ニュース 腎臓内科 ニュースアーカイブ

食事摂取基準2020年版、フレイルが追加/厚労省

 2019年3月22日、厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2020版)」の報告書とりまとめを了承した。昨年4月より策定検討会にて議論が重ねられた今回の食事摂取基準は、2020年~2024年までの使用が予定されている。策定検討会の構成員には、日本糖尿病学会の…

医療一般

ナトリウムとカリウムの適切な1日摂取量は/BMJ

 世界保健機関(WHO)のガイドラインでは、1日の栄養摂取量として、ナトリウムは2.0g未満に制限を、カリウムは3.5g以上摂取を推奨している。今回、カナダ・マックマスター大学のMartin O'Donnell氏らが行った調査(PURE試験)では、これら2つの目標を同時に…

ジャーナル四天王

喫煙する高血圧患者に厳格血圧管理は有用か~SPRINTの2次分析

 Systolic Blood Pressure Intervention Trial(SPRINT)では、収縮期血圧を120mmHg未満に厳格管理することにより、心血管系疾患の罹患率と死亡率が低下することが示された。しかし、厳格血圧管理による全体的なベネフィットがリスクの不均一性をマスクして…

医療一般

日本腎臓学会と日本糖尿病学会が専門医間の紹介基準を公表

 日本腎臓学会と日本糖尿病学会はこのほど、専門医間の紹介基準を作成し、それぞれの学会ホームページで公表した。両学会は2018年2月に、かかりつけ医から専門医、専門医療機関への紹介基準を発表している。両学会は合同で「STOP-CKD宣言」を採択し、同基準…

医療一般

夏の運動時の水分補給、清涼飲料水は避けるべき?

 高温環境下で、運動中と運動後に糖分やカフェインを含む清涼飲料水を摂取すると、急性腎障害(AKI)リスクが高まる可能性があることが、米ニューヨーク州立大学バッファロー校運動栄養科学のZachary Schlader氏らの研究により示された。詳細は「American J…

医療一般

透析治療中のバイスタンダーCPR実施率は不十分、米研究

 透析クリニックでは、治療中に心停止を来した患者に対するバイスタンダーによる心肺蘇生術(CPR)の実施率は不十分であることが、米デューク大学のPatrick Pun氏らの研究で明らかになった。詳細は「Journal of the American Society of Nephrology」2月7日…

医療一般

急性心筋梗塞後の正しい運動の継続で腎機能が改善

 急性心筋梗塞(AMI)で入院中も適度な運動を行うと、腎機能の低下を防げる可能性があることが、東北大学大学院内部障害学分野教授の上月正博氏と佐藤聡見氏らの研究で明らかになった。AMI発症後の身体活動量が多い患者では、腎機能の指標とされる推算糸球…

医療一般

腎疾患・CKDも遺伝子診断の時代へ!(解説:石上友章氏)-1006

本邦でも、ミレニアム・プロジェクトと題した国家プロジェクトがあり、ヒト疾患ゲノム解析が、その中の1つのプロジェクトとして採用されていた。当時は、キャピラリー・シークエンサーの時代で、逐次処理的に塩基配列を解読するため、膨大な設備と長時間の解…

CLEAR!ジャーナル四天王

非代償性肝硬変を伴うC型肝炎に初の承認

 平成元年(1989年)に発見されたC型肝炎ウイルス(HCV)。近年、経口の直接作用型抗ウイルス薬(direct acting antivirals:DAA)が次々と発売され、C型慢性肝炎や初期の肝硬変(代償性肝硬変)の患者では高い治療効果を得られるようになったが、非代償性…

医療一般

出揃ったC型肝炎治療薬、最新使い分け法

 相次いで有効な新経口薬が登場し、適切に使い分けることでほぼ全例でウイルス排除が可能となったC型肝炎。しかし、陽性患者の治療への移行割合が伸び悩むなど課題は残っており、医師・患者双方が、治療によるメリットと治療法をより正しく認識することが求…

医療一般

Pages