、注意が必要なのが書類作成時の書き間違い。今回は、記入ミスを意識し過ぎたDr.中島の、思いも寄らないおもしろ失敗談を紹介します。

最終更新:2019/05/09

γ-GTPが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

γ-GTP=お酒と思いがちですが、値の上昇にはお酒以外にも原因が。獨協医科大学病院の志水太郎氏のスライドで患者さんへお伝えしませんか?

最終更新:2019/05/03

英語上達の落とし穴

Dr.中島の新・徒然草

Dr.中島によると、英語ペラペラのためには“3つの階段を経る”ことが必要だそう。1つは単語量の蓄積と検索、2つ目はそれを駆使してしゃべる。では、この前にクリアすべき階段は?

最終更新:2019/05/02

レセプトチェックをこなす最大のコツ

Dr.中島の新・徒然草

やりたくないがやらねばならぬ―。こんな時、皆さんはその仕事をどのように乗り切りますか?Dr.中島はというと、気合は入れずただ淡々と。そして、最後にこうつぶやくのです…。

最終更新:2019/04/25

患者が考える延命治療とは?

Dr.中島の新・徒然草

普段の診察では、患者さんの延命治療への思いを聞き出せないですよね?しかし、「ボケてまで生きたくない」などの会話になったら、そこがチャンス!患者の思いもカルテに残しましょう。

最終更新:2019/04/18

診察遅延にスマホが影響

Dr.中島の新・徒然草

スマートフォン使用は当たり前、日常生活では人工知能の役割が増え続けるこのAI時代。相手への無礼を回避するためにも、最新機器の活用を身の丈に合わせることが必要かもしれませんね。

最終更新:2019/04/11

平成のビッグニュース

Dr.中島の新・徒然草

平成31年4月1日午前11時半。多くの日本人をドキドキ、ワクワクさせる重大ニュースが発表されました。皆さんは、どんなシチュエーションでこのニュースを知りましたか?Dr.中島はというと…。

最終更新:2019/04/04

専門医試験対策はトム・クルーズ気分で

Dr.中島の新・徒然草

診察の合間を縫って行う専門医試験対策。それ故にDr.中島は1分1秒も無駄にしたくないのだとか。そんな思いからひらめいたちょっぴりリスキーな秘策とは…?

最終更新:2019/03/28

中毒性のあるクロスワード

Dr.中島の新・徒然草

以前ご紹介したNew York Timesのクロスワード。これがとにかくハマる代物なんです!英単語を覚えてなんぼの英語学習。この方法をマスターすれば、自分の英単語帳まで完成して一石二鳥です。

最終更新:2019/03/21

頭痛の中でも危険な頭痛は?

エキスパートが教える痛み診療のコツ

今回は誰でも一度は経験する「頭痛」を学習します。なかでも2次性頭痛は、他の疾患との関連もあり、鑑別できることが重要です。診療のエキスパート、花岡一雄氏が解説。

最終更新:2019/03/14

三叉神経痛っぽい症例

Dr.中島の新・徒然草

自覚症状とCT画像が一致しない患者さん。Dr.中島はふに落ちないものの、経過観察の指示を出します。ところが、CTを見ながらある情景を思い出し…「その患者さん、ちょっと待った!」

最終更新:2019/03/14

Pages

会員の方へ